エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    上沼恵美子


    上沼 恵美子(かみぬま えみこ、1955年〈昭和30年〉4月13日 - )は日本の歌手、司会者、元漫才師である。上沼事務所所属。夫は元関西テレビ所属のテレビ演出家、プロデューサー、常務取締役・制作局長、元メディアプルポ代表取締役会長の上沼真平。遠戚に林家三平(2代目)などがいる。
    33キロバイト (4,821 語) - 2020年7月25日 (土) 00:52



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ただの話題作りやったんか?wwwwww

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/07/29(水) 23:02:59.38 ID:CAP_USER9.net

    7/29(水) 11:00配信
    東スポWeb

    上沼恵美子のシングル「時のしおり」

     〝パワハラ騒動〟で渦中の人となっている上沼恵美子(65)が反転攻勢の構えだ。昨年11月にリリースしたシングル「時のしおり」が驚異的な伸びを見せているのだ。

     2015年以来のシングルで、昭和の東京五輪や大阪万博、平成の大震災を回想しつつ、令和となった今を「心を繋(つな)いで 生きましょう」と歌い上げる演歌だ。

     ある音楽関係者は「上沼さんが出演するテレビ番組などで、この楽曲がよく流され、新型コロナウイルスの影響からステイホームでテレビを見る機会が増えたこともあり、歌の認知度が広まったと分析されている。番組が放送されている関西、九州、北海道地区での売り上げは驚異的な数字を見せています」と話す。

     発売当初はオリコンの演歌歌謡曲チャートで1位となり、その後は下降線をたどっていたが、演歌歌謡部門の7月6日付で1位、13日付でも2位と、リリースから半年以上もたって、上位に食い込んでいる。コロナ禍で演歌歌謡曲が苦しい状況の中、売り上げも5万枚を突破しようという勢い。さらに一連の番組打ち切り報道がプラス材料になる可能性もある。

    「上沼さんもいろいろと叩かれ、弱気になっているようですが、関西圏ではやっぱり人気は圧倒的。CDはメーカーへのバックオーダーも入っている(入荷待ち)。応援しようという動きなのでしょう」と同関係者は話している。

     昨年11月に大阪・吹田市で行われた「ABCラジオまつり2019」では新曲を含む3曲を熱唱。会場の「万博記念公園」にはなんと3万5000人もの観客が集まった。上沼は「うれしい!なんで私ってこんなに人気があるんだろう。自分が怖い」と、得意のトークで沸かせた。

    「とんでもない数字。ジャニーズ級の集客力です。MCだけでなく、歌手としても一流ということでしょう」とはテレビ関係者。

     最後は地力がモノをいう世界。上沼はこれからも〝女帝〟として君臨し続けそうだ。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/18e17995bf35553640372a12e6b06a0ee8fa21bc


    • SmaSurf クイック検索
    【【※驚愕※】女帝の逆襲! 上沼恵美子の新曲がチャート急上昇中 入荷待ちのCD店も】の続きを読む


    上沼 恵美子(かみぬま えみこ、1955年〈昭和30年〉4月13日 - )は日本の歌手、司会者、元漫才師である。上沼事務所所属。夫は元関西テレビ所属のテレビ演出家、プロデューサー、常務取締役・制作局長、元メディアプルポ代表取締役会長の上沼真平。遠戚に林家三平(2代目)などがいる。
    33キロバイト (4,821 語) - 2020年7月25日 (土) 00:52



    (出典 dot.asahi.com)


    いやいや、キャラ崩壊やなwwww

    1 jinjin ★ :2020/07/29(水) 01:00:16 ID:CAP_USER9.net

    「投げ出したくなった」 上沼恵美子が弱気発言連発 ?ブチギレ降板?否定も矛盾が生じる


    女帝もとうとう弱音…。
    タレントの上沼恵美子(65)が27日、パーソナリティーを務めるABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」(月曜正午)に出演した。


    番組冒頭、上沼は25年間MCを務めてきた関西テレビ「快傑えみちゃんねる」が突然終了し、騒動になっていることについて「私は何が起こってるか知らなかった。ネットとかも見てないし。マスコミの方が家の前にきて、話を聞いて驚きました」と語った。


    「えみちゃんねる」を「私のライフワークでした」と何度も強調した上沼は、終了の原因について「私と関西テレビがケンカしてる。これは違うわ。私、関西テレビさんには足向けて眠れない。まず、うちの主人も関西テレビにお世話になってた」とした上で、
    コロナ禍でゲストや観客がいなくなり、夫からも「普通の番組になってる」と言われたことが終了の一因と打ち明けた。


    引退説は否定したが、番組終盤には「やることなすこと、どんだけ嫌われてんねんていう、本当に嫌な2週間でした。私、かなり体調崩してます」。

    続けて「心臓に毛が生えてるような女に見えるか分かれへんけど、あることないこと、ネットとかでやられると、ほっとこうと思っても無理な時があんねん。年いくと乗り越えられるスタミナがなくなってる。もう投げ出したくなった。やることはやらしてもらったし精一杯出した。もうこれ以上出るものはないかも」と弱音を吐いた。


    在阪テレビ関係者は「冒頭で『ネットを見てない』と言ったのに、最後は騒動を気にしていると明かした。ということは、ネットをチェックしているということでは(笑い)。とにかく梶原雄太さんの降板からの一連の騒動に、相当参っていたのは間違いない。引退は否定したが、精神面が心配」と指摘する。


    この日発表された「えみちゃんねる」最終回の平均視聴率は15・1%だった。
    結婚を機にあっさり芸能界から引退したこともある上沼だが、視聴率女王の名は健在だけに、今後の動向が注目される。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/49c018403723323a7d4ecf5e5fc96fcf642b52d7


    • SmaSurf クイック検索
    【【※衝撃※】「投げ出したくなった」# 上沼恵美子が弱気発言連発 ?ブチギレ降板?否定も矛盾が生じる】の続きを読む


    上沼 恵美子(かみぬま えみこ、1955年〈昭和30年〉4月13日 - )は日本の歌手、司会者、元漫才師である。上沼事務所所属。夫は元関西テレビ所属のテレビ演出家、プロデューサー、常務取締役・制作局長、元メディアプルポ代表取締役会長の上沼真平。遠戚に林家三平(2代目)などがいる。
    33キロバイト (4,821 語) - 2020年7月25日 (土) 00:52



    (出典 news.nifty.com)


    売り言葉に買い言葉?!

    1 :2020/07/27(月) 13:02:33.79 ID:CAP_USER9.net

    お笑いタレントの上沼恵美子(65)が27日、大阪・ABCラジオで、パーソナリティーを務める「上沼恵美子のこころ晴天」の生放送に出演した。

    上沼は「私に対して心配事、お腹立ちもあると思う。正直言っていい? 私は何が起こっているのか知らんかった」と、ほぼ見ないというネットで上沼のパワハラ騒動などが話題になっていることについて「ビックリした」と本音を明かしたあと、今月24日に唐突に25年の歴史に幕を下ろした大阪・関西テレビ(カンテレ)の人気トークバラエティー「快傑えみちゃんねる」について言及した。

    「コロナの影響、25年、私のわがままが重なった。関西テレビさんには感謝しかありません。ありがとうございました。口も悪いし、乱暴な言葉も使ってイメージも悪かったけど、関西テレビさんを恨んだりはしていない」と晴れ晴れと語り「一番の宝だった。だから、しんどかった」と大変さにも言及した。

    同番組については「私のライフワークでした。関西テレビさんと大変なけんかをしていると言われ、ビックリ。それはちょっと違う。きれいごとは絶対言いませんけど、関西テレビさんには足を向けて寝られないから」と局側とのトラブルはきっぱり否定した。

    夫が関西テレビ出身で、「えみちゃんねる」も同局に熱烈なオファーを受け「最初は断った」が、1995年の開始当初は視聴率も惨敗。「これは終わる」と覚悟したものの「それでも我慢してくれた」。トークに特化することで人気番組に成り上がったという。

    最大の一因に挙げたのがコロナ禍。「コロナもあります。お客さん(スタジオ観覧)が呼べないし、ソーシャルディスタンスでゲストが減る。距離が詰まってないと『どういうこっちゃ!』とツッコめない。夫には『普通の話し合いの番組やな』と言われ、ガーンと来た。『卒業の時期やな』と言われ、ショックを受けた」としゃべくり女王としての悩みが重なったが、夫の言葉に納得。「1059回やったけど、しもた、1000回でやめとけばよかった」と終了を決意。局側からは「9月まで続けてほしい」と依頼されたが「私の士気が高まらないとダメ。7月に始まった番組なので、7月で…と最後のわがままを申しました」と説明。番組開始当時の担当者で、現常務には手紙ももらったという。

    週刊誌記者からは「これで引退ですか」と問われたそうだが「私はもう少しやります。もうちゃっとだけやって、その後はまっすぐ地獄へ落ちていきたい」と」笑わせた。

    ソース/スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20200727-OHT1T50100.html


    【【※激白※】# 上沼恵美子が生ラジオで25年で幕の「えみちゃんねる」に「一番の宝」 ”関西テレビとのトラブルを否定”】の続きを読む


    上沼 恵美子(かみぬま えみこ、1955年〈昭和30年〉4月13日 - )は日本の歌手、司会者、元漫才師である。上沼事務所所属。夫は元関西テレビ所属のテレビ演出家、プロデューサー、常務取締役・制作局長、元メディアプルポ代表取締役会長の上沼真平。遠戚に林家三平(2代目)などがいる。
    34キロバイト (4,867 語) - 2020年7月19日 (日) 04:52



    (出典 www.sanspo.com)


    また、新しい番組やるんじゃないのか?!

    1 jinjin ★ :2020/07/22(水) 07:51:12.07 ID:CAP_USER9.net

    上沼恵美子“逆ギレ”「えみちゃんねる」24日で突然終了…
    現場の意見に「辞めてやる」


    上沼恵美子の“逆ギレ”により「快傑えみちゃんねる」が電撃終了することが分かった

    “関西の女帝”と呼ばれる大物タレント・上沼恵美子(65)が司会を務める関西テレビの長寿番組「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)が25年の歴史に幕を下ろすことが21日、分かった。
    24日の放送が最後となる。同番組は6月に上沼の“集中口撃”により準レギュラーだったキングコング梶原雄太(39)が降板する騒動があったばかり。


    突然すぎる終了の裏には何があったのか――。

    歯に衣(きぬ)着せぬ上沼の毒舌トークで、長きにわたり多くのファンに愛されてきたバラエティー番組。
    関西テレビは、今年7月に25周年を迎えたことを理由にあげ「番組として一定の役割ができたと考え、終了いたします」と発表。

    上沼も「25年という長きにわたって『快傑えみちゃんねる』を1000回を超えて続けることができたのは、支えてくださった視聴者の皆さまのおかげです。本当にありがとうごさいました」とのコメントを出した。


    テレビ業界の通例なら早くても10月の改編期で番組を切り替えるケースが多いが、不祥事でもないのに突然の幕引きという前代未聞の顛末(てんまつ)。
    複数の関係者によると、問題の発端は梶原の降板騒動とみられる。梶原の態度が気に入らず、上沼が収録中に罵倒。
    その場面はお蔵入りとなり、梶原は上沼のラジオ番組のレギュラーも含めて降板を申し出た。
    そこで上沼は騒動後、同局側に「番組をもっと良くしたい。改めるところがあったら何でも言ってほしい」と提案。

    これが“導火線”となった。


    同局側が上沼と話し合いの場を持ち、現場スタッフらの意見を伝えたところ、「そこまで言われるなら辞めてやる」と逆ギレ。
    局側は9月末での卒業を打診したものの、上沼の出演拒否により24日放送で終了することが突如、決まったとみられる。


    「若い視聴者の取り込みを図るため、今後どうするかということは懸案事項になっていた。ただ、えみちゃんねるはファンも多いし、局側としても続けたいと思っていた。卒業セレモニーもないと聞いている。寂しすぎます」(同局関係者)。
    現時点で総集編の放送予定もないという。

    同局は本紙の取材に「上沼さんとの話し合いの内容の詳細は答えられない。終了を決めたのは関西テレビです」と答えた。


    上沼にとっては長きにわたって担当していた女性マネジャーが5月末に辞めたことも大きい。
    「これまでは、そのマネジャーがクッションのような役割を果たしていた。上沼さんは“コロナ鬱(うつ)”と言ってましたが、最近は精神的にも落ち込んでいた。その中で直接本人が対応することになって悲劇につながった」(演芸関係者)。
    同局の幹部も代替わりしており、これまでのように意思疎通が図れなかったことも一因とみられる。


    同番組は1995年7月10日にスタート。
    最終回で1056回を迎える。


    出演拒否で解決の糸口が見つからないままでの空中分解。
    視聴者不在のこんな形で終わりを告げるのは残念でならない。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/ed485fe7c5aa492fc8ef56b71bbbcdf1a6d7c4bf



    前スレ
    【芸能】上沼恵美子 “逆ギレ” 「快傑えみちゃんねる」突然終了… 梶原との騒動後、現場の意見に「そこまで言われるなら辞めてやる」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1595366607/
    ★1 2020/07/22(水) 06:23:27.75
    関連スレ
    【関西】 カンテレ「快傑えみちゃんねる」終了へ 新型コロナでスタイル維持できず 2020/07/22 [朝一から閉店までφ★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1595365834/


    • SmaSurf クイック検索
    【【※唖然※】# 上沼恵美子“逆ギレ” 「快傑えみちゃんねる」突然終了… 梶原との騒動後、現場の意見に「そこまで言われるなら辞めてやる」】の続きを読む


    さすが、えみちゃん⁉️

    NO.8664125 2020/07/15 10:07
    パワハラ批判に屈しない!? 上沼恵美子、堂々の開き直りで芸能人生を賭けた大勝負
    パワハラ批判に屈しない!? 上沼恵美子、堂々の開き直りで芸能人生を賭けた大勝負
    タレントの上沼恵美子が、キングコング・梶原雄太への“パワハラ批判”に屈しないと宣言した。

    12日に放送された関西ローカルの番組で「この仕事してたら嫌われてナンボです!」と言い切った。

    世間に非難されてもタダでは起き上がらない。

    関西の女帝と称される上沼は芸能人について顔や知名度があっても「何も思われないのは最低」とまくし立て、元メジャーリーガー・イチローが他人から嫌われることに「大好き、ぞくぞくする」とコメントしたことを引き合いに「イチローさんと同意見」とまとめた。

    芸能関係者は「上沼さんは番組内で『嫌いというのはある意味(その芸能人の)ファン』と言っていたが、それは一理ある」といい、「良くも悪くもお行儀がいいタレントが増殖したということ。テレビ局、スポンサー、広告代理店、何より世間が“コンプライアンス重視”を求めた結果でもある」とその弊害を指摘した。

    一方で、別の中堅芸能プロスタッフは次のように語る。

    「これだけ逆風が吹き荒れる中、上沼さんも勝負に出た感じがした。今回の屈しないという宣言は、世間にケンカを売るようなもの。失敗すれば番組が終わることを意味するくらいの重大発言になる」

    上沼の芸能人生を賭けた勝負……とは言い過ぎだろうか。
    【日時】2020年07月15日 06:30
    【提供】日刊サイゾー


    • SmaSurf クイック検索
    【【※衝撃※】パワハラ批判に屈しない!? # 上沼恵美子、堂々の開き直りで芸能人生を賭けた大勝負】の続きを読む

    このページのトップヘ