エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    マラソン


    神野大地MGC切符へ「爪先着地」でスピードアップ 神野大地MGC切符へ「爪先着地」でスピードアップ
    …を切り開く! 「3代目・山の神」こと神野大地(25=セルソース)が福岡国際マラソンを翌日に控えた1日、福岡市内で調整。2時間11分42秒以内で、20年…
    (出典:スポーツ総合(日刊スポーツ))


    福岡国際マラソン(ふくおかこくさいマラソン)は、福岡県福岡市中央区の平和台陸上競技場をスタート及びゴール地点とし、福岡市西南部を周回し、福岡市東区香椎を折り返し地点として42.195 kmを走破する。毎年12月第1日曜日に行なわれる。かつてランナーの間では「非公式の世界選手権大会」とみなされ世界のト
    39キロバイト (3,336 語) - 2018年11月27日 (火) 11:33



    (出典 yuutre.com)



    1 ニーニーφ ★ :2017/12/03(日) 14:25:38.37 ID:CAP_USER9.net

     20年東京五輪の男女マラソン選考大会「グランドチャンピオンシップ(GC)」の選考会を兼ねた、
    福岡国際マラソンは3日、福岡市内の平和台陸上競技場発着で行われ、
    2度目のマラソンとなった大迫傑(26=ナイキ・オレゴンプロジェクト)が2時間7分19秒で
    日本勢最高の3位に入り、GC出場権を獲得した。

     ソンドレノールスタッド・モーエン(26=ノルウェー)が2時間5分47秒で初出場初優勝を果たした。

     レースは折り返しを前に公務員ランナー・川内優輝(30=埼玉県庁)、今大会で初マラソンに挑戦する
    「3代目山の神」神野大地(24=コニカミノルタ)らが先頭集団から遅れ、佐藤悠基(31=日清食品グループ)、
    深津卓也(30=旭化成)、竹ノ内佳樹(25=NTT西日本)も30キロ手前で脱落。
    日本選手で先頭集団に残ったのは国内初マラソンの大迫のみとなった。

     4人の先頭集団から35キロ過ぎにモーエンが仕掛けて先頭に。
    大迫はスティーブン・キプロティク(28=ウガンダ)に抜かれたが3位で踏ん張り、そのままゴールのテープを切った。
    (タイムは速報値)

    ▽マラソン日本代表の選考方法 19年秋以降に開催予定の「グランドチャンピオンシップ(GC)」で男女各2人を決定。
    残る1枠は19年冬から20年春までの男女各3大会「GCファイナルチャレンジ」の記録最上位に決まる。
    今夏から19年春まで行われる「GCシリーズ」で大会の条件をクリアすることでGC出場権を得る。
    ワイルドカードとして国際陸連公認競技会で条件を満たすことでもGC進出が決定する。
    今年8月に行われた北海道マラソンで、男子の村沢明伸(26=日清食品グループ)、女子の前田穂南(21=天満屋)が
    GC出場権を獲得している。

    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/12/03/kiji/20171203s00057000188000c.html


    【【※陸上※】福岡国際マラソン 大迫傑、日本人トップの3位でGC出場権獲得 モーエン(ノルウェー)が欧州記録を更新する圧巻の走りで優勝】の続きを読む


    巨人「鈴木尚広」、コーチ抜擢の裏で泥沼裁判 DVで警察沙汰になっていた
    巨人「鈴木尚広」、コーチ抜擢の裏で泥沼裁判 DVで警察沙汰になっていた  デイリー新潮
    (出典:デイリー新潮)


    鈴木 (すずき たかひろ、1978年4月27日 - )は、日本の元プロ野球選手(外野手、内野手)。福島県相馬市出身。愛称は「タカ」。野球解説者。 代走での通算盗塁数の日本記録を保持しており、「代走のスペシャリスト」などと評された。 5歳頃から野球を始める。野球のセンスは人並だったが小学生の時か
    32キロバイト (3,659 語) - 2018年11月23日 (金) 23:15



    (出典 www.suruga-ya.jp)


    20140810 #110 鈴木尚広

    (出典 Youtube)


    この理由が本当なら志の高い人って評価になるけど、ただ単に変わった人って見られなくもない

    1 風吹けば名無し :2018/10/31(水) 16:41:37.91 ID:entg4JMb0.net

     巨人の鈴木尚広外野守備走塁コーチ(40)が、11月25日の大阪マラソン(報知新聞社など後援)で
    フルマラソンに挑むことが30日、分かった。京大iPS細胞研究所の研究活動発展、支援、
    認知度アップのため、チャリティーランナーとして、お笑い芸人・おくまん(40)と一緒に走ることになり
    「iPS細胞研究のために、というところが最大の目的です。完走目指して頑張ります」と話した。

     ノーベル医学生理学賞を受賞した京大・山中伸弥教授が研究を進め、皮膚や心臓、神経など
    さまざまな細胞を作れるiPS細胞。スポーツ界にとって、重い故障も克服できる可能性を秘めた
    歴史的技術として注目されている。


    【【※不思議※】鈴木尚広さん、大阪マラソンに挑戦「iPS細胞研究のため」などと訳の分からない事を口走り動機は不明】の続きを読む

    このページのトップヘ