エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    大島優子


    大島 優子(おおしま ゆうこ、1988年10月17日 - )は、日本の女優で、女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。本名同じ。栃木県出身。太田プロダクション所属。 1996年、母親の薦めでセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能活動を開始する。 2000年ごろからジュニアアイドルとして活動し、2005年にはTHE
    90キロバイト (11,789 語) - 2020年5月5日 (火) 12:21



    (出典 img.cinematoday.jp)


    ついに汚れ役かwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/14(Thu) 04:38:18 ID:/M/wvtS39.net

    女優大島優子(31)が、石井裕也監督(36)の最新作「生きちゃった」(今秋公開予定)に出演し、初の“不倫妻”役を演じることが13日、分かった。

    石井監督脚本のオリジナル作で、主演の仲野太賀(27)演じる山田厚久の幼なじみの妻・奈津美役。5歳の娘を持ち平凡な生活を送りながらも、ある日不倫相手との情事を夫に目撃されてしまう。幼なじみの武田(若葉竜也)を含めた3人の関係がゆがみ、予期せぬ展開が起こっていくという人間ドラマだ。

    17年の日本テレビ系ドラマ「東京タラレバ娘」で不倫をする役を演じたことはあるが、今作は女性として、母親としてさまざまな葛藤を抱え、精神的にも追い込まれていく難しい役柄。石井監督は「きっと多くの役者が避けるであろう重く苦しい役」という。

    それでも出演依頼を快諾した。石井監督はある重要なシーンでの演技に特に驚かされたといい「見ていてゾッとして、演技なのか狂っているのか分からなくなって怖くなった。監督人生で初の経験。大島さんがずっと抱えていたものが爆発したんだと思います」。

    大島は「この作品を通じて、役に“裸”で向き合うことの大切さを学びました」と、体当たりで撮影に臨んだことを明かした。初の“石井組”参加で信頼を深め「監督とつながりながら、むき出しであり続けるという、私にとって初めての挑戦でした」と新境地を見せる。

    同映画は中国、香港、台湾、マカオなどでも上映予定。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200514-25130417-nksports-ent
    5/14(木) 4:00配信


    (出典 www.nikkansports.com)


    • SmaSurf Quick Search
    【【※必見※】大島優子「裸で向き合う」石井監督も驚く初不倫妻役】の続きを読む


    眉毛が変?!
    確かに老けたwwwww

    NO.8225238 2020/02/27 13:13
    大島優子、どアップ写真に賛否の声「アラフォーに見える」
    大島優子、どアップ写真に賛否の声「アラフォーに見える」
    元AKB48で女優の大島優子(31)が24日、自身のインスタグラムを更新。

    どアップショットを披露し、話題となっている。

    大島はこの日、「新しいおしごとのためのカラコン」とつづり、黒目が大きくなるカラーコンタクトを入れているアップの写真を公開。

    さらに「慣れないコンタクトに四苦八苦」と初めてカラコンを付けた心境を語った。

    ハッシュタグには「#人生は経験です#視界不良です#でも花粉症カバーできます」と添えている。

    この投稿に対し、ファンからは「ドアップ優子可愛すぎてコンタクトに目がいかない」「もう可愛すぎます」「めっちゃかわいいやばい」などの絶賛コメントが寄せられている。

    その一方で、ネット上では「こんな顔だったっけ?」「アラフォーに見えるんだけど」という冷ややかな声も。

    AKB48卒業後は女優として活動しているが、最近はメディアでその姿を目にする機会が減った大島。

    久しぶりに大島の顔を見た人からは、「老けた」「劣化」という声が上がってしまったようだ。

    【日時】2020年02月27日 10:10
    【提供】デイリーニュースオンライン
    【関連掲示板】


    • SmaSurf Quick Search
    【【※閲覧注意※】大島優子、どアップ写真に賛否の声「アラフォーに見える」 wwwwwww】の続きを読む


    大島 優子(おおしま ゆうこ、1988年10月17日 - )は、日本の女優で、女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。本名同じ。栃木県出身。太田プロダクション所属。 1996年、母親の薦めでセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能活動を開始する。 2000年ごろからジュニアアイドルとして活動し、2005年にはTHE
    90キロバイト (11,772 語) - 2020年2月12日 (水) 04:05



    (出典 thetv.jp)


    ただ単なる遊学でしょwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/12(水) 21:53:09 ID:FJ8yU+Kj9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    元『AKB48』の人気者だった大島優子に“再渡米”のウワサが持ち上がっている。現在、彼女はNHK連続テレビ小説『スカーレット』に出演中。間もなく撮影が終了するが、その後、彼女は再び“留学”するというのだ。

    「テレビ小説では準主役級で登場することができたし、女優としてそこそこの地位を築いた。しばらく休んで遊んでいても、どうってことないってわけです。建て前は“米国留学”になるでしょうね」(芸能ライター)

    大島は2017年から18年まで約1年間、米国に滞在。表向きは語学とエンターテインメントを学ぶということだった。
    「大島が英語が堪能だという話はあまり聞きません。また、具体的に演技もどう学んだのかも分かっていません。先の渡米時に話題になったことといえば、恥ずかしいことに英文字で『*』の縫い込みが入った帽子をかぶり、SNSで公開して呆れられたことくらいでしたね」(同・ライター)

    一体、米国に何の勉強をしに行ったのか。

    「大島は白人男性が好みと評判。だから“男あさり”に行ったとの声もあるほど。実際、向こうで白人のカレ氏をゲット。そのカレ氏が大島を追って日本に来たことも週刊誌に暴かれています」(同)

    そのカレ氏とは、昨年に破局したことが伝えられた。テレビ小説のロケで大阪にいることが多く、面倒になった大島がフッたという話まで週刊誌に書かれている。

    「米国人に限らず、欧州の白人なども日本人の女の子が大好きなんですよ。小柄でメーク&オシャレ上手、ワザと舌足らずに話す日本人女子は『世界一かわいい』と、みんなが言います。大島はその典型じゃないですか。欧米人にとって金髪、パッチリ目、*というのは見飽きている、ということらしいのです」(週刊誌記者)

    つまり、向こうに行けば大島は超モテモテのようだ。

    「異常に白人好きの日本人ギャルがいるのも事実。胸毛や体臭に引かれるそうです。性癖みたいなものでしょう。仮に大島がそうだとしたら、米国人とはお互い利害が一致する。実際、向こうの米国人と付き合っていたわけですから」(同・記者)

    何はともあれ、もし行くのなら、しっかりと学んで帰って来てほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2191350/
    2020.02.12 21:14 週刊実話


    • SmaSurf Quick Search
    【【※唖然※】大島優子“再渡米”のウワサ…語学勉強の続きかカレ氏探しのやり直しか】の続きを読む


    大島 優子(おおしま ゆうこ、1988年10月17日 - )は、日本の女優で、女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。本名同じ。栃木県出身。太田プロダクション所属。 1996年、母親の薦めでセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能活動を開始する。 2000年ごろからジュニアアイドルとして活動し、2005年にはTHE
    87キロバイト (11,456 語) - 2020年1月16日 (木) 17:15



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    ただ単なる妄想記事wwwww

    1 Egg ★ :2020/01/14(火) 23:55:17.28 ID:mlf8NKkk9.net


    (出典 wjn.jp)


    元AKB48の大島優子(31)が、昨年春に交際を報じられていたアメリカ人の男性と破局していたことを、ニュースサイト「週刊女性PRIME」が報じた。

     もともと、大島が17年夏から1年間アメリカ留学をした際にお相手と知り合い交際に発展。

     大島の親も公認で、このまま国際結婚しそうな勢いだった。

     しかし、同サイトによると、大島が出演するNHKの朝ドラ「スカーレット」はNHK大阪放送局の制作なので、撮影のほとんどを関西で行っているため、大島は東京のマンションを引き払い今は関西に缶詰め状態。

     お相手はビザがなく、日本に長期滞在ができないため、そのうちすれ違いが生じ、昨年末に破局してしまったというのだ。

    「仕事がノリに乗っている大島は、男よりも仕事を選んだのだろう。朝ドラが終わるまでは“男断ち”の日々が続きそうだが、性欲が強いという大島だけに、いつまでガマンできるか」(テレビ局関係者)

     それ以上に危惧されることがあるというのだ。

    「大島の元彼はハーフのウエンツ瑛士で今度は米国人の彼氏。要は日本人のサイズでは満足できないのではと言われている。今後、黒人と付き合うようなら、もう日本人には戻れないだろう」(芸能記者)

     大島を満足させられるぐらいの猛者は現れるだろうか。

    2020年01月14日 21時45分
    https://wjn.jp/sp/article/detail/9661247/


    • SmaSurf Quick Search
    【【※納得※】<日本人がお相手だと満足できなかった大島優子>「今後、黒人と付き合うようなら、もう日本人には戻れないだろう」(芸能記者)】の続きを読む


    まだ、いたか⁉️wwwww

    NO.8082539 2020/01/07 15:11
    「AKB臭」消えた大島優子 地味なおばさん役に評価がうなぎのぼり
    「AKB臭」消えた大島優子 地味なおばさん役に評価がうなぎのぼり
    現在放送中のNHK連続テレビ小説「スカーレット」に出演している女優の大島優子(31)。

    同作は女性陶芸家の半生を描いたドラマで、大島はヒロインの幼なじみで窯元「丸熊陶業」を継ぎ、社長夫人となった照子を演じているが、SNS上では「ハマり役」「朝ドラで見直した」と絶賛する声が相次いでいる。

    大島といえばアイドルグループAKB48の元メンバーで、キャプテンとして黄金期を支え卒業後に女優へと転身。

    一方、AKB48卒業メンバーに対して「演技が下手そう」というネガティブな先入観を持つ人も多く、元アイドルの肩書が女優としてマイナスになってしまうこともあるだろう。

    そんななか、大島は朝ドラの演技が評価されているのだ。

    テレビ情報誌の編集者は「もはや視聴者は大島のことを『元AKB48』ではなく、女優として見ている」と話す。

    「AKB48時代は国民的アイドルと言われた全盛期の中心メンバーで、センターにも立ちましたが、女優に転身後は脇役が多かった。しかし、映画『紙の月』ではヒロインの同僚の銀行員、ドラマ『東京タラレバ娘』では、ヒロインの友人で、居酒屋で働く地味で薄幸そうなアラサー女子、さらに映画『疾風ロンド』ではコメディ..



    【日時】2020年01月07日 11:30
    【ソース】AERA dot.
    【関連掲示板】


    • SmaSurf Quick Search
    【【※絶賛※】「AKB臭」消えた大島優子 地味なおばさん役に評価がうなぎのぼり】の続きを読む

    このページのトップヘ