エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    小島瑠璃子


    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年〈平成5年〉12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。 千葉県市原市出身。ホリプロ所属。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプ
    39キロバイト (5,209 語) - 2020年9月6日 (日) 13:07



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    あのオッサンの物ですが?

    1 湛然 ★ :2020/09/14(月) 05:21:07.67 ID:CAP_USER9.net

    小島瑠璃子の迫力バストにうっとり “こじるりフェス”で美ボディ披露
    2020.09.14 05:00
    https://mdpr.jp/news/detail/2222082
    小島瑠璃子(C)唐木貴央/週刊プレイボーイ

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)

    小島瑠璃子(C)唐木貴央/週刊プレイボーイ 

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)

    「週刊プレイボーイ」39&40号(9月14日発売)表紙:小島瑠璃子(C)唐木貴央/週刊プレイボーイ

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)



    タレントの小島瑠璃子が、雑誌「週刊プレイボーイ」39&40号(14日発売)の表紙、巻頭グラビアに登場。たわわなバストで魅了した。

    ◆小島瑠璃子、ビキニで抜群プロモーションあらわ

    今号には毎年恒例の“こじるりフェス”を収録。小島は、花柄や色鮮やかなビキニ姿で持ち前のプロモーションをあらわにした。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    (modelpress編集部)


    • SmaSurf クイック検索
    【【※閲覧注意※】# 小島瑠璃子の迫力バストにうっとり “こじるりフェス”で美ボディ披露】の続きを読む


    いや、もう無理でしょwwww

    NO.8833525 2020/09/09 08:27
    小島瑠璃子、ファンとの交流エピソード披露も厳しい声「好感度上げようと必死」
    小島瑠璃子、ファンとの交流エピソード披露も厳しい声「好感度上げようと必死」
    タレントの小島瑠璃子(26)が5日に自身のツイッターを更新した。

    小島といえば最近、大人気漫画『キングダム』の作者・原泰久(45)との交際を認めたものの、彼女のツイッターには様々なコメントが寄せられてしまい話題に。

    そんな小島がこの日「ある時カレンダーの握手会にカップルで来てくれた2人がいて、その次の年に結婚しました!って報告くれて、次の年に旦那さん一人で来て奥さん妊娠しました!って報告くれてその2年後に私の名前が由来の(!?)可愛い女の子がパパの影に隠れて照れながら会いに来てくれたの、いつ思い出しても泣ける。今年も会いに来てくれるといいな。てかコロナ禍の握手会ってどうなっていくんだろう。」などとつづり、自身のファンとの温かいエピソードを思い出しツイートした。

    この投稿にツイッター上では「めっちゃいいお話ですね…! 誰かの人生の一部分になっているようで、素敵な仕事だと思います」「とても心温まるお話です」「私も結婚しましたって言える日も近いですね」といった共感の声が多く寄せられていた。

    しかし、その一方で「自分も早く結婚報告したいって思ってそう…」「そんな可愛い子から父親を奪い 堂々と交際宣言したんでしょ?笑」「好感度上げようと必死だけど、逆効果だと思いますよ」といった厳しいコメントも。

    現在の交際相手の原氏とは、原氏の離婚後に交際がスタートしたという情報や、離婚前から親密になり略奪愛ではないか?という情報などが飛び交っている。

    今回、小島のファンとの心温まるはずのエピソードに多くの人が厳しい声を上げていた。

    【日時】2020年09月09日 06:00
    【提供】デイリーニュースオンライン


    • SmaSurf クイック検索
    【【※轟轟※】# 小島瑠璃子、ファンとの交流エピソード披露も厳しい声「好感度上げようと必死」】の続きを読む


    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。 千葉県市原市出身。ホリプロ所属。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプロの大先輩・
    39キロバイト (5,206 語) - 2020年8月13日 (木) 12:44



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    そりゃあ、奪略でしょ?wwwwww

    1 ひかり ★ :2020/08/24(月) 12:37:49.75 ID:CAP_USER9.net

    「あの大ヒット漫画の原作者である45歳の“大先生”が、19歳下で26歳の女性タレントと人目を気にせずイチャイチャしている姿には驚きました。お相手が“あざといキャラ”と言われる“こじるり”だったので、きっと先生が“オトされたんだろう”と漫画ファンだけでなく、ネットでも大騒ぎになっています」(ワイドショースタッフ)

     8月3日発売の『週刊ポスト』が報じた、大人気漫画『キングダム』の“生みの親”原泰久氏と小島瑠璃子の熱愛スクープ。原氏が住む福岡の街中で腕を絡ませながら密着するお泊まりデートを楽しんでいたふたり。8日には小島がラジオ番組で、ノロケながらも交際を認める熱愛宣言をしてみせた。しかし─。

    「原先生には奥さんと3人の子どもがいます。『キングダム』単行本の“あとがき”でも、奥さんの出産に立ち会ったり、お子さんの成長を喜んだり、何度も家族のエピソードを書いていた*。人気漫画家で忙しいんだろうけど、きっといい夫で、いいパパなんだろうと思っていました」(出版業界関係者)

     ただ、前述の記事には《今は原さんは独身で、最近になって小島さんがアタックして、交際に発展した》という関係者の声が載っている。離婚時期や理由は、いっさい書かれていないのだが……。

    「だから、若くてカワイイ女性芸能人を前にして、いとも簡単に大事な家族を見捨てたのでは、なんていう声もあります」(前出・スタッフ)

     人気漫画『キングダム』は、累計発行部数が6600万部を突破。'11年にアニメ化、昨年には実写映画化され、興行収入57億円を超える大ヒットを記録した。

    「コミックの印税だけでも、単純計算で35億円以上。関連収入を加えれば、これまでの収入は50億円を超えるでしょう」(前出・出版業界関係者)

     そんな原氏は、27歳で脱サラして漫画家に。'16年放送の『情熱大陸』に登場した際、彼を長年支えていた妻は、こう語っていた。

    「サラリーマンでも十分だったんですけど、やりたいことをするっていうのはいいなと。長い付き合いなので信じるしかないっていうか……」

     そんな幸せな家庭に“熱烈ファン”として割り込んできたのが小島だった。

     '19年1月放送の『世界ふしぎ発見!』(TBS系)で、小島は念願の初対面を果たす。原氏の仕事場を訪れ、感動の涙を流す場面も。

    「この共演をした場面では、原先生は左手薬指に結婚指輪をしていました。

     2年ほど前に福岡県の久留米市に大豪邸を建てており、奥さんと3人の子どもたちは今もそこに住んでいるようです。一方、現在の原先生は福岡市内のマンションに引っ越しています」(前出・出版業界関係者)

     小島が浮かれる熱愛は、原氏の元妻からの“略奪”だったのか。

     真相を確かめるべく、原氏の実家・佐賀県に住む母親に話を聞いた。

    「私も(交際報道に)ビックリしています。(小島を)特に紹介されてもないし、お会いしたこともないので」

    ─不倫からの離婚と、小島による略奪愛ではない?

    「それは違うとハッキリしています。離婚の相談は、息子からありましたから。息子が連れてくるので、孫とはちょくちょく会っています」

     原氏の実兄が母親の話を引き取り、こう続ける。

    「弟が離婚したのは昨年の冬です。慰謝料と養育費は、ちゃんと払っています。小島さんとは離婚した後の話であり、離婚とは全然関係ないと、弟から聞いています」

     最後に、久留米市に住む別れた元妻からも話を聞いた。

    「私は一般人なので、何もお答えすることはありません」

     小島の所属事務所は週刊女性に「プライベートなことは本人に任せております」とのこと。

     こじるりのキャラが純愛を“こじらせた”のかも?

    週刊女性

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200824-00018663-jprime-ent


    • SmaSurf クイック検索
    【【※唖然※】# 小島瑠璃子、略奪愛疑惑を『キングダム』作者の実母が否定! 一方元妻が語ったことは】の続きを読む


    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。 千葉県市原市出身。ホリプロ所属。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプロの大先輩・
    39キロバイト (5,206 語) - 2020年8月13日 (木) 12:44



    (出典 news.mynavi.jp)


    やっぱりアホなんか?wwwwww

    1 少考さん ★ :2020/08/13(木) 16:53:12.56 ID:CAP_USER9.net

    こじるりがテストの最低点を明* 答えは衝撃の… | 東スポweb
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2068719/

    2020年08月13日 16時15分

    タレントの小島瑠璃子が13日、ツイッターで自身がテストで取った最低点を告白した。

    これは、現在ツイッターでちょっとしたトレンドになっている「これを見た人はテストの最低点を晒す」というタグがついて投稿をリツイートしたもので、小島の答えは「0点」だった。

    小島は千葉県屈指の進学校出身で勉強ができないはずはないのだが、これを見たフォロワーは「こじるりさえ0点なら,、私が0点しか取れなくても仕方ない」や「数学で2点」などと自身の最低点をさらして盛り上がっている。

    twitter (2020/8/13 11:34)
    https://twitter.com/ruriko_kojima/status/1293737569960656896
    (deleted an unsolicited ad)


    • SmaSurf クイック検索
    【【※唖然※】こじるりがテストの最低点を明かす 答えは衝撃の… #小島瑠璃子】の続きを読む


    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。 千葉県市原市出身。ホリプロ所属。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプロの大先輩・
    38キロバイト (5,033 語) - 2020年6月22日 (月) 06:36



    (出典 ekr.chosunonline.com)


    略奪愛?!

    1 muffin ★ :2020/08/05(水) 16:38:50.72 ID:CAP_USER9.net

    https://friday.kodansha.co.jp/article/126925
    2020年08月05日

    8月3日発売の「週刊ポスト」がタレント小島瑠璃子と大人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏との”福岡手つなぎデート”を報じた。

    小島は7月下旬に原氏の住む福岡を訪れ、市内で買い物や映画鑑賞、さらには縁結びの神社を参拝。たっぷりと二人の時間を過ごし、原氏のマンションに2連泊したという。

    出会いのきっかけは‘19年1月、テレビ番組での小島と原氏との対談だった。小島は原氏の大ファンで「ずっとお会いしたかったです。ダメだ。涙腺ポイントが多すぎる」と原氏の仕事場で原画などを見て涙していた。

    原氏は小島より19歳上の45歳。しかし7月下旬といえばコロナ禍で過去最多感染者数を日々更新していき、非常に日本中が危機感を持っていた時期と重なる。

    福岡でも感染者数が100人は超えていた。小島のツイッターの返信欄や、週刊ポストの記事に関するヤフーニュースのコメント欄には、
    《本当に福岡来ないで。小島さんからのコロナ発生だったら許せません。》
    《離婚ホヤホヤでこんな風に撮られたの?》

    と、コロナ禍での福岡旅行や離婚したての有名漫画家との交際に“釈然としない”人たちからの厳しい声が殺到している。

    「小島さんは7月21日にコロナに感染した横浜流星さん対して《無事でいてください》とツイッターでつぶやいていた。その後に最多感染者数が記録されていた東京から福岡へ移動し、市中デートをしていたことになる。

    石田純一さんや山田孝之さんらが沖縄に出かけ、あれだけ世間からバッシングされたのに全く同じことをしてしまった…と冷たい目を向けられるのも仕方ないかもしれません。ソーシャルディスタンスなどお構いなしにべったりと腕組みしたり、手を恋人つなぎにしていたのは、“恋は盲目”ということですかね」(芸能リポーター)

    原氏には妻と子供が3人いたが離婚し、小島との交際に至ったようだ。原氏は昨年4月にある地元サイトに「100の質問」というインタビュー記事が掲載された。その記事によれば、

    Q. 親の役目はなんだと思います?
    「働いている姿を見せること、だと思うなぁ。」
    Q. 子どもの教育方針とか、ありますか?
    「いつも明るく過ごせる子になって欲しい。ポジティブにね。」
    Q. 奥様の手料理で好きなメニューは?
    「ドライカレー。あ、いや、スパゲッティも捨てがたい…」

    と非常に家族円満な雰囲気を醸し出していた。中略

    「双方の事務所が何もコメントしていないので、交際時期や離婚時期ははっきりとは分かりませんが、どうやら離婚後そこまで時間が経過せずに交際に至ったようですね。小島さんは以前、筋トレする男性を“使えない筋肉は意味が分からない”と言ったり、“男は顔”とイケメン好きを公言していました。いまは“才能”や“経済力”に惹かれているのかもしれませんね」(スポーツ紙記者)

    全文はソースをご覧ください


    • SmaSurf クイック検索
    【【※騒然※】#小島瑠璃子 「19歳年上」人気漫画家との熱愛が釈然としないワケ「離婚ホヤホヤでこんな風に撮られたの?」】の続きを読む

    このページのトップヘ