エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    羽賀研二


    羽賀 研二(はが けんじ、1961年7月21日 - )は、元タレント、元俳優・声優。本名、當眞 美喜男(とうま みきお、新聞報道では「当真」「當真」とも表記される)。旧芸名は羽賀 健二。 身長183cm、体重68kg。血液型はB型。東京シックスプロダクション(フロム・ファーストプロダクショングループ)に所属していた。
    18キロバイト (1,965 語) - 2019年11月7日 (木) 00:11



    (出典 www.jiji.com)


    一生かかっても返しきれんわwwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/07(木) 08:28:07.34 ID:h89r4L3O9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    「羽賀さんはスタッフとして、配膳などを担当していました。“身バレ” を警戒してか、黒いマスクを着用。それでも『ありがとうございます』『いらっしゃいませ』と、大声で接客していました」(店を訪れた客)

    詐欺、恐喝未遂容疑で逮捕され、2013年に懲役6年の実刑で沖縄刑務所に服役していた羽賀研二(58・本名=當眞美喜男)を、沖縄県内で発見。

    羽賀は、服役中に民事訴訟を起こされ、約4億円の負債を負った。
    さらに今春に出所予定だったが、1月に強制執行妨害容疑で、再び逮捕された。

    「羽賀は複数のビルのオーナーになっていて、差押さえを逃れるため、それらの物件の名義を元妻に変更していた容疑で逮捕、起訴されました。現在、裁判を抱えていますが、保釈中の身です」(芸能記者)

    出所目前に刑務所内で再び逮捕され、経済的に追いつめられるなか、飲食店従業員として働く羽賀。

    「店は去年オープン。羽賀さんは今年の春ごろから、従業員として働いています。帰り際に『羽賀さんですよね』と声をかけたら、『いえ、よく似ていると言われるんです』と。

    あとで店長に聞いたら『本名の當眞美喜男で働いてますから、そっとしておいてください』と言われました」(常連客)

    再び実刑判決の可能性は高く、再起は遠いーー。

    (週刊FLASH 2019年11年19日号)

    https://news.livedoor.com/article/detail/17343835/
    2019年11月7日 6時0分 Smart FLASH


    • SmaSurf Quick Search
    【【※画像あり※】負債は4億円「羽賀研二」沖縄で裸一貫バイト中】の続きを読む


    57歳の羽賀研二容疑者と41歳の元妻を逮捕 “資産隠し”の疑い - www.fnn.jp
    詐欺事件で服役中だった元タレントの羽賀研二容疑者が、賠償に充てられる不動産の差し押さえを免れる目的で、元妻に財産分与したように装った疑いがあるとして、沖縄 ...
    (出典:www.fnn.jp)


    羽賀 研二(はが けんじ、1961年7月21日 - )は、元タレント、元俳優。本名、當眞 美喜男(とうま みきお、新聞報道では「当真」「當真」とも表記される)。旧芸名は羽賀 健二。 身長183cm、体重68kg。血液型はB型。東京シックスプロダクション(フロム・ファーストプロダクショングループ)に所属していた。
    17キロバイト (1,775 語) - 2019年1月18日 (金) 08:02



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    根っからのダメ男とわかって付き合ったダメ女wewww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/24(木) 16:00:41.93 ID:nrxteeQ19.net

    1月23日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)において、先ごろ約4億円の資産隠しの容疑で逮捕された羽賀研二容疑者の話題が取り上げられた。
    羽賀容疑者は未公開株の公開詐欺をめぐって懲役6年の実刑判決を受け、沖縄刑務所に服役中であった。

    この日の放送では、逮捕を受けた『日刊ゲンダイ』(日刊現代)の記事が「羽賀研二容疑者の本性を見抜いた梅宮辰夫の眼力」として取り上げられ、芸能界の表裏を知り尽くす梅宮が、
    当時娘のアンナと交際していた羽賀を「希代のワル」と見抜いていたエピソードが取り上げられた。

    水曜日は梅宮アンナがレギュラー出演しており、MCの蝶野正洋から、「羽賀容疑者逮捕のニュースを聞いてどう思われました?」と問われると、「遅いと思います」と話し始めた。

    アンナは1994年ごろから約5年間にわたって羽賀と交際していた。羽賀の借金返済のため、2人そろってのヘアヌード写真集も出版しており、当時は“ペアヌード”と話題になった。

    アンナは「当時から法律違反でないけれども、法に触れないギリギリのラインのことはいっぱいあった。
    そういうのが一番タチが悪い」とし、今回の事件も一年ほど前に週刊誌報道で知っており、「私はいつかこういう日が来ると思っていた」とも話した。

    すると、コメンテーターの遠野なぎこから、「そんな男なのに何が良くて付き合っていたんですか?」と鋭いツッコミを浴び、スタジオは失笑につつまれた。

    アンナは、羽賀には人たらし的な側面があるとし、「みんな当時、羽賀のことを悪く言っていたけど、実際に会うと『けっこういい奴だよ』と私にも言ってくる」といったエピソードを披露した。
    この持ち前のキャラクターで多くの人を籠絡していったのだろう。ネット上では「羽賀って捕まる前は宝石販売ビジネスやっていたんでしょ。おばさんがコロっとだまされそう」
    「なんか母性本能くすぐる的なやつあるのかね」といった声が聞かれた。

    さらに、蝶野から「ダマサれている感じはなかった?」と問われると、アンナは「それはわかっていた」「私がどうにかして助けるみたいな気持ちになっていた」と正直な気持ちを吐露した。
    これにも、ネット上では「有名人と付き合うとやっぱりその経歴はずっとついて回るな」「梅宮アンナも今は笑って話せるけど、かなりヘヴィーな話だよな」といった声が聞かれた。
    芸能人二世の梅宮アンナをもトリコにしてしまった、羽賀研二はやはり「希代のワル」なのかもしれない。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-45591/
    2019年01月24日 12時20分 リアルライブ


    【【※激白※】羽賀研二に“ダマされているとわかっていた” 梅宮アンナ、元カレの「ワル」エピソードを暴露】の続きを読む

    このページのトップヘ