エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    坂口杏里


    もう一般人やろ⁉️wwwww

    NO.8710032 2020/07/30 13:29
    坂口杏里、半グレ集団と水上バイクで「半べそ」大はしゃぎ
    坂口杏里、半グレ集団と水上バイクで「半べそ」大はしゃぎ
    久しぶりの旅行に大はしゃぎだったというが、この後に悲劇が……

    「酒太りした体の彼女を見て、『あ〜、もう芸能人じゃないんだな』と、あらためて思いました」

    「彼女」とは、最近、表舞台で見ることがなくなった坂口杏里(29)のこと。

    冒頭のコメントは、坂口と6月上旬に一緒に遊んでいたA氏が、本誌の直撃に答えたもの。

    「僕らは今、杏里が勤めている歌舞伎町のキャバクラでよく遊んでいる仲間なんです。杏里は口癖のように『コロナ、ちょーストレス。どっかで思い切り遊びたい!』と言っていたので、僕らの仲間と彼女のお店のコたち5〜6人で海に遊びに行ったんです」(A氏)A氏の「仲間」とは、都内を中心にリフォーム詐欺で荒稼ぎしている半グレ集団。

    コロナ禍のなかでも羽振りよく豪遊している、店の常連客だという。

    一行は関東某所の海で、バーベキューや水上バイクを楽しんでいた。

    当日の様子を、目撃した人物が語る。

    「男性が運転する水上バイクに坂口さんを乗っていたんですが、予想以上のスピードに驚いたのか、キャーキャー叫んでいました。その様子を笑いながら見ていたら、彼女が海に落ちてしまって。おもしろかったのは、そのあと。運転手の男性が、やっとの思いで坂口さんをバイクに乗せたら、半ケツ状態(笑)。よほど怖かったのか、半べそをかいているようでした」

    坂口といえば、セクシー女優、バンド活動など、職を転々としてきた。

    その後、歌舞伎町で「夜の街の住人」として働いていたのだが……。

    「2020年に入ってからだけでも、6軒の店で働いてますよ。系列店から声がかかって、あちこち行き来している感じです」そう語るのは、彼女を知る歌舞伎町の飲食店関係者。

    さらに、彼女と働いたことのある、別の関係者も続ける。

    「店側が彼女を雇うのは、客寄せパンダになるから。それを、自分がチヤホヤされていると勘違いしているんです」母で女優の坂口良子さんを亡くして7年。

    なんだかんだいっても、“有名女優の娘” は引く手あまた。

    世の中、なんて不公平−−。



    【日時】2020年07月30日 06:00
    【ソース】Smart FLASH


    • SmaSurf クイック検索
    【【※唖然※】# 坂口杏里、半グレ集団と水上バイクで「半べそ」大はしゃぎ】の続きを読む


    まだ、いたかwwwwww

    NO.8591120 2020/06/20 09:12
    坂口杏里 コロナでもホストに通う女性の気持ち「凄くわかる」
    坂口杏里 コロナでもホストに通う女性の気持ち「凄くわかる」
    「初回どうですか」──行きかう女性たちにキャッチが声をかける。有名ホストクラブが入るビルの下では、黒いマスクをしたホストの集団と若い女性たちが談笑している。6月8日、深夜の新宿・歌舞伎町の光景だ。

     東京都は6日、集団感染が確認されたうちの12人が同じホストクラブの従業員だったことを発表。歌舞伎町は「夜の街クラスター」の震源地となった。

     その後の歌舞伎町は、「歌舞伎町一番街」入り口周辺は人がまばらなものの、人気ホストクラブが並ぶ通称「ホスト通り」では、冒頭のようにコロナ禍以前とそう変わらない光景が繰り広げられていた。

     緊急事態宣言発令後、キャバクラやスナックなど、男性が通う「夜の店」は軒並み休業した。しかし、あるホストクラブ関係者は「うちは看板を暗くして営業しています」と声を潜める。この店のように、外からはわからないように営業を続けたホストクラブは多いという。

     それは「感染してもいいからホストクラブに通い続けたい」という女性たちがいるからだ。

    「緊急事態宣言が出てからも歌舞伎町に通い続けた」というマユミさん(仮名・メンズエステ従業員・22)はこう話す。

    「こんな時だからこそ、“担当(のホスト)”を助けてあげなきゃいけないと思ったんです。普段だったら、私よりお金を使う“姫(ホストクラブに通う客)”も、私より綺麗で華やかな姫もたくさんいる。でも、彼女たちは感染を避けてお店に来なくなる。そんな中で私が頑張れば、担当にとって特別になれると思ったんです。

     私のお給料では、そんなにシャンパンをポンポン開けたり、高いボトルを卸したりはできないけど、1回10万円いかないくらいを目処に、とにかくたくさん通えるよう頑張った。

     ホストは売り上げだけじゃなく『指名本数』という何回指名されたかを競う成績もあるんです。担当から『オレのために頑張ってくれてありがとう。こういう大変なときに助けてくれるのが“本当の姫”なんだよ』と言われたときは、涙が出ました。感染することは怖くありません。感染も厭わないという覚悟を持って担当に会いに行っていますから」

     前出のホストクラブ関係者が言う。

    「コロナでむしろ、売り上げが上がった店舗もあります。女性客が通常時よりも頑張り、開店以来の収益があったそうです」



    【日時】2020年06月15日 16:05
    【ソース】NEWSポストセブン


    • SmaSurf クイック検索
    【【※衝撃※】 # 坂口杏里 コロナでもホストに通う女性の気持ち「凄くわかる」】の続きを読む


    相変わらずのクズっぷりwwww

    NO.8051587 2019/12/25 15:00
    坂口杏里「意味深投稿」が怖すぎ! 客飛んだか「無銭飲食とかなめたことしてたらこうなるんだよ」
    坂口杏里「意味深投稿」が怖すぎ! 客飛んだか「無銭飲食とかなめたことしてたらこうなるんだよ」
    坂口杏里が、自身のTwitterでまた意味深投稿をしている。

     連日、自身が在籍する新宿・歌舞伎町のキャバクラ店の出勤状況を報告している坂口だが、25日午前3時頃、「無銭飲食とかなめたことしてたらこうなるんだよ。」と投稿。

     これに対し、「誰に向けて言ってるの?」「そんな客がいたんかな」「自分のことですか?」「なに? 掛け飛ばれたの? 飛んだの?」「3万円のタクシー代で騒動起こしてるやつがよく言えるよね」というコメントが寄せられている。

    「客が売り掛けを残したまま逃げた結果、不幸にでもあったのでしょうか? 詳細はわかりませんが、坂口の客が『闇金ウシジマくん』(小学館)のような酷い目に遭わされている可能性も想像できるだけに、とにかく怖すぎます」

    以前から私生活で何か起きるたびに意味深ツイートを繰り返してきた坂口。10日にも「何が本当で何が嘘かわからない! 信用も信頼もないし、いいことばっか並べて最後はポイ。大人なら責任持ってください。」と、何かに対し怒りを露わにしていた。



    【日時】2019年12月25日
    【ソース】エンタMEGA
    【関連掲示板】


    • SmaSurf Quick Search
    【【※愕然※】坂口杏里「意味深投稿」が怖すぎ! 客飛んだか「無銭飲食とかなめたことしてたらこうなるんだよ」】の続きを読む


    この人どこまで堕ちるのかねwwwww

    NO.8020716 2019/12/12 21:20
    坂口杏里が体験した、風俗・AVの裏側。客に「ブス!」と罵られ…
    坂口杏里が体験した、風俗・AVの裏側。客に「ブス!」と罵られ…
    ホスト狂い。AV出演。デリヘル嬢転向。ロック座でストリップデビューが決まるも本番直前にドタキャン。

    二度にわたる逮捕……。

    何かとお騒がせの坂口杏里(28)が、自身初となる著書『それでも、生きてく』を上梓した。

    タレントの告白本は、「すべてを語る!」などと煽っていても、実際はぬるい内容になりがちだ。

    しかし、本書ではデリヘルやAV出演等で体験したことを、微に入り細を穿(うが)ち明かしている。

    「何もそこまで書かなくても」と心配になるほどだが、性的な仕事をしながら、女性はどんなことを感じているのだろうか――。

    ■預金残高11円、「自分の体で稼ぐ」と決意
    2013年に女優の母、坂口良子が亡くなってから、彼女の人生は大きく変わる。  

    坂口良子という後ろ盾がいなくなったことでマスコミは彼女を叩くように。

    某お笑い芸人との恋愛も面白おかしく書き立てられた。  

    そんな暮らしに疲れきって芸能界を引退した坂口は、孤独を埋めるかのように、ずるずるとホストにハマっていく。



    【日時】2019年12月12日
    【ソース】日刊SPA!


    • SmaSurf Quick Search
    【【※評点※】坂口杏里が体験した、風俗・AVの裏側。客に「ブス!」と罵られ…】の続きを読む


    本当に結婚したなら、主婦しとけよwwwwww

    NO.7938517 2019/11/10 11:12
    「出勤してます、暇してます!」坂口杏里、必死のキャバクラ営業も客はほぼゼロの惨状か
    「出勤してます、暇してます!」坂口杏里、必死のキャバクラ営業も客はほぼゼロの惨状か
    「出勤なうです!」「男女問わずお待ちしています!」元タレントの坂口杏里が、10月30日から歌舞伎町にある夜のお店で働き始めたことを自身のインスタグラム上で公表した。

    その後、毎日のようにお店に出勤している様子がSNSに投稿されているが、これについて、スポーツ紙記者が首をかしげる。

    「今は芸能界を引退しているとはいえ、多数のテレビに出演していた名前の知れた元タレントがキャバ嬢デビューしたとなると、毎日のようにたくさんのファンが押し寄せるものです。しかし、彼女のSNSを見ると、『本日出勤なうです!』と、何度も投稿しているにも関わらず、『絶賛暇してます!』と書かれており、彼女目当てのお客はほぼ来ていないことがわかります。必死の営業にネットユーザーたちからは、『毎晩、何度も投稿…本当に暇なんだね』と、呆れたコメントが殺到しています」このままお客が来ない状態が続くと、坂口はどうなるのか、現役のキャバクラ店長に話を聞くと……。

    「通常、入店して1カ月くらいまでは時給が保証されていますが、その後指名が取れないキャストは、時給が下がったり出勤を減らされたりする。これだけ集客力がないことがSNS上で露呈してしま..



    【日時】2019年11月09日 17:30
    【ソース】日刊サイゾー
    【関連掲示板】


    • SmaSurf Quick Search
    【【※悲報※】「出勤してます、暇してます!」坂口杏里、必死のキャバクラ営業も客はほぼゼロの惨状か】の続きを読む

    このページのトップヘ