エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    牧瀬里穂


    牧瀬里穂「宮川大助・花子に近づきたい」 - Lmaga.jp(京阪神エルマガジン社)
    物語も佳境に突入した連続テレビ小説『まんぷく』。ヒロイン福子が働く「パーラー白薔薇」店主の妻・川上しのぶを演じる牧瀬里穂が、本作の魅力を語った。 [caption id=
    (出典:Lmaga.jp(京阪神エルマガジン社))


    牧瀬 里穂(まきせ りほ、1971年12月17日 - )は、日本の女優である。結婚前の本名同じ。 福岡県福岡市博多区生まれ。ブルーミングエージェンシー所属。夫はファッションプロデューサーのNIGO。 1989年、武田薬品工業主催の「ミスビタミンCハイシーガールコンテスト」で2100人の中からグラン
    32キロバイト (3,445 語) - 2019年2月20日 (水) 04:54



    (出典 shirabebu.com)


    いつの間にかそんなに浮き沈みの激しい人生歩んでたんだwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/03(日) 23:24:06.46 ID:AQXPqjNF9.net

    「久しぶりに顔を見たけど、すごくかわいくて、とても47才とは思えない。マスターである夫を関西弁でやりこめる姿も、夫婦漫才みたいですごくハマってます」(50代主婦)

    NHK朝ドラ『まんぷく』で、9年ぶりのドラマ出演を果たした牧瀬里穂(47才)。
    主人公の立花福子(安藤サクラ・33才)を支える喫茶店のママ役が好評だが、実生活では立花家さながらの浮き沈みを経験してきたようだ。

    「2008年に“裏原宿系ファッション界のカリスマ”と呼ばれたデザイナーのNIGO(48才)と結婚した時は、
    “デートのお迎えはロールスロイス”“彼は前歯にダイヤモンドを埋め込んでいる”といったセレブぶりが話題になりました。
    当時、夫の年収は5億円ともいわれ、まさに玉の輿。牧瀬は翌年に放送されたドラマ『再生の町』(NHK)を最後に女優生活から離れました」(芸能関係者)

    ところが、ほどなくして“裏原宿バブル”が崩壊し、夫の会社の経営状態はみるみる悪化してしまう。

    「40億円以上の負債を背負い、最終的にブランドを香港のアパレル企業に売却しました。
    かつては原宿に大豪邸を構え、六本木ヒルズのペントハウスを衣装部屋に使っていましたが、それらもすべて手放したそうです」(前出・芸能関係者)

    そのため一時は離婚危機が報じられたが、“おしどり夫婦”ぶりは変わらなかったという。

    「とにかくNIGOさんの“牧瀬愛”がすごいんです。牧瀬さんが友人と旅行に行く際にはホテルや航空券だけでなく、旅先でのハイヤーやタクシーまですべて事前にNIGOさんが手配する。
    行動を監視されているみたいで嫌じゃないのかなと思うけど、牧瀬さん自身はまんざらでもない様子で、“彼はただでさえ仕事のことで頭がいっぱい。そのうえ、私のことでも心配したくないんですって”なんてノロけていました。
    会社を迷わず売却したのも、牧瀬さんとの生活を最優先させたいというのが最大の理由だったそうです」(牧瀬の知人)

    そんな“愛”が仕事の原動力になったのか、NIGOは新たにブランドを立ち上げ、ユニクロやアディダスともデザイナー契約。さらに最近では、カレー店のプロデュース事業が軌道に乗っているという。

    「さまざまな種類のカレーが自慢。中でもご飯を中央に盛り、両側に種類の違うカレーをかけるコンビネーションカレーが人気で、“同時に2種類の味が楽しめる”と評判になって大繁盛。
    現在は新宿、原宿、中目黒と都内で3店舗を展開していますが、いずれも客足が途絶えません。デザイン料でも儲かっているし、最近のNIGOさんは以前にも増して左団扇ですよ」(NIGOの知人)

    セレブ生活も復活し、今2人が住んでいるのは東京の街並みが一望できる都心の高級タワーマンションだという。

    「2000万円のダイニングテーブルに、アンティークの椅子は1脚200万円でそれが6脚。
    牧瀬さん専用のウオークインクローゼットはなんと12畳。
    別荘も建て、そこには、茶道にハマっている牧瀬さんのための茶室まであるそうですよ。
    2人にはお子さんがいませんが、これからも夫婦水入らずで仲よく暮らしていくのでしょう」(前出・NIGOの知人)

    牧瀬のドラマ復帰については、夫の経営危機で困窮した生活を支えるためなどと囁かれたこともあったが、それは完全なる誤解のようだ。
    破産や離婚を乗り越えた夫婦は、さらにその絆を深めている。

    ※女性セブン2019年3月14日号

    http://news.livedoor.com/article/detail/16097911/

    2019年3月2日 7時0分 NEWSポストセブン


    (出典 Youtube)

    牧瀬里穂 Miracle Love


    【【※朗報※】牧瀬里穂 夫NIGOのカレー店事業軌道に、セレブ生活復帰】の続きを読む


    連ドラは9年ぶり…牧瀬里穂「まんぷく」出演で気になる演技力 - インフォシーク
    連ドラは9年ぶり…牧瀬里穂「まんぷく」出演で気になる演技力, 視聴率20%超と依然好調のNHK朝ドラ「まんぷく」。今年から舞台が大阪・池田に移るのに伴い、加藤 ...
    (出典:インフォシーク)


    牧瀬 里穂(まきせ りほ、1971年12月17日 - )は、日本の女優である。結婚前の本名同じ。 福岡県福岡市博多区生まれ。ブルーミングエージェンシー所属。夫はファッションプロデューサーのNIGO。 1989年、武田薬品工業主催の「ミスビタミンCハイシーガールコンテスト」で2100人の中からグラン
    31キロバイト (3,386 語) - 2018年12月29日 (土) 08:01



    (出典 xn--u9jy52gltao0yd4ds6jqz2di5c.com)


    牧瀬里穂、老けたな~
    年相応感満載

    1 湛然 ★ :2019/01/06(日) 07:35:58.76 ID:CAP_USER9.net

    2019年1月6日7時3分 スポーツ報知
    牧瀬里穂「まんぷく」で47歳朝ドラデビュー

     今年でデビュー30周年を迎える女優の牧瀬里穂(47)が、NHK連続テレビ小説「まんぷく」(月~土曜・前8時)で朝ドラデビューする。
    このほどスポーツ報知のインタビューに応じ、意気込みを語った。

     47歳で初の朝ドラは期待と不安が交錯した。

     「学生の時、遅刻する恐怖の中で見ていた国民的な朝の番組。途中から入るのは転校生みたいで緊張するけど、明るくさわやかに演じたい」

     7日放送の第80話から登場する。安藤サクラ演じるヒロイン・福子が働く喫茶店の店主(加藤雅也)の妻で、元タカラジェンヌの川上しのぶ役。コテコテの関西弁で、コミカルな夫婦を演じる。

     「ポッと笑ってくれる夫婦を演じたい。夫がボケ、私がツッコミの夫婦で、宮川大助・花子師匠をイメージしてます。加藤さんの頭を突っ込みでたたく時の加減を研究したりしてます」

     連ドラは09年同局「再生の町」以来10年ぶりとなる。「現場に入った時、芸能人多い!と思ったくらいです。焦りはあるけど、10年のブランクがあっても呼んでもらえる幸せをかみしめて、新人の気持ちで頑張ります」

     17歳でデビュー。JR東海「クリスマス・エクスプレス」のCMで、彼氏を迎えに駅を走る少女役で脚光を浴びた。「かわいくて自分じゃない感じ。毎年、クリスマス特集で30年前の映像が流れるとキュンとする。30年はあっという間でしたね」

     清純派女優として活躍を続けたが、08年にファッションプロデューサー・NIGO氏(48)と結婚後は仕事をセーブした。「夫は『無理なく自分のペースで仕事したら』と。居心地がいいし、疲れて帰ったら人がいるのは癒やしになる」

     昨年4月に事務所を移籍。新スタートを切った。

     「心機一転で新人の気分です。でも、年齢とともに体力が大事。『元気があれば何でもできる』。アントニオ猪木さんはいいこと言いますね。お芝居は今後もぜひやりたい。気味が悪いおばあちゃん役とか演じたいな」

     ◆牧瀬 里穂(まきせ・りほ)
    1971年12月17日、福岡市生まれ。47歳。
    89年「ミスビタミンCハイシーガールコンテスト」でグランプリに輝き、芸能界デビュー。
    90年映画「東京上空いらっしゃいませ」「つぐみ」に主演し、報知映画賞など新人賞を総なめ。91年歌手デビュー。
    2008年ファッションプロデューサー・NIGO氏と結婚。趣味は茶道、宝塚・歌舞伎鑑賞。157センチ。血液型B。


    デビュー30周年で初の朝ドラに出演する牧瀬里穂(カメラ・関口 俊明)

    (出典 www.hochi.co.jp)


    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190105-OHT1T50192.html


    【【※朗報※】牧瀬里穂「まんぷく」で47歳朝ドラデビュー】の続きを読む

    このページのトップヘ