エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    カテゴリ:女優 > 石原さとみ


    山下智久“愛しの”石原さとみ奪還へ『アタックチャンス』到来! - めるも
    色んな芸能・エンターテインメント・ニュース満載♪『めるも』|画/彩賀ゆう (C)まいじつ 女優の石原さとみが、順調な交際を伝えられていた実業家M氏と破局したと報じられ ...
    (出典:めるも)


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。本名は非公開。 東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であ
    66キロバイト (8,040 語) - 2019年7月9日 (火) 13:39



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    もう、どっちでもいいわwwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/12(金) 17:32:50.98 ID:DIF32GWi9.net

    7月11日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で、石原さとみと福士蒼汰が志尊淳や一般人にドッキリを仕掛けた。志尊は放送後、ドッキリだとは気付かなかったとSNSで振り返ったが、視聴者は「番組側は『ドッキリ』と一般人に知らせていたのでは」と指摘、疑惑の目を向けている。

    現在放送中の同局ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』で志尊は、石原、福士と共演している。この日のドッキリは、一般人へのインタビュー企画に石原、福士の2人がスタッフとして紛れ込むというもの。2人はカツラや帽子で変装し、音声やADとして『Heaven?』出演者の印象を聞くインタビュー企画に臨んだ。

    一般人はなかなか石原、福士の様子に気付かない様子で古谷有美アナウンサーのインタビューに答えていた。このうち、1組目の一般人は福士が出演した『お迎えデス。』(日本テレビ系)を見ていたと言及。2組目の一般人は「石原のドラマはよく見ている」と本人の目の前で明かしていた。

    「やらせじゃないです感を無駄に出してくる」
    2組ともに、挙動不審な様子を見せる石原、福士の姿に途中で気付き、大いに歓喜していた。しかし視聴者は最初からその存在を知っていたのではと指摘していた。

    《ドラマ何か見てます?みたいなの聞かれて都合よく石原さんの… とか福士さんの… とか出てこないでしょ》
    《ど素人ならこんな撮れ高1000回挑んで1回撮れたらいい方》

    また、このところ「ヤラセでは」との指摘を受けている同番組と〝ヤラセ認定〟を受けた『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)を比較する声も出ている。

    《もうちょっとやらせを隠そうという気がないのか》
    《イッテQ!がやらせと言われ、これがやらせと言われない日本のバラエティー。なんだかなぁ》
    《モニタリングのはやらせじゃないです感を無駄に出してくるのがもやっとする》

    番組への批判は加熱する一方のようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1919864/
    2019.07.12 11:00 まいじつ


    【【※騒然※】石原さとみ『モニタリング』にヤラセ疑惑!?「都合良過ぎだろ」】の続きを読む


    計算高い?石原さとみ、熱烈アピールした「パクチー愛」に向けられた“嫌疑” | - アサジョ
    女優の石原さとみが7月6日放送の「人生最高レストラン」(TBS系)に出演し、無類のパクチー好きであることをアピールしている。 かねてベトナム料理を好んで食べてきた ...
    (出典:アサジョ)


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。本名は非公開。 東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であ
    66キロバイト (8,040 語) - 2019年7月9日 (火) 13:39



    (出典 www.horipro.co.jp)


    全然見る気しないwwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/10(水) 14:32:43.73 ID:WqHxkup/9.net

    石原さとみ主演の新ドラマ『Heaven?~お苦楽レストラン~』(TBS系)が7月9日にスタートした。今回、石原はフレンチレストランのオーナーを演じる。視聴者は、自由気ままな役柄が、『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』『高嶺の花』(ともに日本テレビ系)など、最近の石原主演作と類似していると指摘。「石原のこのキャラは嫌い」と否定的に見る意見が相次いだ。

    石原演じる黒須は、近く開店させるフレンチレストランの男性従業員として伊賀(福士蒼汰)、川合(志尊淳)、堤(勝村政信)らをスカウト。伊賀以外は、フレンチレストラン未経験者。開店準備を始めていたところ、「DM(ダイレクトメッセージ)を出しちゃった。オープニングパーティーは4日後」と黒須がいきなり告げ、スタッフらを大慌てさせた。

    黒須はその後も、従業員に無理難題を次々と押し付けていく。ドラマ終盤ではオープンしたレストランで、故障していたクーラーからほこりが一斉に飛び出す災難も。トラブル続きだったが、無事レストランのオープンにこぎ着けた。

    「強いキャラのドラマが多過ぎ」ファンがっかり
    初回を終えて、視聴者は石原の役回りが『高嶺の花』『地味にーー』と類似していると指摘。男性に強気に接する石原の演技に違和感を示していた。

    《heaven? のオーナーはあんなキラキラしてないんだよなー。高嶺の花のときと一緒に見えた》
    《高嶺の花と石原さとみのキャラが少しかぶってるような》
    《校閲ガールの河野悦子と高嶺の花の月島ももを足したような感じ》
    《こういうドラマは石原さとみがもったいない》
    《石原さとみって強いキャラ多いような気がする》

    など、最近演じる強気な役どころは、石原の魅力を引き出せていないとの指摘が相次いでいた。さらに、

    《アンナチュラルや失恋ショコラティエは良かったなあ》
    《ショコラティエのサエコがどハマりだったのに》

    といった、他の作品を懐かしむ声も。

    初回の視聴率はかろうじて10%を超えたようだが、評価はやや低調気味。2話目以降でばん回なるか。



    http://dailynewsonline.jp/article/1916642/
    2019.07.10 11:00 まいじつ


    【【※悲報※】石原さとみ『Heaven?』に酷評続出「また強気キャラ…」】の続きを読む


    石原さとみ、ラジオで女優業の苦悩語る 事務所の“先輩”伊集院光が素顔に迫る - ORICON NEWS
    ニュース| 女優の石原さとみが、あす9日放送のTBSラジオ『伊集院光とらじおと』(月~木 前8:30~11:00)のゲストコーナーに生出演することが決定した。 石原が出演する ...
    (出典:ORICON NEWS)


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。本名は非公開。 東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であ
    66キロバイト (8,039 語) - 2019年7月8日 (月) 11:04



    (出典 gg-talk.jp)


    ファンは喜ぶんだろうねーwwwwwww

    1 ひかり ★ :2019/07/09(火) 00:09:52.24 ID:mc5jhQ+J9.net

    「最近、このあたりで前田さんをまったく見かけなくなったんです。石原さんの姿は、今でも目撃することがあるのですが……」(近隣の住民)

    7月9日スタートのドラマ『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』(TBS系)で主役を演じる石原さとみ(32)。9月には彼女の主演舞台『アジアの女』が始まることもあり、
    現在は急ピッチでドラマの撮影が進められている。そんな多忙を極めるなか、プライベートに“異変”が起きているという――。

    昨年4月に「週刊文春」で沖縄デートが報じられ、「SHOWROOM」社長・前田裕二氏(32)との交際が発覚した石原。8月には彼女の引越し先が前田と同じマンションだったことを、
    本誌がスクープ。彼女は連日、“愛の巣”からドラマ撮影へと向かっていた。

    そんなひとつ屋根の下で前田氏との仲を深めてきた石原。今回の撮影中も、帰宅するのは件のマンションだった。だが冒頭のように、最近はマンション付近で前田氏の姿を
    目撃することがなくなっているという。そこには、理由があった。

    「実は、2人は破局してしまったようです。最近、前田さんが友人に『もう彼女とは別れたんだ』と漏らしていたそうで……」(前田を知る芸能関係者)

    今年1月時点で、2人は結婚に向けて着々と準備を進めていたはずだった。当時、石原の知人は本誌にこう明かしていた。

    「実は前田さん、すでに石原さんのご両親への挨拶をすませているんです。その後も何度か会っていて、親睦を深めているとも聞きました。それほど石原さんとの結婚について
    “本気”ということ。カレの真剣な姿勢に、ご両親もかなり好印象を持っていたようだと聞いています」

    両親公認の仲となったことで、“結婚秒読み”とも言われていたふたり。だがそこから一転して、“まさかの決別”を迎えていたというのだ。いったい、何があったのか。
    前田氏を知るIT関係者は「私もすでに別れたと聞きました」と証言。理由について、こう明かした。

    「いよいよ結婚が見えてきたことで、2人は改めて将来について話し合うようになったそうです。しかし、そこで価値観のズレが出てきたのです。前田さんは “仕事大好き人間”。
    いっぽうで石原さんは少しでもいっしょの時間を過ごしたいタイプ。話し合いのなかで、そうした違いが鮮明になってきたようです。最終的には前田さんがマンションを
    出ていくことになったと聞きました。現在は都内にあるほかのマンションで暮らしているそうです」

    本誌が取材したところ、たしかに前田は引越していた。7月上旬の深夜1時過ぎ、都内にあるマンションへと帰っていった前田氏。話に聞いたとおり、“愛の巣”とは
    別のマンション。やはり転居していたのだ。

    石原との破局の真相について聞くべく、本誌は「SHOWROOM」に問い合わせた。だが担当者は「プライベートについてはお答えいたしかねます」と答えるのみだった。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00010000-jisin-ent


    【【※衝撃※】石原さとみ 破局していた!結婚秒読みから一転、前田氏は転居】の続きを読む


    石原さとみ「やっぱり結婚したい」思いを打ち明けていた“意外すぎる親友”を直撃! (2019年5月14日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    石原さとみ「最近、石原さんは親しい友人たちに“やっぱり結婚したい。結婚したい気持ちが強まっている”と話しています。彼女も今年で33歳。ゴールインを真剣に考えている ...
    (出典:エキサイトニュース)


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。本名は非公開。 東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であ
    66キロバイト (8,011 語) - 2019年5月9日 (木) 01:09



    (出典 marunews.com)


    業界ではよくある話じゃないの??wwwwww

    1 o(^・-・^)o ★ :2019/05/13(月) 22:56:38.26 ID:MqFBNfwa9.net

    石原さとみに同情…人気カメラマンの乱倫パーティーに怒りの声

    昨年12月に『週刊文春デジタル』が有料会員向け配信をしていた、人気カメラマン・柳内良仁氏の〝乱倫ホームパーティー〟スクープが、去る5月1日に一般公開された。

    柳内氏は弱冠25歳にして絶大な影響力を誇る大人気フォトグラファー。2016年には、第一線で活躍する超一流写真家が並ぶ『プロカメラマンFILE』に最年少で掲載された実績を持ち、元『AKB48』板野友美、藤田ニコル、吉沢亮など、人気タレントを被写体としたSNS投稿で若い女性から絶大な支持を受けている。

    同記事によると、柳内氏はSNSのDM(ダイレクトメッセージ)機能を使った〝女あさり〟の常習犯とのこと。「写真を撮ってあげる」とモデル志望の女性や無名アイドルらに声を掛け、そこでゲットした女性をホームパーティーに呼んでは未成年飲酒やわいせつ行為の乱痴気騒ぎを起こしていたという。また、同サイトの突撃取材を受けた柳内氏は、ライブ配信サービス『SHOWROOM』運営会社社長・前田裕二氏も参加させたことがあると証言している。

    「漫画みたいなクズキャラだな」
    「柳内氏が若くして地位を築けたのは、権力者に媚びるのがうまかったからだといわれています。〝その道の大物〟と仲が良いのもそのためで、彼らの名前をエサに『紹介してあげる』とパイプ役をチラつかせて女性を家に呼んでいたようです。また、中には『柳内のパーティーに行って仕事をもらって来い』などと、自らタレントを送り込む弱小事務所もいたよう。記事内の証言によると、泥酔するまで飲まされた揚げ句に抱かれた女性も多く、枕営業のような卑劣な手口が明らかになったと言えるでしょう」(大手出版社編集部)

    犯罪行為との誹りも避けられない実態が明らかになったことで、ネット民たちは、

    《号泣しながら*させて生き残る世界ってどんな地獄だよ》
    《漫画みたいなクズキャラだな》
    《逮捕されろよ》
    《業界追放で》
    《何で性接待を犯罪にする法律つくらないの?》

    などとドン引き。また、前田氏といえば、女優・石原さとみと交際しているという情報もあるため、

    《石原さとみも怪しいイメージ付いちゃう風評被害》
    《石原さとみは即刻別れるべきだろ》
    《石原さとみオワタ》

    などといった声も広がっている。

    前田氏はパーティーの参加を否定しているが、石原は彼の言葉に納得しているのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1822297/


    【【※仰天※】“石原さとみ”の彼氏も参加していた人気カメラマンの乱倫パーティー】の続きを読む


    7月期大型ドラマに主演!「昭和顔女優」黒木華が引っ張りだこなワケ (2019年4月30日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    TBSの金曜22時ドラマ、通称“金ドラ”は、これまで「ふぞろいの林檎たち」「金曜日の妻たちへ」「木更津キャッツアイ」など、人気ドラマを多数輩出。最近では石原さとみ主演 ...
    (出典:エキサイトニュース)


    黒木 (くろき はる、1990年3月14日 - )は、日本の女優。本名、同じ。 大阪府高槻市出身。京都造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コース卒業。パパドゥ所属。 幼いころより母に連れられて映画や芝居を見て育ち、兄弟やいとこと一緒に地域の児童劇団に参加し演技を褒められたことをきっかけに演技が好きにな
    49キロバイト (6,363 語) - 2019年4月8日 (月) 23:49



    (出典 dot.asahi.com)


    米倉涼子が脅威を感じた位だから、本物じゃない❓wwwwww

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/01(水) 06:57:58.22 ID:XKQhDad29.net

     綾瀬はるか(34)に石原さとみ(32)、吉高由里子(30)に新垣結衣(30)。いま、ドラマの主演は彼女たちと相場が決まっている感がある。ところが、「ドラマのTBS」は、7月期の“本気枠”で思わぬ勝負に出た! 

     7月期のドラマでTBSがすでに発表したのは石原さとみ主演の「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」。福士蒼汰や志尊淳といった配役からも気合いの入りようがうかがえるが、

    「火曜日22時からの放送なんですよね」

     と、TBS関係者が囁く。

    「うちのドラマは火、金、日。火曜日22時枠は若い女性向けで、視聴率より“話題性”重視の大穴狙いの枠。最近では、深田恭子主演の『初めて恋をした日に読む話』。ガッキーの『逃げるは恥だが役に立つ』が大穴的中の好例です」

     この枠で石原がどれだけ支持を得られるか見ものだ。

     そして21時の日曜劇場は、

    「高視聴率が望める人気ドラマ枠です。『下町ロケット』『天皇の料理番』といった、万人受けする“王道系”が多いのが特徴です」

     問題は、肝心要の金曜日22時枠。

    「通好みの作品が多く、うちの“本気枠”といえます。過去には石原主演の『アンナチュラル』、古くは『ふぞろいの林檎たち』『金曜日の妻たちへ』といった大ヒット作がこの枠でした」

     で、だ。石原から“本気枠”を奪ったのは……。

    ■米倉涼子を食った

     なんと、黒木華(29)である。先の関係者曰く、

    「まだ発表されていませんが、『凪のお暇(いとま)』。累計200万部を超える大ヒット漫画のドラマ化となります」

     彼女の起用にはもちろんそれなりの理由があって、

    「2016年春の火曜枠、『重版出来(しゅったい)!』で主演しています。平均視聴率こそ8%台だったものの、その1年前の『天皇の料理番』での好演とあわせて高評価でした。日テレの『獣になれない私たち』で嫌な女役を熱演し、テレ朝の松本清張作品『疑惑』の妖艶な演技は主演の米倉涼子を完全に食っていました*」

     そんな彼女について、

    「『はな』ではなく『はる』。この変わった読み方も彼女の活躍とともに浸透してきたのではないでしょうか」

     と語るのは、映画評論家の北川れい子さん。

    「ベルリン国際映画祭で銀熊賞を獲った山田洋次監督の『小さいおうち』では、いかにも昭和の女中という感じが出ていて素晴らしかったと思います。“しっかりした女優が出てきた”と強く印象に残りました」

    「凪のお暇」についても、

    「彼女なら大丈夫。回を重ねるごとに、観る人が主人公と一緒に成長できるような作品になるでしょう」

     と、早くも太鼓判を押す。しかし、彼女が通った追手門学院高校で演劇部顧問を務めていた阪本龍夫さんは、

    「マ、元気でやってくれさえすればいいですよ。こないだ、米倉さんと共演した『疑惑』を観ました。演技はうまいけど、米倉さんに比べると華がないね」

     勝負ドラマに必要なのは、華(はな)か、華(はる)か。

    「週刊新潮」2019年4月25日号 掲載

    5/1(水) 6:00配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190501-00560786-shincho-ent

    (出典 www.dailyshincho.jp)


    【【※唖然※】石原さとみを差しおいてTBSドラマ「本気枠」に抜擢された黒木華】の続きを読む

    このページのトップヘ