エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    Matt化


    実物はどんどんMatt化加速wwwww

    NO.7931673 2019/11/06 23:15
    “Matt化”ブームに本人驚き「こんなに流行るとは」
    “Matt化”ブームに本人驚き「こんなに流行るとは」
    モデルでタレントのMattが6日、都内で行われた『第12回 日本シューズベストドレッサー賞』授賞式に出席。現在、画像加工をほどこした“Matt化”がインスタグラムなどで話題を集めているが「バッシングを受けていたのに、まさかこんなに流行るとは思いませんでした」と驚きの様子を明かした。

    Mattは「今までは『気持ち悪い!』とか『人間じゃない』とか言われていたんですけど、なぜか流行りまして。今は加工した画像を送ってくれて、それを見るのが楽しみです。それで、その画像を直して送り返しています」と笑顔。

    さらに今年を振り返ったMattは「5月ごろまでは活動休止していたんですけど、それからの半年間で変われたと思います。出てきた1、2年目は見た目だけで判断されていたんですけど、最近は中身の部分を見てもらえるようになったと思います」と充実ぶりを話していた。

     モデルでタレントのMattが6日、都内で行われた『第12回 日本シューズベストドレッサー賞』授賞式に出席。現在、画像加工をほどこした“Matt化”がインスタグラムなどで話題を集めているが「バッシングを受けていたのに、まさかこんなに流行るとは思いませんでした」と驚きの様子を明か..



    【日時】2019年11月06日 12:22
    【ソース】ORICON STYLE
    【関連掲示板】


    • SmaSurf Quick Search
    【【※仰天※】“Matt化”ブームに本人驚き「こんなに流行るとは」】の続きを読む


    Matt(マット、1994年7月18日 - )は、日本の音楽家、ブライダルモデル、タレントである。東京都世田谷区出身。有限会社Life is Art所属。本名:桑田 将司(くわた まさし)。 父は元プロ野球選手(投手)、野球解説者、野球評論家、野球指導者の桑田真澄。兄は元プロ野球独立リーグ選手(外野
    4キロバイト (361 語) - 2019年9月24日 (火) 07:19



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    肩書が、音楽家なのが謎wwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/26(土) 07:38:27.43 ID:IaDFNawZ9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    モデルのMattが自身のInstagramを更新し、女優の剛力彩芽やタレントの渡辺直美、モデルのけみおらと撮影した写真を掲載した。

    ファッションブランド「オニツカタイガー」のショーを訪れたというMattは「衣装もちょーかわいくてテンションあがった」と綴り、剛力らと一緒に撮影した写真を掲載。それぞれの肌を美白にし、目をさらに大きくするなどMatt風に加工しており、「#Matt化」「#Matt加工」とハッシュタグをつけて加工をアピールしていた。

    これを受け、ネット上では「マネキンみたい」といったMattに対する批判もあったが、「最初は目を疑ったけど、ここまで突き抜けて貫いてると楽しい」「すでに七光でもなんでもない」「どんな文句言われようともファンタジーのメイクを貫く強いメンタル尊敬」とMattに対してプラスに捉える人も多く見受けられた。

    「Mattさんが出始めの頃、坂上忍さんが『バイキング』でMattさんのことを『どんな人か知らないし知りたくもない』と発言。それにMattさんが激怒し、Twitterで『僕もあなたのこと知りたくないし、興味ない』『さようなら』とツイートしたことで話題になりました。その時は坂上さんに対して失礼だという批判もありました。また、Mattさんに対しても『いちいちツイートするなんてダサい』という見方をしていた人も多かったです。ですが、最近では“言う時は言う”という姿が評価されつつあるようですね。先日、男性モデルと熱愛報道が出た時は、きっぱりと否定していましたが、『はっきりと言うところがいい』『ブレない』といった声が多かったです。メイクを含め、マットさんの自分の道を行く姿を支持している人も増えています」(芸能記者)

    近頃は、バラエティで自分の顔を指して、『これが一番の親への反抗』と発言して笑いを誘うなどしているが、世間からは「批判も受け止めつつサラリとかわしてるし、一貫して美への姿勢変えなくて尊敬」「一つの文化作ったのはすごい」「初めのうちはバケモノって思ったけど今はポジションを確立させた。ある意味、偉い?」とMattをべた褒めする声も見受けられる。

    ここへ来て、Mattの意外な魅力に気づく人も多いようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2052967/
    2019.10.25 21:00 リアルライブ


    • SmaSurf Quick Search
    【【※納得※】女優、タレントが次々と“Matt化” 出始めは怖がられていた「マネキン顔」が尊敬の対象になってきたワケ】の続きを読む

    このページのトップヘ