エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    中山美穂


    中山 美穂(なかやま みほ、1970年3月1日 - )は、日本の女優、歌手。80年代アイドル。身長158cm。血液型O型。 東京都小金井市出身(出生は長野県佐久市)。ビッグアップル所属。 作詞をする時は「北山 瑞穂」(きたやま みずほ)と「一咲」(いっさく)というペンネーム(アルバム『DANCE
    58キロバイト (4,524 語) - 2019年11月29日 (金) 10:35



    (出典 img.cinematoday.jp)


    なんでいまさら歌手!?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/09(月) 19:52:22.94 ID:qg+8HhDs9.net

    中山美穂が20年ぶりに本格的な歌手活動を再開。そのプロモーション活動の一環として、12月7日に放送された「SONGS」(NHK)に出演。往年のヒット曲から最新曲まで披露されるとあって、かつてのファンだけでなく、アイドル歌手時代の“ミポリン”を知らない世代もそのパフォーマンスを楽しみに待っていたようだが…。

    「SNS上では《49歳になってもキレイ》《アイドル時代より美人になった》《ずっと変わらない》など…彼女の容姿については文句をつけるようなコメントは見受けられませんでしたね。ところが番組がSONGSだけあって、注目すべきは歌ということになりますが、そのお眼鏡にかなったかといえばNOとなってしまったかもしれません。アイドル歌手時代からとりわけ歌が上手いほうでも、歌唱力があるほうでもありませんでした。それでも、アイドル当時は可愛い、人気があるからということで許されていたことが改めてわかったという声が多いですね。どの曲もアレンジは凝っていて聴きごたえはありましたが、彼女のボーカルが入った途端、完全に声が演奏に負けているというか『下手すぎて何が始まったのか耳を疑った』『曲はいいのにお歌が…』『高音も低音も出てないから歌になってない』『バックの演奏が上手だからアイドル時代より下手に聞こえる』『放送事故で見てられなかった』など驚きの声ばかりが上がったようです。『ラップですか?』という皮肉もありましたが、たとえば大ヒット曲の『You’re My Only Shinin’ Star』でも、か細い声で『ユッ、マッ、オンリッ、シャイニッ、スタッ』と、声量が足りないからなのか単語を一語一語吐き出すような感じの歌い方になっていて、歌として流れていないんですね。20年ぶりの歌手活動再開なのに、視聴者から『ボイストレーニングとかしてないんですか?』『歌手でいくならトレーニング』といった厳しいツッコミがあったのも致し方ないものでした」(女性誌ライター)

    SNS上では中山美穂で検索すると「歌」「歌唱力」といった関連ワードがすぐに出てくる悲しい状態に。それでも、リップシンク(口パク)しないで生声で歌ったのは、アイドル歌手全盛時代を生きたプライドだったのかもしれない。いまでもカラオケで歌われる名曲も多いミポリン。できればボイトレに励んで、コンサートなどではパフォーマンスを上げてくれることを祈りたい。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17501307/
    2019年12月9日 18時15分 アサジョ


    • SmaSurf Quick Search
    【【※衝撃※】放送事故クラス!?歌手活動再開・中山美穂の「歌唱力」が物議!】の続きを読む


    中山 美穂(なかやま みほ、1970年3月1日 - )は、日本の女優、歌手。80年代アイドル。身長158cm。血液型O型。 東京都小金井市出身(出生は長野県佐久市)。ビッグアップル所属。 作詞をする時は「北山 瑞穂」(きたやま みずほ)と「一咲」(いっさく)というペンネーム(アルバム『DANCE
    58キロバイト (4,545 語) - 2019年10月31日 (木) 20:23



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    ピンボケ⁉️wwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/08(金) 16:49:10.48 ID:vEbdt8Db9.net

    中山美穂が12月4日にリリースするニューアルバム「Neuf Neuf」のジャケット写真が公開された。

    「Neuf Neuf」は6月にデビュー35周年イヤーを迎えた中山が約20年ぶりにリリースするアルバム。ジャケットは、中山の一連の動きを切り取る手法でカメラマンの舞山秀一によって撮影された。このジャケット写真と共に、本作の初回限定盤に付属する卓上カレンダー、新たなアーティスト写真も公開された。

    また中山は自身の誕生日である2020年3月1日、初めてコンサートを行った東京・中野サンプラザホールで「MIHO NAKAYAMA BIRTHDAY CONCERT」を行う。

    2019年11月8日 12:46
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000052-natalien-musi


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)



    (出典 Youtube)

    ただ泣きたくなるの


    (出典 Youtube)

    メドレー


    • SmaSurf Quick Search
    【【※画像あり※】中山美穂、20年ぶりアルバム「Neuf Neuf」のジャケ写公開】の続きを読む


    今年デビュー35周年イヤーを迎える「中山美穂」オフィシャルサイトがオープン - 時事通信
    [SKIYAKI] アーティストやクリエイターへのファンの熱量の可視化を実現したサービス「bitfan」(※1)を中核とする会員総数259万以上(※2)を誇るオムニチャネル ...
    (出典:時事通信)


    中山 美穂(なかやま みほ、1970年3月1日 - )は、日本の女優、歌手。80年代アイドル。身長158cm。血液型O型。 東京都小金井市出身(出生は長野県佐久市)。ビッグアップル所属。 作詞をする時は「北山 瑞穂」(きたやま みずほ)と「一咲」(いっさく)というペンネーム(アルバム『DANCE
    54キロバイト (4,168 語) - 2019年5月19日 (日) 01:05



    (出典 www.news-postseven.com)


    今さら歌手?wwwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/22(土) 20:33:52.20 ID:eUN7PHz39.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    歌手で女優の中山美穂が、約20年ぶりに音楽活動を本格的に再開することを、各スポーツ紙が報じた。
    中山は85年6月に「C」で歌手デビューし、これまでにシングル39枚、アルバム21枚を発売。「ツイてるねノッてるね」(86年)、「世界中の誰よりきっと」(92年)などのヒット曲があるが、99年9月のシングル「Adore」を発売して以降、女優業に専念していた。

    「月9のドラマのヒロインを中心にドラマのオファーが殺到。2001年4月期の主演ドラマ『Love Story』(TBS系)の平均視聴率が20%越えを達成。
    1980年代、1990年代、2000年代の三世代で主演ドラマ平均視聴率20%越えを達成した唯一の女優となり、一時期は“連ドラ女王”の座に上り詰めていた」(テレビ局関係者)

    2002年6月、ミュージシャンで小説家の辻仁成と結婚。同年秋以降、芸能活動を一時休止し、仏・パリに移住。14年7月に辻と離婚後、日本で本格的に活動を再開していたが、このところ、出演するドラマはあまり話題になっていなかった。

    各紙によると、今年3月、94年1月期のTBS系ドラマ「もしも願いが叶うなら」で共演した「FLYING KIDS」の浜崎貴司のライブにゲスト出演。客席には感激のあまり涙する人もいたそうで、
    それを見た制作スタッフが、デビュー35周年の記念を迎える節目に、歌手活動の再開を提案したことから、今回の復帰が決まったという。

    今冬には、オリジナル曲としては20年ぶりとなる40枚目のシングルを発売。音楽番組などにも積極的に出演し、来年3月1日には、初コンサートを開催した東京・中野サンプラザで単独コンサートを開催する予定だという。

    「中山が女優業にこだわり続けていたのは、長年、同じ事務所の両輪として稼働していた小泉今日子への“ライバル心”があったから。
    対照的なキャラの小泉に『負けたくない!』と女優業で張り合おうとしていたが、小泉は豊原功補との不倫を公表し表舞台から消えてしまった。そんな状況もあって、自分の中で張り合いを持たせるためにも、歌手活動再開を決意したのでは」(芸能記者)

    往年のファンの支持により、再ブレークする可能性もありそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1886437/
    2019.06.21 21:00 リアルライブ


    (出典 Youtube)

    JINGI愛してもらいます 中山美穂


    【【※驚愕※】中山美穂、音楽活動再開の裏事情 長きにわたる“ライバル”への対抗心が原動力か】の続きを読む


    深夜デートをキャッチ! 中山美穂が「セカンドバージン」を捧げるバンドマン(FRIDAY) - Yahoo!ニュース
    やっぱり彼女は、ロン毛のミュージシャンがタイプなのだろうか――。1月24日夜9時頃、女.
    (出典:Yahoo!ニュース)


    中山 美穂(なかやま みほ、1970年3月1日 - )は、日本の女優、歌手。80年代アイドル。身長158cm。血液型O型。 東京都小金井市出身(出生は長野県佐久市)。ビッグアップル所属。 作詞をする時は「北山 瑞穂」(きたやま みずほ)と「一咲」(いっさく)というペンネーム(アルバム『DANCE
    54キロバイト (4,137 語) - 2019年4月19日 (金) 14:20



    (出典 taishu.jp)


    それほどそそられないのは、なぜ?wwwwwwww

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/05/16(木) 06:07:57.56 ID:W5GUiz/E9.net

    [2019年5月16日5時0分]

    中山美穂(49)が、劇団「大人計画」を主宰する松尾スズキ(56)が監督、脚本、主演を務める映画「108~海馬五郎の復讐と冒険~」(今秋公開)に出演することが15日、分かった。18歳未満の入場、鑑賞を禁止する「R18+」指定の作品で、中山にとって初の「R18+」作品。ベッドシーンなど大胆なラブシーンに挑戦した。

    中山は、松尾演じる主人公の妻で元女優役。熱を上げる年下ダンサーとのツーショットをSNSにアップしたことで、夫が激怒することが発端。離婚で財産を半分取られると知った夫が、妻の投稿に寄せられた108の「いいね ! 」と同じ数だけ女性を抱き、資産を使い切ろうともくろむ物語だ。中山は身も心もダンサーに奪われるさまを、大人の魅力で熱演している。

    中山は、以前から親交があった松尾に、出演を自ら志願したという。「松尾監督がこの作品を構想中のころ、とっさに私にやらせて下さいと申し出てしまったのです」と明かした。

    中山が志願した時は、映画が実現するかどうか不明だったそうだが、昨年9月から10月にかけて撮影が行われた。中山は「楽しくてしかたのない現場でした。とにかく笑える内容です。そして切ない。私にやらせていただけたことに感謝しています」と現場の充実ぶりを振り返り、出来上がりに自信を見せた。

    ほかに岩井秀人、秋山菜津子、坂井真紀、堀田真由、大東駿介、土居志央梨、栗原類、LiLiCoらが出演する。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201905150000459.html


    【【※必見※】 中山美穂がR18+映画出演、大胆なラブシーン挑戦】の続きを読む


    “美麗キス”中山美穂&藤井流星に「キスシーン美しすぎ」…「黄昏流星群」9話 “美麗キス”中山美穂&藤井流星に「キスシーン美しすぎ」…「黄昏流星群」9話
    …弘兼憲史の同名コミックを佐々木蔵之介主演、中山美穂、黒木瞳らの共演で描く大人のラブストーリー「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」の第9話が12月6…
    (出典:映画(cinemacafe.net))


    中山 美穂(なかやま みほ、1970年3月1日 - )は、日本の女優、歌手。80年代アイドル。身長158cm。血液型O型。 東京都小金井市出身(出生は長野県佐久市)。ビッグアップル所属。 作詞をする時は「北山 瑞穂」(きたやま みずほ)と「一咲」(いっさく)というペンネーム(アルバム『DANCE
    53キロバイト (3,994 語) - 2018年12月6日 (木) 16:22



    (出典 enterstage.jp)


    中山美穂、ドラマでも見るけど劣化しないね!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/06(木) 06:58:26.98 ID:CAP_USER9.net

    歌手で女優の中山美穂が、5日日放送のフジテレビ系『2018 FNS歌謡祭』に出演。1992年に中山美穂&WANDS名義でヒットを飛ばした
    「世界中の誰よりきっと」を歌唱すると、WANDSの名前がトレンド入りする現象が起き、ネット上ではコラボを期待する声が挙がった。

    「世界中の誰よりきっと」は、1992年に中山とWANDSがコラボレーションした楽曲。
    同局系ドラマで中山が主演した『誰かが彼女を愛してる』の主題歌でもあり、大ヒットを記録した。

    この日の『FNS歌謡祭』で中山は、23年ぶりの披露となった1986年の楽曲「WAKU WAKUさせて」を歌唱し、
    しばらく後に「世界中の誰よりきっと」の歌唱に臨んだ。胸元が開いたドレスを着用し、大人の魅力を醸し出す中山は、1992年の名曲に情感をこめながら丁寧に歌い上げた。

    今回はあくまで中山のソロ歌唱。WANDSの出演はなかったのだが、ネット上ではWANDSの名前が多く投稿され、トレンド入りする現象が起きている。

    ツイッター上には「WANDSトレンド入りってどういうことなの…」「WANDSがトレンド入りしてて何事かと」などと戸惑いの声が挙がり、
    「歌ってないWANDSがトレンド入りするのすごない?」「WANDSがトレンド入りしてる平成最後の冬」と驚く人も続出している。

    さらに、当時を思い返しながら懐かしさを感じる人が多く見られ、「中山美穂さんの隣に元WANDSの上杉昇さんがいないと、やはり寂しい」とWANDSのボーカリストの名前を上げながら悲しむ声が挙がった。

    そして、往年のファンと見られる人からは「コラボいつか待ってます!」「リバイバルブーム来ないかねぇ」と2組の再タッグを待ち望む声も多く見られている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15697551/
    2018年12月5日 23時54分 ミュージックヴォイス


    【【※再来※】中山美穂「世界中の誰よりきっと」歌唱で「WANDS」がトレンド入り、コラボを望む声も】の続きを読む

    このページのトップヘ