エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    MISIA


    MISIA(ミーシャ、1978年7月7日 - )は、日本の歌手。長崎県出身。本名非公開。所属事務所はリズメディア。所属レーベルはSME傘下のアリオラジャパン。血液型はO型。 「MISIA」というアーティスト名の由来は、「ASIAの方々にも音楽を届けたい」という想いから。
    57キロバイト (3,295 語) - 2019年12月31日 (火) 14:45



    (出典 www.t-i-forum.co.jp)


    残念、見てないwwww

    1 牛丼 ★ :2020/01/05(日) 10:28:03.51 ID:JTfZe63f9.net

    昨年大みそかに放送された『第70回NHK紅白歌合戦』では、紅組トリを飾ったMISIAの歌唱力が話題を集めた。

     本番では「アイノカタチ」「INTO THE LIGHT」そして「Everything」を歌い上げた。歌唱後、ネットでは「声量が凄い」「歌唱力がえぐい」「圧巻だった」「感動した」という声が溢れた。

     記者も、リハーサルでその歌唱力に驚いた。紅白は、ホールでリハーサル取材をし、ロビーで囲み取材などを行う。出場歌手のなかには演出の都合でリハーサルそのものを取材陣に公開することを禁止していることもある。そのため、記者はホールに居続けることが出来ず、ロビーで待機する。MISIAの場合もリハーサル取材は禁止だった。

     ホールからぞくぞくと退出する記者たち。程なくして演奏が始まり、歌声が響き出した。ロビーに居ても十分に聴こえてくるその歌声。そして、突き抜ける高音には、作業していた手が止まっただけでなく鳥肌が立つほどだった。

     過去にMISIAのライブを取材した本媒体の記者から「ライブでも第一声に鳥肌が立って涙が出るほどだった」と聞いていたが、その一端をリハーサルでも感じた。

     ちなみに、リハーサルの合間に出場者がステージに揃う「顔合わせ」で隣にいた椎名林檎と仲睦まじく談笑している姿や、出場者全員がFoorinの歌とともに「パプリカ」の振りをする場面で楽しそうにしていた姿も印象的だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00010001-musicv-musi


    • SmaSurf Quick Search
    【【※衝撃※】MISIA、ロビーにも響いた歌声 リハから鳥肌が立ったえぐい歌唱力】の続きを読む


    20周年を迎え、さらに輝きを増すMISIA 「20年経ってやっとシンガーになれたと思えた」(田中久勝) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース
    20周年を迎えたMISIAの最新作は、過去、現在、未来が映し出された濃密な一枚。ますます輝きを増す彼女は、年末のレコード大賞、紅白歌合戦のステージに立ち、変わり ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    MISIA(ミーシャ、1978年7月7日 - )は、日本の女性歌手。長崎県出身。本名非公開。所属事務所はリズメディア。所属レーベルはSME傘下のアリオラジャパン。血液型はO型。 「MISIA」というアーティスト名の由来は、「ASIAの方々にも音楽を届けたい」という想いから。
    54キロバイト (2,992 語) - 2018年12月31日 (月) 01:40



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    見逃した‼️ざんねん

    1 ひかり ★ :2018/12/31(月) 08:02:27.99 ID:CAP_USER9.net

    <第60回輝く!日本レコード大賞>◇30日◇東京・新国立劇場

    最優秀歌唱賞のMISIA(40)が、約3年ぶりに音楽生番組に出演した。

    15年大みそかの「NHK紅白歌合戦」で、故郷の長崎から中継で生出演して以来、久々の生歌唱。緊張した様子でステージに登場したが、TBS系ドラマ「JIN-仁-」の主題歌だった
    「逢いたくていま」(09年発売)と、同局系ドラマ「義母と娘のブルース」主題歌の「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」の2曲を、生バンド&オーケストラをバックに熱唱した。

    歌い終えると、胸を押さえながらホッと一息ついた。「平成最後にこの賞をいただいてありがとうございます。応援してくださった皆さんありがとうございます」。総合司会の
    土屋太鳳(23)も「本当に感動しました」と話した。

    98年に「つつみ込むように…」でデビューし、今年が20周年の節目だった。「振り返ってみると、すごくたくさんの方に支えられて、出会いに恵まれた20年でした。私を歌手にして
    くださって、ありがとうございます」と感謝した。

    圧倒的な歌唱力から、放送後にネットでは「MISIAうますぎる」「感動した」「涙が出た」など多くの反響であふれていた。

    MISIAは、大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(午後7時15分開始)にも出演し「アイノカタチ」を披露する。

    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201812310000033_m.html?mode=all

    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.nikkansports.com)


    【【※感動※】MISIA3年ぶり生歌唱「涙が出た」ネット反響大】の続きを読む

    このページのトップヘ