エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    タグ:近藤春菜


    もう、いいかげん飽きてるんですけど⁉️wwwwwww

    NO.7684451 2019/08/10 15:06
    『24時間テレビ』ランナー3人目はハリセンボン・近藤春菜!?
    『24時間テレビ』ランナー3人目はハリセンボン・近藤春菜!?
     8月10日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、8月24日と25日に放送される『24時間テレビ 愛は地球を救う』(同)のチャリティーランナーが発表されるという。

    2019年は初の試みとなる“駅伝方式”が取り入れられ、1人42.195キロを走り、計4人のランナーがたすきをつなぐことになる。

    すでにお笑い芸人・いとうあさこ、お笑いコンビ・ガンバレルーヤのよしこの2人は発表されており、残りの2人に関しては、後日あらためて発表するということだったが……。

      いとうとよしこについては、2人がレギュラーを務める『世界の果てまでイッテQ!』(同)の7月14日の放送内で発表された。

    そのためか、ネット上では、「残りのランナーも『イッテQ』の出演者なのでは?」という予想が多いものの、3人目のランナーは、別の人気番組のレギュラーから選出されるようだ。

    「10日に発表されるのは、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜とみられます。『スッキリ』(同)のサブMCを務めているので、局への貢献度も高いと思われますし、ほかの2人が女性のお笑い芸人ということからも、順当な選出でしょう。すでにトレーニングを始めているようですが、情報が漏れないよう細心の注意を払っているようなので、ネット上でも目撃談などは出ていません」(日テレ関係者) 『イッテQ』では明かされなかったものの、MCのウッチャンナンチャン・内村光良から残りの2人の名前を聞いたいとうは「心強い」、よしこは「でも太ってない?」とそれぞれコメントしていた。

    「毎年、ネット上ではチャリティーランナーの予想合戦が繰り広げられていますが、一部メディアがランナーをスクープしてしまうこともありました。その結果、今年は『出し惜しみ』という新たな手法が取り入れたものの、今のところ視聴者はあまり盛り上がっていない印象です」(別の日テレ関係者) 毎回ランナー発表には、サプライズ演出が施されることもあり、「残り2人は相当なビッグネームや、意外性のある人物でなければ、拍子抜けしてしまう」(同)という懸念が強まっていた。

    「局内では情報漏えいをとにかく気にしており、番組担当者でさえ、ごく一部の人しかランナーは誰か聞かされていない状況なんです。そのため、新聞や週刊誌から取材を受けても、『わからない』としか回答できません」(同) ある意味「“妥当”という言葉が、一番しっくりくる」(同)との声もある春菜。

    最後の1人は、誰もが驚くような人物なのだろうか?
    【日時】2019年08月10日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン
    【関連掲示板】


    【【※決定※】『24時間テレビ』ランナー3人目はハリセンボン・近藤春菜!?】の続きを読む


    結局はどうなったのか今も不明wwwwww

    NO.7669220 2019/08/05 09:47
    吉本「加藤浩次や近藤春菜が辞めても痛くもかゆくもない」
    吉本「加藤浩次や近藤春菜が辞めても痛くもかゆくもない」
     所属タレントによる特殊詐欺グループへの闇営業に端を発した吉本興業のお家騒動。

    その収拾に向け、ダウンタウン・松本人志に続き、吉本のトップスターである明石家さんまが大崎洋会長と会談。

    さらには、暴力団との黒い交際を認めて電撃引退した島田紳助までが登場し、週刊誌上で吉本の現状を憂慮している。

     紳助の発言の骨子は、「大崎(会長)さんにも岡本(社長)さんにも顔が利いて、なおかつ後輩の面倒を看られるのは、今は松本だけやと思う。

    ここは松本の頑張りに期待するしかない」「大崎さんを辞めさせたら、吉本は終わりや」というもの。

    筆者も紳助の意見に同感だ。

     今から12年前、吉本では、創業家と現経営陣との間で“お家騒動”が勃発した。

    旧態依然とした創業家に牛耳られる吉本から脱却するため、大崎会長は身を挺して戦い、創業家からの離脱を実現させた。

    その後、吉本の上場廃止に踏み切り、創業家との関係を完全に断ち切って新生・吉本をスタートさせたからこそ、今があるのだ。

    その最大功労者である彼が辞任したら、吉本の未来は不安定なものになるだろう。

     そもそも、彼ほど吉本内でカリスマ的な存在は、ほかにいない。

     マスコミでは、大崎会長との会談を受けて、松本が吉本内に「松本興業」を起こすことを提案したとか、さんまが「明石家興業」を設立して、そこに不満分子を参加させることにした、などという憶測が報じられているが、松本にしろ、さんまにしろ、芸能プロの経営など不可能だ。

    なぜなら、芸人に限らず、芸能人は自分が一番だと自負しているから、後輩のマネジメントは務まらない。

    もし、経営側に回るのであれば、現役を引退する覚悟が必要だが、2人にそのつもりはさらさらないだろう。

    かといって、今回の騒動を憂慮している紳助も、「今さら芸能界に戻る気はない」と断言。

    事態収拾に乗り出す気はない。

     もっとも、誰も責任を取らないのでは、所属芸人も世間も納得しない。

     筆者が思うに、会見で墓穴を掘った岡本明彦氏が責任を取って社長を辞任し、逆に同会見で男を上げた藤原?副社長を社長に昇格させるのが、最善策ではないか。

     藤原副社長は、岡本氏と違って腰が低く、周囲からの信頼度や好感度も高い。

    そのうえで、松本の信頼が厚い大崎会長のもと、出直すのがベストだろう。

     ところで、今回の騒動では、自身の進退をかけて、大崎会長らの退陣を求めた加藤浩次の言動にも注目が集まった。

    この背景には、06年に淫行事件を起こして吉本を契約解除された相方・山本圭壱の処遇をめぐる積年の恨みがあるのは間違いない。

     その加藤の怒りも、時間が経つにつれトーンダウンしているが、吉本の上層部にとっては「加藤が辞めても、痛くも痒くもない」というのが本音だという。

     実際、加藤が『スッキリ!』(日本テレビ系)で偉そうなことを言っていられるのは、吉本のバックボーンがあってのこと。

    そしてそれは、同番組でレギュラーコメンテーターを務め、「吉本は上層部の人だけのものじゃない」と批判した、ハリセンボン・近藤春菜も同様だ。

    6000人ものお笑い芸人を抱える吉本にしてみれば、2人の代わりはいくらでもいるのだ。

     吉本にそんなに不満を持っているなら辞めたらいいだろう。

    独立しても仕事が入ってきたなら、それが実力というものだ。

    2人に限らず、今回の騒動に便乗して吉本批判をした芸人たちもだ。
     
     吉本側も、騒動を拡散してきた不満分子には辞めたもらったほうがスッキリする、と考えているという。

    いずれにせよ、1日も早い吉本の再出発に期待したい。
    【日時】2019年08月04日 10:00
    【提供】日刊サイゾー
    【関連掲示板】


    【【※愕然※】吉本「加藤浩次や近藤春菜が辞めても痛くもかゆくもない」】の続きを読む


    ハリセンボン近藤春菜と脳科学者が激論「美人はトクか損か」 - BLOGOS
    ハリセンボン・近藤春菜が、11月27日放送の『踊る!さんま御殿』に出演して、脳科学者の中野信子氏とバトルを繰り広げた。 職場で女性が「かわいい」と言われること ...
    (出典:BLOGOS)


    近藤 春菜(こんどう はるな、1983年2月23日 - )は、日本のお笑い芸人。お笑いコンビハリセンボンのツッコミ担当。相方は箕輪はるか。 東京都狛江市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。 狛江市生まれ。父親は警視庁刑事部捜査二課の元刑事で、同課の第二知能犯の主任(警部補)として、も
    27キロバイト (3,190 語) - 2018年10月11日 (木) 00:00



    (出典 www.cyzowoman.com)


    近藤春菜のコメントだけで、そんなに視聴率下がるかねー!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/18(火) 21:50:21.38 ID:CAP_USER9.net

    12月13日に放送された情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)での、MC・加藤浩次の発言が注目を集めている。
    番組では、専業主婦に関するアンケートが紹介されたという。

    「番組では、『専業主婦の5割強が罪悪感を抱いている』という、調査機関によるアンケートを取り上げました。
    一部の主婦は、『健康なのに働かないなんて』など陰口を言われることもあるようで、悩んでいるのだとか。
    これに加藤は『それぞれの夫婦の形がありますから』『罪悪感を感じる必要はない』ときっぱりコメントし、視聴者の主婦から『救われた』と称賛の声が飛び交いました」(テレビ誌記者)

    かつては狂犬と呼ばれるバラエティのイメージが強かった加藤だが、2006年に同番組が始まって以降は、バランス感覚に優れたコメントで人気を博し、長年、朝の顔を務めている。
    しかし12月14日発売の「フライデー」によると、番組が近々打ち切られる可能性があるというのだ。

    「『フライデー』が日テレスタッフに取材したところ、近年は羽鳥慎一の『モーニングショー』(テレビ朝日系)に視聴率が大きく離されているそう。
    その原因は、サブMC・ハリセンボンの近藤春菜のコメントが説得力に欠け、主婦層に支持されていないからだと考えているようです。
    それならば近藤だけを降板させればいいのですが、どうやら彼女は加藤の推薦で加入した背景があるため、クビにするわけにはいかないとのこと。
    そのため、このまま数字が下がり続ければ、番組ごと打ち切りとなる可能性があるようです」(前出・テレビ誌記者)

    朝の情報番組は「PON!」を9月に打ち切ったばかりの日テレ。今度は「スッキリ」に大ナタを振るうことになるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1615721/
    2018.12.18 17:58 アサ芸プラス


    【【※衝撃※】ハリセンボン春菜が原因?「スッキリ」がついに打ち切り間近の大ピンチ!】の続きを読む

    このページのトップヘ