エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    ベッキー


    ベッキー(1984年3月6日 - )は、日本のタレント、女優、歌手である。歌手活動時の名義は「ベッキー♪♯」である。 神奈川県川崎市出身。亜細亜大学経営学部卒業。サンミュージックプロダクション所属。AB型。夫は元プロ野球選手でプロ野球指導者の片岡治大。 14歳の時に参加した下着モデルのオーディショ
    38キロバイト (3,822 語) - 2019年11月9日 (土) 02:29



    (出典 www.news-postseven.com)


    なんだか素直に祝福できないwwwww

    1 ひかり ★ :2019/11/09(土) 16:38:58.93 ID:UiA4lskX9.net

     タレントのベッキー(35)が、今年1月に結婚した夫でプロ野球・巨人の片岡治大(やすゆき)ファーム内野守備走塁コーチ(36)との間に、
    第1子を妊娠していることが9日までに分かった。所属事務所によると、すでに安定期に入っており、来春に出産予定。

     ベッキーが妊娠約4カ月、との情報は10月上旬に伝わっていたが、当時、フジテレビ系連続ドラマ「悪魔の弁護人 御子柴礼司 -贖罪の奏鳴曲-」
    (12月7日スタート)の撮影の真っ最中。民放連続ドラマにレギュラー出演するのは「ショムニ2013」(フジテレビ系)以来、約6年ぶりで、
    不倫騒動後は初ということもあり、体調を心配する声もあったが、順調に撮影を終えることになりそうだ。同ドラマは今月中にクランクアップ予定という。

     ドラマでベッキーは、“悪魔の弁護人”と呼ばれる主人公・御子柴(要潤)の法律事務所で働く事務員でヒロイン役。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00000076-dal-ent


    • SmaSurf Quick Search
    【【※朗報※】ベッキー妊娠、来春出産予定 1月に片岡コーチと結婚…ドラマ撮影間もなく終了】の続きを読む


    ベッキー(1984年3月6日 - )は、日本のタレント、女優、歌手である。歌手活動時の名義は「ベッキー♪♯」である。 神奈川県川崎市出身。亜細亜大学経営学部卒業。サンミュージックプロダクション所属。AB型。夫は元プロ野球選手でプロ野球指導者の片岡治大。 14歳の時に参加した下着モデルのオーディショ
    38キロバイト (3,822 語) - 2019年10月9日 (水) 05:30



    (出典 img.sirabee.com)


    結婚しても、引退もせずに
    しれーっと復帰してるのがしたたか過ぎて嫌wwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/14(Mon) 02:35:08 ID:2bAw0y1V9.net

    ベッキーの女優志向が高まっている。12月スタートの連続ドラマ『悪魔の弁護人 御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』(フジテレビ系)に、ヒロイン役として出演する。
    この作品は、実力はあるが金にがめつい悪徳弁護士を要潤が演じ、ベッキーはその事務所のスタッフを演じる。

    ベッキーは今年1月に巨人の片岡治大コーチと入籍したが、その後も芸能活動を継続している。
    かつて頻繁に出演していたバラエティ番組よりも、女優としての活躍が目立ち、今年放送のドラマでは『これは経費で落ちません! 』(NHK)に出演したほか、
    映画では三池崇史監督の『初恋』(公開は2020年2月)に出演し、今年のカンヌ国際映画祭でも公開された。
    9月には絵画の個展も開催し、女優のほかアーティスト活動にも力を入れている。

    だが、これに対し、ネット上では「バラエティは出づらいからって女優ってのはどうなの」「なんか、ミソギが済んだ感じになっているのがイヤ」
    「ドラマは好きだけど、ベッキー嫌いだから、出ないで欲しい」といった非難が殺到している。やはり、ベッキーアレルギーを持つ人間が多いようだ。
    さらには、「いっそのこと、嫌われる女とか悪役とか演じてほしいわ」といった声も聞かれた。

    ベッキーは人気絶頂だった2016年1月に、当時は既婚者だったゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫を『週刊文春』(文藝春秋)にスクープされ、
    バラエティ番組の第一線から姿を消した。出演していた『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)や『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)などは休演中という扱いであり、
    現在に至るまで復帰は実現していない。そのため、ネット上では「バラエティ降板をはっきりさせずに、ドラマに出るのは中途半端」「もうバラエティに戻って来ないで」といった声も聞かれた。
    さらに最近では、不倫相手だった川谷もテレビ出演を増やしており、「なんか、全部無かったことになってるのもイヤ」といった指摘もある。

    ベッキーはなぜ許されないのかと言えば、もともと清純派で売っていたタレントが不倫をしていたというギャップの大きさがある。
    さらに、不倫発覚後に相手とのLINEで「ごまかし」を行ったことで、テレビで見せていた明るく元気な姿に対し、実は腹黒い女といった悪印象が重ねて定着してしまった。

    片岡コーチとの結婚後は芸能界引退説もささやかれたが、活動を継続していることに「引退して夫を支えたらどうなの」
    「なんか、ワガママなイメージしか無い」といった、悪い方向に解釈する声も多い。
    一度不倫イメージがついてしまった女性芸能人が許されたケースはないと言えるだけに、ベッキーの今後にも暗雲が立ち込めていそうだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17227977/
    2019年10月13日 20時0分 リアルライブ


    • SmaSurf Quick Search
    【【※驚愕※】ベッキーの本格女優志向に厳しい声、いまだに許されない理由とは?】の続きを読む


    ベッキー(1984年3月6日 - )は、日本のタレント、女優、歌手である。歌手活動時の名義は「ベッキー♪♯」である。 神奈川県川崎市出身。亜細亜大学経営学部卒業。サンミュージックプロダクション所属。AB型。夫は元プロ野球選手でプロ野球指導者の片岡治大。 14歳の時に参加した下着モデルのオーディショ
    38キロバイト (3,822 語) - 2019年10月9日 (水) 05:30



    (出典 aikru.com)


    まだ生き残ってたかwwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/09(水) 08:10:42.38 ID:qiYTLXUy9.net

    タレントのベッキーが12月7日放送の東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』(毎週土曜 後11:40)で
    『ショムニ2013』(フジ)以来6年ぶりに地上波連ドラレギュラーを務めることがわかった。
    主演の要潤演じるどんな依頼人でも必ず勝たせる悪魔の弁護人でありながら、
    その正体は14歳の時に凶悪犯罪を*た元少年Aである御子柴礼司の事務所で働くこととなる事務員・日下部洋子役に起用された。

    【場面カット】ベッキーが悪魔の弁護士・要潤に振り回れる?

    同ドラマは人気作家・中山七里による傑作ミステリー『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』『追憶の 夜想曲(ノクターン)』『恩讐の 鎮魂曲(レクイエム)』『悪徳の 輪舞曲(ロンド)』の弁護士・御子柴礼司シリーズ既刊4作を映像化。
    二転三転する法廷劇をハイテンポに、そして過去の罪と向き合う御子柴の苦悩をスリリングに描く法廷ミステリー。
    このほか、御子柴と法定で対峙する堅物検察官の岬恭平役には津田寛治が決定した。

    母子家庭で育った洋子は奨学金を得て大学進学。しかし就職先がブラック企業で体調を崩し退職。さらに派遣先でも契約を切られ無職に。
    生活のため次の仕事を探している時に、たまたま御子柴法律事務所の事務員になる。
    強引な手口で依頼人を弁護し 、相手側に悪魔と恐れられる御子柴に戸惑いつつも、先入観なく物事を見ているフラットな女性。
    そんななか、御子柴の過去を知ってしまう…。

    ベッキーは「洋子は、すごくまっすぐな心を持っていて、一生懸命で、人の心に寄り添う人です。パッと見や肩書きで人を判断することはありません。
    そんな理想的な洋子に、お芝居を通じて少しでも近づけたらいいなと思いました」と役柄への思いを語る。

    また、「要さんとは13年前に一度ドラマでご一緒していますが、同じシーンはほぼ無かったので、しっかりお話しするのは今回が初めてです。
    一見クールだけど内側は温かい方です。現場でも笑いを提供してくださるのですが、 それが『俺おもろいやろ~』という感じでなく、さらっとする感じの“オシャレおもろ~”で全部がスマートなんです。
    御子柴とカブる感じがします」と早くも打ち解けた様子だ。

    一方、異色の弁護士役に挑む要は「世の中には、喜ぶ人がいたら悲しむ人がいるように、
    一見、正義に見えても悪だったり、表に見えても裏だったりする部分があるの で、その辺はすごく考えさせられるドラマだなと思います」とアピール。
    「話が進むにつれて御子柴の人間像が見えてきます。感動できるシーンもあります。
    土曜の夜『疲れたな』と帰宅されて見たときに“明日の活力”になれるようなドラマにしていきたいなと思っています!」と意気込んでいる。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17204233/
    2019年10月9日 7時0分 オリコン


    (出典 image.news.livedoor.com)

    オトナの土ドラ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』に出演する(左から)津田寛治、要潤、ベッキー (C)東海テレビ


    • SmaSurf Quick Search
    【【※朗報※】ベッキー、6年ぶり民放連ドラレギュラー出演 要潤が異色の弁護士役で主演】の続きを読む


    ベッキー(1984年3月6日 - )は、日本のタレント、女優、歌手である。歌手活動時の名義は「ベッキー♪♯」である。 神奈川県川崎市出身。亜細亜大学経営学部卒業。サンミュージックプロダクション所属。AB型。夫は元プロ野球選手でプロ野球指導者の片岡治大。 14歳の時に参加した下着モデルのオーディショ
    37キロバイト (3,667 語) - 2019年8月12日 (月) 10:05



    (出典 www.news-postseven.com)


    まあ、奇跡の1枚的な?!wwwwwww

    1 湛然 ★ :2019/08/22(木) 05:12:53.49 ID:j81UYrpP9.net

    ベッキーがハリウッド女優に変身 「ナタリー・ポートマンに似てる」
    ビシッとメイクした美女は、場の視線を独り占めに。ベッキーの公開した写真が話題を呼んでいる。
    2019/08/21 15:40 b秋山 はじめ
    https://sirabee.com/2019/08/21/20162147353/

    [be*y_dayo]
    h
    (出典 scontent-sjc3-1.cdninstagram.com)



    20日夜に、タレントのベッキーが自身のインスタグラムを更新。画面越しからでもヒシヒシと伝わってくる魅力に、「美しすぎる…」という声が多数上がっている。

    ■ハリウッド女優風

    投稿されたのは、白を基調とした建物の中にベッキーが立っている写真。髪型もメイクもバッチリ整えたベッキーは黒い服を身にまとい、窓枠に手を置きながら正面を見据えている。

    タイトルの題字がつけば、「映画のポスター」と言われても違和感がないだろう。

    ■「海外の女優に似てる!」と大反響

    ハリウッド女優のようなオーラを漂わせた写真を見て、ネット上では「ガチで美人すぎる」という声が続出。中には具体的に女優の名前を上げて…

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【※必見※】ベッキーがハリウッド女優に変身 「ナタリー・ポートマンに似てる」】の続きを読む



    (出典 entamejoker.com)


    どっちも性格に難ありwwwwew

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/08(木) 12:12:03.38 ID:e/CRcBy+9.net

    8月7日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、ベッキーの妹・ジェシカが出演した。
    ジェシカがベッキーとの〝仲の悪さ〟を示すエピソードを披露すると、視聴者は騒然。
    それらをうかがわせるVTRも流され、姉妹ともども「性格が悪い」と批判する声が出た。

    番組冒頭では、ベッキーとジェシカが2人で食事を取る光景がVTRで流れた。
    ジェシカが「このメニュー、(店員さんが)教えてくれないかな」とつぶやくと、ベッキーは「やめてよ、恥ずかしい」と、スタッフに料理のレシピを聞くことを嫌がった。
    それでも店員を呼び出すと、「やめてよ! そういうところ、嫌い!」とベッキーは一喝していた。

    子供時代に雪山で姉・ベッキーに腹を立て…

    スタジオで話を振られたジェシカは「(もめたりは)しますね。
    (ベッキーは)しっかりし過ぎてて」と、姉とは性格が合わないと嘆く。
    そして、幼少期に「雪山で*うとしたことがあった」とのエピソードを披露。
    雪山で遊んでいた際、ベッキーがソリを貸してくれなかったことに立腹したことがきっかけだったという。

    この他、ジェシカは、家族旅行の際もそれぞれが自由行動をすると明かし、自らの家族を「血がつながったルームメイト」と評していた。

    過去にベッキーがジェシカを連れてテレビ出演したとき、おとなしいキャラクターの印象だった。
    そのためか、視聴者はジェシカの変貌ぶりに呆れると同時に、姉のベッキーを揶揄する声も続出した。

    《あー、ウザイ姉妹だ…》
    《ベッキーも好きじゃなかったけど、ジェシカも大概だな》
    《グイグイ感があって受け付けられないタイプだった》
    《(ベッキーは妹をゴールデン番組に送り込んで)徐々に慣らして、ゴールデンタイム復活でも狙ってるんかね》
    《ジェシカはドラゴンボールでいうピッコロ。ベッキーの悪いところだけが分離してしまったんだな…》

    バラエティー番組への本格復帰を狙いたいベッキーだが、妹に足を引っ張られかねない勢いだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1955775/
    2019.08.08 11:00 まいじつ


    (出典 tetiblog.net)


    【【※愕然※】「殺そうとしたことが…」ベッキー姉妹の仲の悪さに騒然!】の続きを読む

    このページのトップヘ