エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    カテゴリ:お笑い芸人 > ブルゾンちえみ


    笑いを取る気ゼロ! ブルゾンちえみ『ヒルナンデス』での態度に批判 (2019年6月3日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    今年4月の改編から『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)水曜新レギュラーになったものの、「つまらない」「面白いことが言えない」などと、視聴者から酷評されている女性ピン ...
    (出典:エキサイトニュース)


    の杵渕はな。自分の芸名で悩んでいたときに初めて杵渕に会い、杵渕曰く当時のブルゾンは見た目が女子プロレスラーのような雰囲気だったことから、ブル中野のイメージと「ちえみっぽい!」という簡単なノリで3秒で決まったという。なお、ブルゾンというのは英語・フランス語で、"blouson" と書く。
    42キロバイト (5,232 語) - 2019年6月19日 (水) 05:11



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    やっぱり、しおりよりちえみでしょ!wwwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/18(火) 20:22:49.91 ID:eCdUmu369.net

    【ブルゾンちえみ/モデルプレス=6月18日】
    お笑いタレントのブルゾンちえみが18日に放送されたフジテレビ系「ノンストップ!」(毎週月曜~金曜9時50分~)にゲスト出演。本名を明かし、話題を呼んでいる。


    ◆ブルゾンちえみ、ちえみじゃなかった

    芸名である「ブルゾンちえみ」は先輩芸人が名付け親であり、先輩がふと思い浮かんだという元女子プロレスラーのブル中野に由来。
    当時、「3秒くらい」つけてもらったそうで、「たしかに私が女子プロっぽい格好をしてたのかもしれないです」と推測した。

    また、本名はちえみではなく「しおり」であることを告白。MCの設楽統(バナナマン)も「ブルゾンは芸名だってわかるけど、ちえみは本名だと思うじゃん」と困惑していたが、
    ブルゾンは「でも、めっちゃしっくりきたんです。私、ちえみだ!」と本名以上に馴染んでいることを明かし、笑いを誘っていた。

    ◆ブルゾンちえみの本名にネット驚き

    ネット上では「ブルゾンさんってちえみじゃないんだ笑」「たしかにちえみが最高にしっくりくる」「しおりちゃんだったんだね。意外」など驚きの声が多数寄せられている。(modelpress編集部)

    https://news.livedoor.com/article/detail/16637889/
    2019年6月18日 14時32分 モデルプレス


    【【※騒然※】ブルゾンちえみ、“本名”が話題wwwwwww】の続きを読む


    ブルゾンちえみ、笑いよりも女子力重視?「芸人である前に女なんです」 - ウオーカープラス
    2月1日に放送された「アナザースカイ」(日本テレビ系)に、ブルゾンちえみがゲスト出演。女性芸人としての葛藤をのぞかせる場面があった。Instagramのフォロワーが200万 ...
    (出典:ウオーカープラス)


    ブルゾンちえみ(1990年8月3日 - )は、日本のお笑いタレント。ワタナベエンターテインメントに所属し、所属プロダクションの後輩にあたるコージとダイキから成る2人組ユニット「ブリリアン」とのユニットで「ブルゾンちえみ with B」の名で登場することも多い。
    41キロバイト (4,987 語) - 2019年1月7日 (月) 17:09



    (出典 news.nifty.com)


    最近あまり見なくなったと思えば、そーゆーわけか?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/01(金) 18:23:06.81 ID:nVsj0+xu9.net

    この人の肩書きはいったい何なのだろうか。他でもない、ブルゾンちえみである。17年1月1日、「ぐるナイ」(日本テレビ系)の名物企画「おもしろ荘」に「ブルゾンちえみ with B」として出演し、優勝。
    これをきっかけにブルゾンはテレビやメディアへの出演が激増。スターダムにのしあがった。

    「さらに同じ年の4月、『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)で女優デビュー。8月には『24時間テレビ』(日本テレビ系)のマラソンランナーとして完走しました。
    最後はブレイクタレントの証明でもある『ユーキャン新語・流行語大賞2017』で、「35億」がトップ10入りを果たしました」(芸能ライター)

    そして翌18年はその追い風で何とか乗り切った感があるが、それもいよいよ限界がきたようだ。

    「『24時間テレビ』のマラソンランナーとして選ばれると、向こう1年は日テレで優遇されるという暗黙のルールがあります。
    古巣の『ぐるナイ』にwithBことブリリアンとともに出ただけではなく、『行列のできる法律相談所』にもひな壇に隔週で出ていました。
    しかし、彼女はとにかくアドリブができないばかりか、芸人の軽口に対して柔軟に対応できないぐらいマジメ。
    東野幸治からのイジりに怒りだしてしまったほどです」(前出・芸能ライター)

    さらに彼女の活躍を狭めているのがNG項目の多さだという。

    「1月6日の『行列』で、ブルゾンは、スッピン姿を見せたり、寝起きドッキリもNG。女芸人もよくやるパンストかぶりも難しいと告白し、共演者を驚かせていました。
    ブルゾンは、いわゆる若手芸人がやるような体力系の仕事や汚れ仕事をやりません。自分のイメージが崩れるのを恐れているんでしょう。
    その結果、明らかに今の女芸人の系譜には乗らなくなってしまった。かといってセンスで笑いを取るタイプでもない。使い勝手が非常に少ないのです」(前出・芸能ライター)

    数年後、「あの人は今」に出てないことを祈りたい。いや、そのオファーにもNGを出すのかも? 

    http://dailynewsonline.jp/article/1675677/
    2019.02.01 17:58 アサ芸プラス


    【【※仰天※】ブルゾンちえみ、いよいよ「あの人は今」有力候補に!?NG仕事が多すぎるッ】の続きを読む

    このページのトップヘ