エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    スーパー


    薬丸 裕英(やくまる ひろひで、1966年2月19日 - )は、日本のタレント、司会者。愛称は「ヤックン」。血液型B型。 妻は元歌手の石川秀美(結婚後に芸能界引退)、長男は俳優の薬丸翔。次男はCEサバデルフベニールB(ユース)所属のサッカー選手薬丸隼人。三男もサッカー選手を目指しており、小学生時代は
    19キロバイト (2,390 語) - 2020年4月23日 (木) 07:48



    (出典 i.daily.jp)


    これって、駐車場が混まないか?wwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/30(Thu) 04:54:41 ID:vWwd62I79.net

    タレントの薬丸裕英が、29日に自身のブログを更新。スーパーに買い物に行った際の”ある気づき”について綴り、ネット上に反響を呼んでいる。

    ■店内の密集箇所を分析

    空いている時間帯を狙って買い物に行ったという薬丸。それだけに店内はあまり混雑しておらず、レジ前もほとんどの人が間隔を空けて並んでいたという。

    そんななか唯一密集していたと話す場所が、袋詰めのコーナー。薬丸は車で来店していたため、精算後にカートを押してそのまま駐車場に行き、車のなかに商品を詰めることで、密集をまぬがれることができたのだそうだ。

    ■「ポリ袋の持参をおすすめ」

    この経験を受け、薬丸は「もし、車で買い物に行っている方が精算後に私と同じような行動をすれば、多少は袋詰めの場所の密集改善になるのではないでしょうか」と提案。

    それによって、密集回避だけでなく、店での滞在時間を大幅に減らせると話す。さらに「生ものを買うときは、(車で運ぶ場合)保冷剤とポリ袋の持参をおすすめします」と、丁寧にプチ情報まで付け加えた。

    ■「なるほど」と知人も納得

    このことを、知人に話したところ「なるほど…」と納得していたと話す薬丸。ネット上でも、「素敵な発想」「客側にもやはり工夫が必要ですね」と称賛の声が。

    また、車がない人への対策として「マイカゴを持ってけば、会計してそのまま持って帰れますよ」といった提案の声も見られた。


    ■スーパー側の対策も

    多くの共感を浴びた薬丸の提案。このような客側の配慮が挙げられる一方で、店側の工夫について言及したタレントも。以前の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、サバンナ・高橋茂雄は、東京都が「買い物は3日に1回に」と要請している点に注目。

    「買い物するときに『なに買おうか』とか考えるから長くなる」と課題点を挙げ、「3日パックみたいなのを売ってくれてたら」と提案し、視聴者から称賛の声を集めていた。

    大きな問題となっているスーパーでの買い物。生活に関わることだけに控えることはなかなか難しいが、「滞在時間」に注目することで、さまざまな創意工夫が生まれるのかもしれない。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12189-20162314644/
    2020年04月29日 15時30分 しらべぇ


    (出典 Youtube)

    シブがき隊 NAI・NAI 16


    • SmaSurf Quick Search
    【【※驚愕※】薬丸裕英が投稿したスーパーの滞在時間短縮策が話題 「精算後にカート押してそのまま…」】の続きを読む


    勝間 和代(かつま かずよ、1968年〈昭和43年〉12月14日 - )は、日本の著述家、評論家。学位はファイナンス修士(専門職)(早稲田大学)。株式会社監査と分析取締役(共同パートナー)、中央大学大学院戦略経営研究科客員教授。 東京都葛飾区生まれ。実家はテープレコーダーのヘッドケースをプレス加工
    35キロバイト (5,122 語) - 2020年2月27日 (木) 14:02



    (出典 www.sankei.com)


    なるほど、一理あるwwwwww

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2020/03/25(水) 13:28:50 ID:WUqKuKjI9.net

    3月25日発売のアエラ増刊「AERAMoney今さら聞けないお金の基本」では、経済評論家の勝間和代さんにインタビュー。
    新型コロナウイルスで日本全体が守りの境地に入っている今、「お金を守る」という視点で取材した。

    勝間さんの興味深い話の中から、とっておきの発言を抜粋してお届けする。

    ストレートな疑問をぶつけた。「なぜお金が貯まらないのでしょうか」と。

    勝間さんは「お金が貯まらない人は『時間割引率』の高い人です」と即答した。
    時間割引率とは行動経済学の用語で、将来もらえる価値をどれだけ小さく見積もるか、ということ。
    時間割引率が高い人は、今の楽しみだけを考えて大事な未来に目を向けない傾向がある。

    「典型的な例は消費者金融と宝くじです。消費者金融は重い金利が将来の負担になるのに
    『今、現金が必要だから』と借りる。宝くじは『夢を買う』と言いながらお金を出しますが、
    買った夢は抽選日に高い確率で消えます。お金の貯まらない人は、これと似た行動を無意識にとっているんです」

    お金が貯まらない=稼いだ分を全部使ってしまっているということだが、まずは貯金ができる体質になるために、買い物について話してもらおう。
    よろしくない消費の例として勝間さんが引き合いに出すのが、「総菜のカボチャ」の煮付けである。

    「コンビニやスーパーでは小さいカボチャの煮付けが数切れで200~300円。
    こんな高いものをどうして買うのだろうと(笑)。旬の季節なら、カボチャ4分の1個が150円くらいで買えますよね。
    家で煮るか蒸す*れば、総菜カボチャの半額で数倍の量をおいしく食べられるのに……」

    スーパーマーケットでの勝間さんの行動には一定の「法則」がある。

    「私は、スーパーで売り場中央の棚には行きません」

    店舗の配置の仕組みがきちんとわかっている人ならではのわかりやすい視点だ。

    「スーパーの壁際には肉や野菜など冷凍・冷蔵、つまり陳列に電源が必要な商品が置かれます。
    売り場中央部には、同じ食品でも調理工場で作られた製品が置いてあるケースが多いんです。

    工場で作る食べ物は人件費や印刷・宣伝費、物流費と、ちょっとの原材料費でできています。
    食べ物を買いに来ているのに、払ったお金の大部分が違うところに使われているのは……」

    そもそも勝間さんは、スーパーに行って品物を選び、レジで会計をする時間のロス、重いものを持ち帰る体力のロスを避けるためにネットスーパーを愛用している。

    勝間さんは、単純に倹約という意味での節約を勧めているのではない。無駄な買い物をしないようにするということだ。

    「無駄遣いとは『価値のないものを買うこと』です。価値のあるものは高くてもお金を払っていいと思います。
    価値と値段のつり合いがとれたものを買う、つまりコストパフォーマンスが高いものを選んでほしいなと思います」

    お給料から家賃や水道光熱費などの固定費を引いた残りが「今月使えるお金」。その2割を貯金なり投資なりに回して、
    残り8割で自分が「コスパ良好!」と思った品物だけを買う生活を続けていれば、そんなにお金には不自由しないはずだという。

    お金が貯まらない人、無駄遣いが多い人に教えたい視点はまだある。

    「人の評価を全く気にしないことです。人の目を気にして、本当はこっちでいいと思っているのにワンランク上のものを買ってしまっていませんか?」
    https://dot.asahi.com/aera/2020032400017.html?page=1


    • SmaSurf Quick Search
    【【※納得※】 勝間和代 「私は、スーパーで売り場中央の棚には行きません」】の続きを読む


    森高千里のテレビ歌唱が話題、変わらぬ美しさと歌声に「奇跡の50歳」 - MusicVoice
    歌手の森高千里が27日放送のTBS系『あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル』に出演。1993年のナンバー「渡良瀬橋」を歌唱し、「歌唱力も健在」「奇跡の50歳」などと話題 ...
    (出典:MusicVoice)


    森高 千里(もりたか ちさと、1969年4月11日 - )は、歌手・シンガーソングライター・マルチプレイヤー。1987年に、歌手としてメジャー・デビューを果たした。その後、様々な楽器に触れながら表現手法を拡張し続け、現在ではライブ活動を中心に、雑誌連載や音楽番組のMCなど多様な分野で才能を発揮して活動している。本名:江口
    64キロバイト (5,397 語) - 2019年5月19日 (日) 05:43



    (出典 moritaka-web.com)


    主婦業も完璧⁉️wwwwww

    1 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] :2019/05/18(土) 19:35:39.66


    GW突入を目前に控えた4月下旬のある日。夜7時、広尾(渋谷区)の高級スーパーで黒縁メガネをかけた女性が目に留まった。森高千里(50)ではないか。

    買うべき食材を忘れないように、カートを押しながら「ええっと、〇〇と、〇〇だっけ……」とひとりごとを言いながら店内を回る森高。
    揚げ物の総菜やパンなどを次々とカゴに入れていく。4月に50歳の誕生日を迎えているが、薄化粧にもかかわらず美貌は健在だ。

    現在、森高は21年ぶりとなる全国ツアーの真っ只中。この日の翌日にも静岡公演を控えていたが、夫の江口洋介(51)と二人の子どものためにきちんと夕食を用意していたのだろう。
    仕事が忙しくても主婦業をおろそかにしないとは驚きだ。

    ツアーでは、ミニスカ姿で美脚も披露しているという。“オバさん“になっても、ルックス&歌&主婦業すべて完璧。若い子には負けてません!
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190518-00010005-friday-ent

    スーパーで食材と調達中の森高

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【※驚愕※】50歳の森高千里 全国ツアー中もスーパーで食材調達へ】の続きを読む

    このページのトップヘ