エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    高橋真麻


    高橋 真麻(たかはし まあさ、1981年10月9日 - )は、日本のフリーアナウンサー。グレープカンパニー所属(2019年2月1日に父の高橋英樹と共にアイウエオ企画から移籍)。元フジテレビアナウンサー。既婚者。 雙葉小学校、雙葉中学校・高等学校、東京女子大学文理学部社会学科卒業。大学在学中にはフジテ
    20キロバイト (2,559 語) - 2019年10月1日 (火) 18:23



    (出典 zakki-king.com)


    なんだ、プチ整形かwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/14(Thu) 09:28:58 ID:vEniiPCO9.net

    11月12日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、高橋真麻(38)が出演。自身が過去に行った美容整形について語った。

    番組では、“広がる美容整形、その実像”と題して、この日から3日間にわたって美容整形が特集された。まずは美容整形が本当に安全なのか、現役の美容外科医、「ドクタースパ・クリニック」の鈴木芳郎院長に、ハリセンボンの近藤春菜(36)が取材を行った様子をVTRで紹介。

    VTRでは、街頭インタビューでの美容整形に対する疑問や、消費者庁に寄せられたトラブルの事例などをもとに、しわ取りのボツリヌス治療やヒアルロン酸注射、リフトアップ、シミ取りなどの効果やリスクを紹介。美容整形はどんな名医にかかってもリスクがあり、完全な術後結果は保証できないと伝えられた。

    VTRの終了後、春菜が高橋にコメントを求めると、高橋は女性にはきれいになりたいという願望があるとし、自分も10年ほど前に眉間にボトックス注射を、鼻の上の部分にヒアルロン酸注射をしたことがあると明かした。しかし高橋は鼻が少し高くなったため目が寄ったような印象を受け、「顔が違う!」と知り合いに相談したのだという。

    その人からは「ぜんぜん変わらないよ」と言われたのだが、高橋の祖母はその違いに目ざとく気づいていた。高橋がモノマネ番組でモノマネをしていたところ、それを見た祖母は「かわいそう。変な鼻つけさせられて」と言ったのだ。

    これについて高橋は、1ミリ2ミリの違いでも身内は気づくものなのだと語っていた。

    高橋はそのときの整形は、3か月ほどで吸収されて元に戻るものだったと説明。さらに「これが一生治らないものだとしたら、やらなきゃよかったって後悔しただろうなと」と、当時の心境を振り返ると、「もちろん整形して満足している方とか、人生変わったっていう方もいらっしゃるから、いい悪いの判断は個人だと思うんですけど」と、考え方は人それぞれだと強調した。

    春菜はそんな高橋のコメントについて、「先生もおっしゃってたんですけど、先生とちゃんと話し合って、コミュニケーションを取って、自分の疑問がすべて晴らされないとやらないほうがいいと」と、整形手術には慎重に取り組む必要があると強調していた。

    http://dailynewsonline.jp/article/2076510/
    2019.11.14 07:15 日刊大衆


    • SmaSurf Quick Search
    【【※唖然※】高橋真麻、過去の失敗整形を明かす「顔が違う!」】の続きを読む


    高橋 真麻(たかはし まあさ、1981年10月9日 - )は、日本のフリーアナウンサー。グレープカンパニー所属(2019年2月1日に父の高橋英樹と共にアイウエオ企画から移籍)。元フジテレビアナウンサー。既婚者。 雙葉小学校、雙葉中学校・高等学校、東京女子大学文理学部社会学科卒業。大学在学中にはフジテ
    20キロバイト (2,525 語) - 2019年4月12日 (金) 15:00



    (出典 spyder7.com)


    さすがに引くわーwwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/31(水) 12:57:07.72 ID:GmHxR5Oi9.net

    フリーアナウンサーの高橋真麻が7月22日、バラエティ番組「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。」(中京テレビ)に出演。多くの一般的な女性と違い“自分は言いたいことを言えるタイプ”であるとドヤ顔でアピールをしたつもり…だったようだが、視聴者が「えっ?」とドン引きしてしまったのだという。

    事の発端は、番組内で日本テレビの後藤晴菜アナが「私生活で言いたいことが言えない」という悩みを打ち明けたこと。タクシー運転手に道を間違えられたり、ちょっと思うことがあっても、文句が言えない性格という“女子あるある”のような告白をすると、オードリー若林正恭から「真麻でも言えないでしょ?」と話を振られた高橋。すると「私、全然言います」とキリっと返答。加えて、タクシー運転手への問題については「私、けっこうケンカしちゃうタイプ」、しかも「頻繁にケンカしている」と打ち明けて、出演者たちを驚かせてしまった。

    「それだけなら、『さすがご意見番の真麻さん!』となったと思います。でも、番組収録前日にもタクシー運転手とひと悶着あったようなんです。その様子を語った言葉が視聴者をドン引きさせましたね。そのまま言うと、『私は“左車線に行ってください”って言ったんですよ。なのに頑として右車線のままなんです。だから私は『えっ?なになになに、怖い怖い怖い、左にどうして行けないの?左にどうして行けないの?』と言ったと振り返ってました。この時点で視聴者も出演者も『さすが真麻さん』ではなく“何それ?”という不気味な気持ちになったようですね。オードリーの春日俊彰も『(そんな風に)言ってたの?今の感じで?』と絶句してましたね。高橋さんはうなずいて、さらに『責めるっていうか、被害者っぽい言い方します。えっ、ひどいひどいひどい。なんでなんで。怖い怖い怖い。みたいな』と説明していました」(女性誌ライター)

    これには視聴者が即座に反応。「ふつうに言わないから言うこと聞いてくれないのでは?」という真っ当な返しはごくわずかで…。多くの声が高橋のクレームのつけ方に対する違和感を指しており、「言い方が不気味でメンヘラ臭がすごい」「自分が運転手だったら後ろでそんなふうに言われたら背筋がゾッとしそう」「なんでなんでなんで。高橋真麻が怖い怖い怖い」「もうタクシー業界では有名な存在なのでは?」「ケンカじゃなくて呪いじゃん!」と、一斉に拒絶反応。

    庶民的に見えても、本人は誰もが認める生粋のお嬢様。タクシーに乗った回数も半端なさそうだから、そのクレーム回数はいったいどれだけあるのか…想像しただけで怖い、怖い、怖い?

    https://news.livedoor.com/article/detail/16857128/
    2019年7月31日 10時15分 アサジョ


    【【※恐怖※】高橋真麻のタクシー“クレーム”に「怖い怖い怖い」オードリー春日も絶句!?】の続きを読む


    高橋真麻、“大好きな街”で母や祖母らと女子会「ぜひいらしてみて下さい」 (2019年6月3日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    フリーアナウンサーの高橋真麻が2日に自身のアメブロを更新。祖母と母、叔母、そして従姉妹との食事を報告した。この日、「大好きな街(母の実家があります)宝塚。今日は ...
    (出典:エキサイトニュース)


    高橋 真麻(たかはし まあさ、1981年10月9日 - )は、日本のフリーアナウンサー。グレープカンパニー所属(2019年2月1日に父の高橋英樹と共にアイウエオ企画から移籍)。元フジテレビアナウンサー。既婚者。 雙葉小学校、雙葉中学校・高等学校、東京女子大学文理学部社会学科卒業。大学在学中にはフジテ
    20キロバイト (2,525 語) - 2019年4月12日 (金) 15:00



    (出典 portal.st-img.jp)


    いい大人がする事じゃないwwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/03(月) 21:08:41.57 ID:4qgz0dlq9.net

    フリーアナの高橋真麻が5月30日のブログで、レストランへ調味料の持ち込みをしたことを明かしている。

    真麻は夫とイタリアンレストランを訪れ、ピザを注文。タバスコをかけようとしたものの、店には「辛みオイル」しかなかったという。
    すると真麻は〈やっぱり私ピザはタバスコで食べたい〉と思い至り、じゃんけんで負けたほうが、お店の隣りにあるコンビニにタバスコを買いに行くことを提案したという。
    すると、夫はじゃんけんをせず、すぐにタバスコを買ってきてくれたそうで、真麻は〈やったー〉と、顔文字も使って喜びを表現している。

    「ただのノロケ自慢か…とツッコミたくもなりますが、それでは収まりませんでした。真麻の行為は調味料の持ち込みで、マナー違反ではないかというんです。
    近年、レストランにマヨネーズなどの調味料を持ち込むことを“モンスター客”の行為であるとして、話題に上っているんですが真麻は知らなかったのでしょうか」(芸能ライター)

    さっそく、彼女もこの「モンスター客」に該当するのではないかと声が上がっている。

    「店名が明かされていないのでレストランのランクはわかりませんが、真麻さんの写真を見ると内装やシルバーの感じから、決して安いお店ではないようにお見受けします。
    辛みオイルしかおいていないという“こだわり”から考えても、それなりのお店なのでしょう。そこにわざわざ、一度席を外して、購入してきたタバスコを持ち込むのはいかがなものでしょうか…」(フードライター)

    改めて、タバスコはアメリカの会社がメキシコの唐辛子を使って作った調味料で、イタリア料理とは無関係。
    日本ではピザやパスタにタバスコを用いることは珍しくないが、本格的なイタリア料理店にしてみれば面白くないだろう。

    「例えるなら、日本料理店で、刺し身につけたいからと豆板醤を持ち込むようなものです。
    好きなように食べる自由はもちろん客側にあるのですが、食文化に対する軽視と言えますし、ほめられた行為ではありませんね」(前出・フードライター)

    こうした行為を、お店の人はどう思うのか…都内でカジュアルなイタリアンレストランを営むオーナーシェフに聞いた。

    「料理や飲み物の持ち込みであれば、すぐにお断りします。ですが、調味料となると断りづらいのは確かです。『料理の味付けが合わないからだ』と言われたら返す言葉がありませんからね。
    まして真麻さんのように著名な方や、常連客は断るのが難しい。ただ衛生面を考えても、やめていただきたいというのが本音です」

    真麻にしてみれば、夫とのハッピーなエピソードを自慢したかっただけだろう。幸せいっぱいなのはわかるが、少し落ち着いて投稿したほうがよかったのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1856292/
    2019.06.03 12:05 アサジョ


    【【※唖然※】高橋真麻が調味料の持ち込み告白!マナー違反の「モンスター客」なのか?】の続きを読む


    高橋真麻が語る“甘くない”新婚生活 「結婚は長距離走」 - NEWSポストセブン
    名優・高橋英樹の愛娘にして、テレビ・ラジオで6本のレギュラー番組を持つ売れっ子フリーアナ・高橋真麻。昨年のクリスマスイブにブログで1歳年上の一般男性との結婚を ...
    (出典:NEWSポストセブン)


    高橋 真麻(たかはし まあさ、1981年10月9日 - )は、日本のフリーアナウンサー。グレープカンパニー所属(2019年2月1日に父の高橋英樹と共にアイウエオ企画から移籍)。元フジテレビアナウンサー。既婚者。 雙葉小学校、雙葉中学校・高等学校、東京女子大学文理学部社会学科卒業。大学在学中にはフジ
    19キロバイト (2,393 語) - 2019年2月2日 (土) 02:23



    (出典 img.cinematoday.jp)


    旦那も変人wwwww

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/03/01(金) 19:08:01.25 ID:1uh9WogE9.net

    2019.03.01 18:34
    https://taishu.jp/articles/-/63832

    (出典 taishu.jp)

    “新婚”高橋真麻「夫から鼻フック」される衝撃画像公開
    ※画像は高橋真麻のオフィシャルブログより

     2月28日、フリーアナウンサーの高橋真麻(37)が自身のブログを更新。昨年12月に結婚した夫とのユーモアあふれるやりとりについて明かしている。

     この日、高橋は「旦那に鼻フックされるの巻」と題したブログで、「仲良しのみんなの前で鼻フックを仕掛けてくるユーモアのある主人です(笑)」とのコメントとともに自身が鼻フックされている写真を掲載。
    高橋といえば、以前からいじられキャラとしてバラエティー番組での活躍が目立っているが、夫の前でもそれは変わらないようだ。

     これを見たファンからは「楽しい旦那さま最高ですね」「愛されてる証拠」と好意的なコメントが寄せられている。

     先日出演したイベントでは「同じベッドで寝ているんですけど、主人のイビキがうるさかったり、寝ている間に布団を取られていたりするんです」と言いつつ「それでも大好きな人に毎日会えるのは嬉しいです」とのろけていた高橋。ラブラブな新婚生活はしばらく続きそうだ。


    【【※驚愕※】“新婚”高橋真麻「夫から鼻フック」される画像公開】の続きを読む


    高橋真麻、事務所移籍を早くも後悔!? ギャラ事情を告白 - トレンドニュース
    フリーアナウンサーの高橋真麻が、ギャラ事情に言及して、「(事務所を)間違えた......」と嘆いてみせた。高橋真麻は、父親である俳優の高橋英樹とともに2月1日にグレープ ...
    (出典:トレンドニュース)


    高橋 真麻(たかはし まあさ、1981年10月9日 - )は、日本のフリーアナウンサー。グレープカンパニー所属(2019年2月1日に父の高橋英樹と共にアイウエオ企画から移籍)。元フジテレビアナウンサー。既婚者。 雙葉小学校、雙葉中学校・高等学校、東京女子大学文理学部社会学科卒業。大学在学中にはフジ
    19キロバイト (2,393 語) - 2019年2月2日 (土) 02:23



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    鼻の穴からも呑んでそうwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/11(月) 17:59:52.40 ID:f1riJ6ZR9.net

    フリーアナウンサーの高橋真麻が、11日に更新した自身のアメブロで、20杯以上の酒を飲んだことを明かした。

    ブログの冒頭で「先日伺ったレストランでペアリングでお願いしたら、かなりの種類を出して頂いたので備忘録」とコメント。
    "ペアリング"とは、提供される各料理に合うドリンクを店が選んでくれることで、高橋は「珍しく、スコッチから始まり シェリー ビール 日本酒」と様々なアルコール飲料のボトルを写真とともに紹介した。

    さらに、続けて更新したブログで「後半はワイン 白子に合わせるのはシャンパン そして最後、デザートの柿には 最初のスコッチウイスキーを合わせて 20杯以上飲んだのですが二日酔いにならず 良かったー」と、
    大量にアルコールを飲んだにも関わらず、二日酔いにならなかったことを明かした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16005755/
    2019年2月11日 17時21分 アメーバニュース


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【※酒豪※】高橋真麻、20杯以上のアルコールを飲み「二日酔いにならず 良かったー」】の続きを読む

    このページのトップヘ