エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    坂口憲二


    坂口 憲二(さかぐち けんじ、1975年11月8日 - )は、日本の俳優。東京都出身。身長185cm、胸囲99cm、胴囲83cm。活動休止前までケイダッシュに所属していた。 世田谷区立等々力小学校、明治大学付属中野中学校・高等学校卒業。柔道未経験であるにもかかわらず父親のコネで明治大学中野高等学校
    21キロバイト (2,683 語) - 2019年10月23日 (水) 02:26



    (出典 xn--q9jbi2jo39nx2zb6t4ai5cuzx.com)


    そんなに大変だったとは?!

    1 あっあっ豚汁うどん ★ :2019/10/23(水) 10:56:20.94 ID:BCBsZzf/9.net

    アートとカルチャー
    2019年10月23日 07時00分 JST
    芸能活動を休止中の坂口憲二さん、コーヒー焙煎士になっていた。新たなチャレンジにかけた思いを聞いた
    セカンドキャリアの道を歩む坂口憲二さんが、単独インタビューにこたえてくれました。

    生田綾


    (出典 img.huffingtonpost.com)

    坂口憲二さん

    難病の治療に専念するため、無期限で芸能活動を休止している坂口憲二さん。坂口さんは今、こだわりの焙煎豆を提供するコーヒービジネスにチャレンジしている。プライベートレッスンで技術を学び、自ら焙煎を手がける。

    拠点は坂口さんが愛するサーフィンの聖地、千葉県・九十九里。2018年夏に焙煎所を開設し、サーフショップやカフェでコーヒー豆やグッズの卸販売をはじめた。オンラインショップも展開し、2019年春には東京都内に初店舗もオープン。地域密着型のため、住所は非公表だ。

    「病気で失うものもあったけど、得るものも本当に多かった。新しい世界をみられてすごく楽しいです」。生き生きとした表情で語る坂口さん。セカンドキャリアの道を切り開いていく姿を追った。

     ◇

    坂口さんが立ち上げたブランド、『The Rising Sun Coffee』。ブランド名は九十九里浜の朝日をイメージしたという。「コーヒー&サーフィン」をコンセプトに、コーヒー豆のほか、Tシャツやマグカップなどのグッズも展開している。
    坂口憲二さんが立ち上げたブランド「The Rising Sun
    HuffPost Japan
    坂口憲二さんが立ち上げたブランド「The Rising Sun Coffee」のコーヒー、マグカップ

    インタビュー前に、坂口さんの焙煎所で製造されたコーヒーを飲んでみた。程よいコクがあって、とても美味しい。

    「冷めても美味しかったです」と伝えると、「本当に美味いコーヒーはそうなんです」と、嬉しそうに話してくれた。

    「一番最初に作った『アフターサーフ』という銘柄は、『海上がりに飲むコーヒー』をテーマにしています。海上がりのしょっぱい口でどういうコーヒーを飲みたいかなと考えた時に、苦味がありつつ、甘くてコクがあるコーヒーがいいなと思って。苦味を強く出せる深煎りのコーヒーにしています。コーヒービジネスは激戦区で、大手が強い。そこに食い込んでいくためにはブランド独自のスタイルが必要で、自分はサーフィンが好きだから、それを武器にするしかないと思ったんです」


    難病を発症し、芸能活動を休止するまで

    『池袋ウエストゲートパーク』(2000/TBS系)、『天体観測』(2002/フジテレビ系)、『医龍~Team Medical Dragon~』シリーズ(2006?2014/同系)、『最後から二番目の恋』(2012/フジテレビ系)...。坂口さんが出演した、数々の名作ドラマを挙げるとキリがない。

    人気俳優として第一線で活躍し、テレビドラマ全盛期を支えた坂口さんが無期限での芸能活動休止を発表したのは、2018年3月のことだ。

    活動休止のきっかけは、国指定の難病である「特発性大腿骨頭(だいたいこっとう)壊死症」を発症したためだった。

    坂口さんによると、2012年ごろから右股関節に違和感を持つようになったという。2014年、『最後から二番目の恋』第二期の撮影を終えたころに痛みが悪化。病院での精密検査を経て、2015年に病名が判明した。股関節を形成する大腿骨頭のまわりに血が巡らなくなり、壊死が生じてしまう、原因不明の病気だ。

    「幸いにも発見が早かったので、すぐに手術を受けました。当時は歩くこともできなかったので、しばらくは車いす生活で。手術後はナレーションの仕事とか、座ってできる仕事をしていました。杖をつきながら芝居はできないですし、サーフィンもできない。色々決まっていた仕事があったので、本当に申し訳ないなという気持ちでした」

    坂口さんは、当時の心境をそう振り返る。

    「スタッフや友人もすごく心配してくれたし、当初は自分も復帰するつもりでいました。でも、その頃に結婚して1人目の子どもが産まれたんですけど...ちょっと先がわからない病気だったので、徐々にセカンドキャリアの道を真剣に考えていくようになりました。芝居もサーフィンもできず、時間だけが過ぎていって、どうしよう、と結構考えましたね」

    そして、病名発覚から3年後、無期限での活動休止を決断。2018年5月末には、所属事務所との契約も解除した。


    以下ソース
    https://www.huffingtonpost.jp/entry/kenji-sakaguchi-the-risingsun-coffee_jp_5da8186ce4b0b24e75dd0425


    • SmaSurf Quick Search
    【【※仰天※】芸能活動を休止中の坂口憲二さん、コーヒー焙煎士になっていた。】の続きを読む


    難病を患った坂口憲二 順調な回復の裏で鬼のリハビリに励む - livedoor
    順調な回復ぶりを見せていたという療養中の坂口憲二を「女性自身」が伝えた。「『鬼のリハビリ』にも励んでいるそうですよ」と芸能関係者。子育てにも大忙しで「子どもたちの ...
    (出典:livedoor)


    坂口 憲二(さかぐち けんじ、1975年11月8日 - )は、日本の俳優。東京都出身。身長185cm、胸囲99cm、胴囲83cm。活動休止前までケイダッシュに所属していた。 2017年2月の座談会で菊田早苗が明かしたところによると、高校時代は柔道未経験であるにもかかわらず父親のコネで明治大学中野高
    20キロバイト (2,527 語) - 2018年11月2日 (金) 23:45



    (出典 enjoybloger.com)


    病気を、抱えながら仕事を続けるのは大変だね

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/07(月) 18:51:02.71 ID:obvERw5N9.net

    昨年春、俳優の坂口憲二さんが「特発性大腿骨頭壊死症」という難病のため芸能活動の無期限休止を発表してから9カ月以上が過ぎた。
    難病はあまり知られることがなく、著名人の発病・公表によりその病を知ることが多い。

    坂口さんの病気は大腿部のつけ根にある大腿骨頭へ血液が通わなくなり、骨の組織が壊死。
    重症化すると、歩くのもままならなくなってしまうものだという。
    坂口さんはアメリカでの人工股関節手術も考えていると最近のニュースが報じていた。
    しかしその治療費は500万円から600万円かかるという。

    坂口さんは芸能活動休止後、快方に向かっているとも、女性誌などで近況が報じられているが、そもそも「難病の定義」だが、厚生労働省ではこのように定義している。

    〈原因不明で、明確な治療法がなく、患者が少なく、長期療養が必要な病〉

    医療費助成の対象となる「指定難病」の数は、段階的に増えており、その患者数は約150万人ともされる。

    そして驚くことに、こうした指定難病も含む、いわゆる「難病」に悩む、あるいは悩んだタレントが多いことだ。
    ちょっとあげてみただけでも、歌手で女優の堀ちえみさんは坂口さんと同じ特発性大腿骨頭壊死症。
    歌手の今井翼さんやジャーナリストの鳥越俊太郎さんはメニエール病。
    すでに故人となった大原麗子さんと安岡力也さんはギラン・バレー症候群。歌手の徳永英明さんはもやもや病。女
    優で歌手の菊池桃子さんはシェーグレン症候群。
    タレントで女優の山田まりやさんはクローン病の疑いがあったことなど枚挙にいとまがないほどだ。
    しかし、世界には希少・難治性疾患の種類は6000種を超えると言われている。まだまだ、科学も、医学も追いつけてないのだ。

    「その病の特殊性から難病患者は様々な差別を受け孤独である場合が多い」(心理カウンセラーの牧野徹氏)

    日本難病・疾病団体協議会では、2014年に「難病の患者に対する医療等に関する法律」(難病法)の成立を記念して毎年5月23日を「難病の日」に指定している。
    タレントの難病のニュースに接することもまた、多くの難病に苦しむ人たちを思いやる契機になるだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1642172/
    2019.01.07 09:58 アサ芸プラス


    【【※意外※】 坂口憲二だけじゃない エッ、こんなに!タレントの「難病」は意外に多かった】の続きを読む

    このページのトップヘ