エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    叶姉妹


    姉妹(かのうしまい)は、 恭子(かのう きょうこ)と 美香(かのう みか)の2人からなるユニット。戸籍上の姉妹ではない。モデル、テレビタレント、作家、映画プロデューサー、エクササイズビデオの発売など活動は多岐に亘る。肩書として、かつては「トータルビューティーアドバイザー」「トータルライフアドバ
    30キロバイト (4,092 語) - 2020年6月1日 (月) 03:10



    (出典 www.jiji.com)


    意外とオタクなんですねwwww

    1 臼羅昆布 ★ :2020/06/07(日) 20:47:27 ID:7yJ+Z3xQ9.net

    2020年6月7日 19:41
    https://www.excite.co.jp/news/article/Itmedia_nl_20200607029/

    叶姉妹の叶美香さんが6月7日、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの作者である荒木飛呂彦先生の60歳バースデーを祝福。
    ジョジョ愛あふれる写真の数々を投稿し、お祝いしています。
    これまでにも「ジョジョ」シリーズへの愛を語り、原作コミックや『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』の主人公である
    ジョルノ・ジョバァーナ、ブローノ・ブチャラティらのファビュラスな“アートコスプレ”を披露してきた叶姉妹。
    美香さんは「今日は6/7日は私達の熱烈に大好きな言葉にならないくらいアメージングな“ジョジョの奇妙な冒険”の
     荒木飛呂彦先生が60歳を迎えられるお誕生日ですよ」と荒木先生をお祝いし、ジョジョの世界観について「感動で魂が震え
     快感にからだが潤う心とからだと脳と宇宙が一体化するアメージングでスーパークールなアート」と絶賛しています。
    美香さんはお祝いの言葉とともに、ジョジョ愛あふれる写真の数々も公開。
    2018年に開催された荒木飛呂彦原画展で撮影された写真やバッグに入れて持ち歩いているジョルノやブチャラティのフィギュア、
    スタンドである*・ピストルズの顔が描かれたネイル、スタンドが描かれたスカーフをマスク代わりに巻いている姿などが
    投稿されており、あらためて2人の深い愛を確認することができます。
    他にも、それぞれ2人の“お気に入りキャラクターベスト13”を発表。
    恭子さんはアートコスプレで大きな注目を集めたジョルノとブチャラティを1位と2位に選んでおり、美香さんは第1部の主人公である
    ジョナサン・ジョースターを1位に、恭子さんと同じくブチャラティを2位にランクインさせていました。


    (出典 imgc.eximg.jp)

    ジョジョ展で撮影された恭子さんと美香さんの2ショット


    • SmaSurf クイック検索
    【【※朗報※】叶姉妹、“ジョジョ”荒木飛呂彦先生の60歳バースデーを祝福】の続きを読む


    叶姉妹、久しぶりにタモリと再会し3ショット公開「いつものようにジェントルマン」 - HuffPost Japan
    ファンからは「本物のプリンセスみたいです」「やっぱり恭子さんのスケールは違うなぁ」などのコメント.
    (出典:HuffPost Japan)


    叶姉妹(かのうしまい)は、叶 恭子(かのう きょうこ)と叶 美香(かのう みか)の2人からなるユニット。戸籍上の姉妹ではないことを、2000年頃のインタビューや書籍で自ら明らかにしている。 「トータルビューティーアドバイザー」「トータルライフアドバイザー」「ライフスタイルアドバイザー」を自称してい
    32キロバイト (4,221 語) - 2018年12月25日 (火) 06:07



    (出典 img.dmenumedia.jp)


    噂レベルでは色々出てるけど、プライベートが未だにベールに包まれてるのが謎!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/05(土) 12:31:23.79 ID:CAP_USER9.net

    時折テレビに出演し、常人離れした生活や考えを明かして注目を集める叶姉妹。叶姉妹とは、そもそも何者なのだろうか――。
    最近は意外な“オタク”キャラを発揮し、新たなファンを改革している。

    叶姉妹は妹の叶美香が、2016年7月に『ジョジョの奇妙な冒険』ファンであることをブログで告白。
    年末の「コミケ」には“一般参加者”(客)として「ジョジョ」の同人誌をゲットし、17年には「夏コミ」と「冬コミ」で“サークル参加者”として連続出展を果たした。

    2人はインスタグラムでもアニメキャラに扮した姿をアップしており、持ち前のプロポーションにマッチしたコスプレを披露。
    しかも、芸能人の“いっちょかみ”なコスプレと違い、作品へのリスペクトを込めているので、オタクからもかなり評価が高い。

    しかし、なぜ今になってセレブキャラから程遠い“オタクアピール”を始めたのかは、依然として謎に包まれている。

    ?長年活躍しているのになぜナゾだらけ?

    そもそも、叶姉妹はその素性に関して、多くの部分が謎のままだ。
    2人に血縁関係はなく「姉妹」はいわばユニット名である一方、過去には恭子の実妹を含めた3人で活動していた歴史もある。

    また、「セレブ」たるゆえんもはっきりしていない。
    有名デザイナー・森英恵を祖母に持つ森泉や、元大統領夫人のデヴィ・スカルノのようなバックボーンはなく、最大の特徴を支えている要因さえも不明なままなのだ。

    「『莫大な株主配当がある』『セレブ相手にコールガールをしている』など、2人の資金源にはこれまで数多くのウワサが飛び交ってきました。
    しかし、配当に関しては本当に“ウワサレベル”でしかなく、また、ともに50歳を超えていることから、体を売っているとも考えられません。
    一応、16年の『ダウンタウンDX』では『番組とか、CMとか、イベント出演とか…』『結構働いてるんです』と語っていますが、
    想定されるギャラよりはるかに豪華な生活をしていますし、すべてが“神秘のベール”に包まれた存在と言えそうです…」(芸能ライター)

    長年芸能界で活躍していながら、いまだ素性が明らかにならない2人。
    しかし、言葉遣いや振る舞いには気品が漂っており、“ただ者ではない”ことは間違いない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1639602/
    2019.01.05 10:57 まいじつ

    ?


    【【※疑惑※】そもそも『叶姉妹』って何者? ネット社会でもバレない「素性」とは】の続きを読む

    このページのトップヘ