エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    内村光良


    内村 光良(うちむら てるよし、1964年〈昭和39年〉7月22日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者、映画監督、作家。お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンのネタ作り担当。相方は南原清隆。愛称は「ウッチャン」。熊本県人吉市出身。マセキ芸能社所属。妻は徳永有美。
    92キロバイト (13,850 語) - 2020年6月17日 (水) 01:36



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    まあ、ないやろなwwww

    1 ひかり ★ :2020/06/28(日) 20:25:25.84 ID:3DiZvfb29.net

     6月21日に放送されたバラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の冒頭で流れた“意味深”な演出が、視聴者の間で話題になった。

    「MCの内村光良さん以外はリモート出演。宮川大輔さんらほかの出演者の挨拶がLINEのメッセージ風に画面に出ていたのですが、突如“退出しました”という表示が出たんです」(視聴者のひとり)
     
     誰が退出したのかは具体的に明かされなかったが、実際に『イッテQ!』では最近 “退出”したばかりの人がいる。NEWSのメンバーだった手越祐也だ。

    「6月19日に、ジャニーズ事務所からの退所が発表されました。同日、日本テレビも手越さんの今後の『イッテQ!』出演に関して“レギュラーとしての出演はありません”とのコメントを出しています」
    (スポーツ紙記者)

     たび重なる夜遊び報道が、退所を早めた要因のひとつにもなったようだが、あまりにも急だったため、周囲も驚きを隠せない。

    「日本テレビ側にも、事前にこれといった報告はありませんでしたからね。『イッテQ!』でも、手越さんの花道となるような企画ができればよかったんですが、時間が無かったんでしょう。“退出しました”の
    演出が、彼に対する番組側の精いっぱいのメッセージだったのかもしれません」(日本テレビ関係者)

     このような形で番組を降板することは、本人としても不本意だったのだろう。6月23日の夜に開かれた緊急記者会見では、『イッテQ!』に対する思いをこう語っている。

    「個人になっても出演させていただけるのであれば、喜んで出るし、変な話ノーギャラでも出たい。そのくらい大切な、とにかく楽しいと思っていた番組なので、それが叶(かな)うならもちろん
    やらせてほしいな、と今でも思います」

     '07年のスタート時から、一緒に番組を作ってきたMCの内村は、手越の突然の卒業をどう思っているのか。6月下旬の夕方、都内の自宅前で直撃した。

    ──手越さんの会見は見ましたか?

    「はいはいはい」

     付き合いの長い内村らしく、“勇姿”はしっかりチェックしていたようだ。

    ──手越さんとは、退所発表後に何かお話はされましたか?

    「《また宮川くんたちと3人で、どこかの国のお祭りにいけたらいいね》というメールは送りましたよ。すぐには実現できないと思うけど……」

    ──『イッテQ!』は、ノーギャラでも出たいと言っていましたね?

    「そういう機会があることを願ってます。彼の選んだ道ですからね。頑張ってください……という感じです」

     複雑な立場にある手越のことを思ってか、ひと言ひと言、慎重に答えてくれた内村。いつか、再び共演する日は来るのだろうか──。

    週刊女性

    https://news.yahoo.co.jp/articles/87c72a4b1ab37fd91c44924fed2d3a83e7a956aa


    • SmaSurf クイック検索
    【【※驚愕※】# 内村光良を直撃!『イッテQ!』卒業の手越祐也に送っていたメール文面が優しすぎる】の続きを読む


    米津 玄師(よねづ けんし、Kenshi Yonezu、1991年3月10日 - )は、日本のシンガーソングライター、イラストレーター、映像作家である。徳島県出身。本名同じ。所属レーベルはソニー・ミュージックレーベルズ内のSME Records。身長188cm。血液型はO型。
    86キロバイト (9,334 語) - 2019年12月7日 (土) 03:05



    (出典 geitopi.com)


    人気の曲 - 米津玄師

    (出典 Youtube)


    たまに見るから希少価値あがるんだろwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/10(火) 19:14:25.18 ID:O7oj8u2y9.net

    米津玄師の代表曲「Lemon」が年間チャート「Billboard JAPAN HOT100」にて、2年連続首位に輝いたことがわかった。同一楽曲での2連覇は日米初となる偉業だという。

    「『Lemon』は18年3月にリリースされて以降、CDやDLセールスにおける数々の記録を樹立。そして19年になってからもその勢いは続き、ビルボードチャート上位のあいみょん、Official髭男dism、King Gnuらを抑えて、今年も1位を獲得しました。2年連続の首位は史上初の快挙となります」(音楽ライター)

    そんな日本の音楽界を席巻する米津といえば、年末に放送される「NHK紅白歌合戦」の2年連続出場に向けた期待も高まっている。しかし昨年の紅白が、彼のテレビ出演への意欲を遠ざけた可能性があるという。

    「現状、米津の紅白出場は発表されていませんが、NHK側はギリギリまで交渉を続けると噂されている。そんな中、米津のあるインタビューがネットを騒がせています。それによると彼は、テレビで少し会話しただけで驚く人がいることに関して、『いやしゃべるだろうがっていう(笑)そういう珍獣みたいな扱いを受けてるのが、ほんとに嫌なんですよね』と語っているのです。具体的な状況は明かしていませんが、昨年の紅白の歌唱後、司会の内村光良が『米津さんがしゃべってる!』と興奮する姿を見せていたため、その言動が紅白の不出場にも繋がっているのではないかとの憶測が浮上しています」(芸能記者)

    そんな憶測に対し、ネットでは「米津はミステリアスだから、俺も正直同じ感想を持ったよ。内村だけでなく、その前からみんな言ってた」「(インタビューの内容は)そういう世間の印象があるから、なるべくオープンに行こうとしてるって話でしょ」「NHKの番組は台本でガチガチに固めるから、本当に内村の言葉かはわからない」など、内村を擁護する声も飛び交っている。はたして米津は、このままテレビから姿を消してしまうのだろうか。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17506612/
    2019年12月10日 18時15分 アサジョ


    • SmaSurf Quick Search
    【【※騒然※】内村光良の発言が関係?「米津玄師が紅白を断った疑惑」が物議!】の続きを読む

    このページのトップヘ