エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    乙武洋匡


    乙武 洋匡(おとたけ ひろただ、1976年4月6日 - )は、日本の作家、タレント、元NPO法人グリーンバード新宿代表、元東京都教育委員、元教職員である。東京都出身。身長107cm、体重38kg。 東京都新宿区出身。先天性四肢欠損(生まれつき両腕と両脚がない)という障害があり、移動の際には電動車椅
    17キロバイト (2,268 語) - 2020年2月23日 (日) 02:27



    (出典 agora-web.jp)


    サイゾーも神田うのも、最低なのは一緒wwwww

    1 アブナイおっさん ★ :2020/02/29(土) 12:44:17 ID:XIJW9ox29.net

    ・乙武 洋匡 @h_ototake

    朝から胸くそが悪くなる劣悪な記事。
    そもそも批判など殺到していないし、こういう記事が出回ることで国民が自粛から
    “萎縮”モードに陥れば、いよいよ経済は*。いわば日刊サイゾーは「国賊」と呼んでも差し支えないと思う。
    無神経だと批判が殺到すべきは神田うのさんではなく、日刊サイゾーだ。

    https://twitter.com/h_ototake/status/1233553032425754624
    日刊サイゾーの記事のキャプチャ画像
    https://pbs.twimg.com/media/ER518LBWkAE-Ze1?format=jpg&name=900x900

    ・星 直人

    おっしゃる通りです
    我々の観光業はまさに落ち込んでいます
    観光業の回復は早いと言われますが、いつまで続くかわかりません
    これからまさに旅行の醍醐味の花見で季節を楽しむ時期です。このまま続けば各業界に連鎖します。
    メディアは批判ではなく活力を見出して欲しいです。

    ・学習塾芸人@リプ返信します/笑われたっていいじゃない。

    確かに。。
    メディアの一言で情報が拡散される。。
    すぐ誰かを叩いて、悪を作り上げるのではなく、本当の悪は誰なのかを考えられるメディアであってほしい。

    ・潜龍→見龍

    この手のやり方でお金を稼ぐことに終焉が訪れることを祈ります。
    一次情報で十分です。相手の思う壺になるので、クリックは避けました。
    乙さん、ありがとうございます目が笑っている笑顔

    ・Yuta Onuki
    この様な方法で販売数、読者、アクセス数を増やそうとする、マスコミの方がよっぽど不謹慎ですけどね。

    ・ゆるお。カナダ国旗大学生翻訳者

    スキーをするとたたかれるんですねww
    きっと記事を書いてる人の人生が苦しくて物事が曲がって見えるんじゃないんですかね。

    ・NCTTR
    これは酷い・・・
    神田うのさん、気の毒過ぎます。

    https://twitter.com/h_ototake/status/1233553032425754624
    (deleted an unsolicited ad)


    • SmaSurf Quick Search
    【【※唖然※】乙武洋匡「日刊サイゾーは国賊」「無神経だと批判が殺到すべきは神田うのさんではなく日刊サイゾーだ」】の続きを読む


    乙武 洋匡(おとたけ ひろただ、1976年4月6日 - )は、日本の文筆家、タレント、元NPO法人グリーンバード新宿代表、元東京都教育委員、元教職員、元スポーツライターである。東京都出身。身長107cm、体重38kg。 東京都新宿区出身。先天性四肢切断(生まれつき両腕と両脚がない)という障害があり
    17キロバイト (2,240 語) - 2019年5月29日 (水) 16:28



    (出典 anohito-genzai.com)


    今更こうする意味あんの?

    1 アンドロメダ ★ :2019/09/15(日) 17:31:44.56 ID:/tjIfrKy9.net

    「乙武義足プロジェクト」が進行している。
    膝がない、腕がない、歩いた経験がない――乙武洋匡氏はそんな身体の「三重苦」と闘いながら、歩行練習に励んでいる。

    義手が完成すると、乙武氏はその400グラムの重さに思った以上に苦しんだ。
    「みぞおちで歩く」というアドバイスと気合でそのハードルを越えたが、そこにはまた新しいハードルが待ち受けていた――。
    乙武氏がリポートする。

    ▽350グラムずつ軽くなった!

    6月25日。
    義足の軽量化が本格化した。

    第一弾は太ももを包み込むソケット部分だった。
    沖野氏がスーツケースに入れて運び込んだ新しいソケットにはさまざまな修正が施されていた。

    太ももがひと回り大きくなったのに合わせてソケットの形が調整された。
    さらには足の付け根の骨があたる部分の修正も行った。

    そして素材がプラスチックからカーボンに変わったことで、片足につき、およそ350グラム軽くなったのがいちばんの変化だ。
    また、膝と足先をつなぐスチール製パイプのアライメント(位置関係)が調整され、パイプの位置が5ミリ前方に改められた。
    このほうが体重を乗せやすいだろうという沖野氏の判断だった。

    「変化、感じますか」

    沖野氏にそう言われ、新しい義足で立ってみる。
    ソケットはいままでよりもキツい気がしたが、慣れてくれば足の動きがより伝わるだろうと思えた。

    アライメントの調整についても、体重を乗せる位置がピタッと決まる感じがした。
    ただ、重量の変化は足先のほうが感じやすいようで、ソケットの軽量化はあまり感じられなかった。

    7月2日。

    この日は足首から下の「足部」と呼ばれる部分の軽量化が行われた。
    これまで私は今仙技術研究所の「J-Foot」というタイプを使っていたそうなのだが、沖野氏はその軽量版である「J-Footライト」とオットーボック社(ドイツ)の「トライアス」を用意してくれた。

    ソケットと違い、やはり足先の重量は敏感に感じとれるようで、どちらも従来の「J-Foot」に比べると、かなり軽く感じた。
    だが、ドイツ製はかなりしなやかな作りで、これまで日本製の硬さに慣れていた私にとっては、踏み込んだときの沼に沈んでいくような感覚が苦手で、結局これまでの軽量版である「J-Footライト」を選択した。 

    片足550グラムから500グラムへ。
    わずか50グラム軽くなっただけだが、太もも部分を包むソケットが350グラムより減ったときよりも、足先が50グラム減るほうが、ぐっと歩きやすくなることを実感した。

    だが、このころの私はひそかにストレスを溜め込んでいた。
    義手をつけてバランスを崩し、翌週になんとか感覚を取り戻し、その翌週にソケットが交換され、また感覚の違いに戸惑うことになり、その翌週に今度は足部が交換され――といったように、毎週のように新しいことが試されていた。

    わずか400グラムの義手がついただけでバランスを失ってしまうほど、微妙な感覚のズレは致命的になる。
    毎回新しいことを試しては、身体をそれに対応させていく。
    これは言葉で表すよりも、かなりの負担を強いられる作業だった。

    ▽続きは下記のソースでご覧ください

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190915-00067137-gendaibiz-life

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190915-00067137-gendaibiz-life.view-000
    https://rdsig.yahoo.co.jp/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTkwOTE1LTAwMDY3MTM3LWdlbmRhaWJpei1saWZlLnZpZXctMDAx;_ylt=A2RhPbAb9n1dNx0ACzQoPv17


    • SmaSurf Quick Search
    【【※画像あり※】乙武洋匡さん、大地に立つ 遂に手足が生える】の続きを読む


    乙武洋匡が『AbemaPrime』でMC初挑戦!“障害者と笑い”を討論|TVLIFE web - テレビがもっと楽しくなる! - TV LIFE
    AbemaTVでニュース番組『AbemaPrime』が4月5日に生放送された。
    (出典:TV LIFE)


    乙武 洋匡(おとたけ ひろただ、1976年4月6日 - )は、日本の文筆家、タレント、元NPO法人グリーンバード新宿代表、元東京都教育委員、元教職員、元スポーツライターである。東京都出身。身長107cm、体重38kg。 東京都新宿区出身。先天性四肢切断(生まれつき両腕と両脚がない)という障害があり
    16キロバイト (2,111 語) - 2019年4月7日 (日) 13:44



    (出典 d2l930y2yx77uc.cloudfront.net)


    この人なんで、こんなにモテるんだ?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/09(火) 08:01:43.27 ID:diiMEWVr9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    4月3日の昼下がり。都内有数の桜の名所、新宿御苑は花見客でにぎわっていた。
    乙武洋匡氏(43)がインスタグラムに《やっとお花見来れた》と投稿したとき、傍らには一人の女性の姿があった。

    黄色のスプリングコートを着こなし、スラリとした長身が、遠目にも引き立つ。
    電動車椅子の乙武氏をさりげなく気遣いながら、親しげに寄り添う女性は、フィギュアスケートの女王・ザギトワ似のハーフ美女。

    「彼女は、23歳の女子大生、A子さんです。日本人の父とチェコ人の母を持つハーフで、日本語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、チェコ語の6カ国語が堪能。

    5年ほど前に、子供たちに世界の異文化や多様性を伝えるべく、団体を立ち上げています。
    現役女子大生ながら、現在は会社代表を務めるなど、学業と事業の両立に邁進しています」(2人を知る関係者)

    花見の後、2人はカフェに立ち寄った。乙武氏を外に待たせ、A子さんは店内へ。

    「レジが込み合っていたのか、彼女がなかなか出てこなくて。乙武さんは、車椅子で店の前をぐるぐる回り、焦れているようでした。

    ようやく店から出てきた彼女が手にしていたのは1杯のコーヒー。乙武さんに駆け寄って、ストローを彼の口に添えている様子はとても微笑ましかったです」(居合わせた客)

    乙武氏主宰の勉強会で、出会った2人。交際が発覚したのは、2018年3月。約1年、順調に愛を育んでいたのだ。

    「都内で、A子さんと連れ立って外食する姿が、しょっちゅう目撃されています。
    今年に入ってからの目撃談によれば、『まるで長年連れ添った夫婦のように、落ちついた雰囲気で食事をしていた』そうです」(芸能関係者、以下同)

    交際当初から2人は同居している。A子さんの「尽くし愛」に支えられ、活動の幅を広げる乙武氏。
    4月5日からは、レギュラー出演していたニュース番組『AbemaPrime』(AbemaTV)の金曜MCに就任している。

    「2016年に5人との不倫が報じられ離婚し、しばらく表舞台から遠ざかっていただけに、乙武さんにとって、今回の番組MCは重要な大役。
    花見デートは、就任直前の、つかの間の息抜きだったのでしょう」(同前)

    A子さんは「私もいろんな面で、乙武さんに支えられている」と周囲に話しているという。20歳差の2人。
    支え合う愛の物語である。

    (週刊FLASH 2019年4月23日号)

    http://news.livedoor.com/article/detail/16287461/
    2019年4月8日 21時0分 Smart FLASH


    【【※画像あり※】乙武洋匡さん(43)、6カ国語ペラペラのハーフ美女(23)と花見デート】の続きを読む


    乙武洋匡、萩原健一の逮捕過去に言及も、ダウンタウン松本人志が全否定! 強い味方失い、危うい立場に!? (2019年4月4日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    作家でタレントの乙武洋匡が3月31日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に登場。同26日に亡くなった俳優・萩原健一のメディア上での扱いに異を唱えたツイートが、 ...
    (出典:エキサイトニュース)


    乙武 洋匡(おとたけ ひろただ、1976年4月6日 - )は、日本の文筆家、タレント、元NPO法人グリーンバード新宿代表、元東京都教育委員、元教職員、元スポーツライターである。東京都出身。身長107cm、体重38kg。 東京都新宿区出身。先天性四肢切断(生まれつき両腕と両脚がない)という障害があり
    16キロバイト (2,111 語) - 2019年4月4日 (木) 11:23



    (出典 barrier-free-jp.com)


    なんか言い訳感満載wwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/07(日) 11:26:49.91 ID:b5egCca49.net

    作家の乙武洋匡氏(43)が7日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。俳優で歌手の萩原健一さん(享年68)の訃報に際してのマスコミ報道に、「素朴な疑問」とツイートしたことへの真意を説明した。

    乙武氏は3月29日に更新した自身のツイッターで「マスコミのみなさんにお聞きしたいのですけど、4度逮捕された萩原健一さん、3度逮捕された内田裕也さんは“カリスマ”と持ち上げ、新井浩文さん、
    ピエール瀧さんは徹底的に糾弾し、『復帰は許さない』とするのは何故なんでしょう」と、その扱いの違いを指摘し「素朴な疑問です」と続けた。

    乙武氏は自身の投稿が“新井、瀧両被告を叩くべきではない”という主張にとらえられてしまったとして「私の文章力の問題だった」と説明。
    「何かをしたら叩かれても仕方がない」ことを前提としつつ「それで、2度とチャンスが訪れない、完全に扉を閉ざす社会でいいのかという疑問だった。
    罪を償い、処置をした後にはチャンスは与えられるべきなんじゃないのかというのが個人の思い」と、あらためて主張した。

    前週3月31日の同番組内で、乙武氏のこの投稿について取り上げた際、「ダウンタウン」の松本人志(55)は「それは…。
    それは当時はめちゃくちゃ叩かれたから。当時は今以上ですよね。それこそレポーターが家まで行って…」と首をかしげていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16279352/
    2019年4月7日 11時8分 スポニチアネックス


    【【※激白※】乙武氏「扉を閉ざす社会でいいのか…」マスコミへの「素朴な疑問」投稿の真意語る】の続きを読む


    乙武洋匡が初の番組MC「AbemaTVさん、ずいぶん強心臓」 - Entameplex-エンタメプレックス-
    オトナの事情をスルーする”AbemaTVのニュース番組『AbemaPrime(アベマプライム)』は、4月1日(月)夜9時の放送回より、番組出演者を大幅にリニューアルし、新たな ...
    (出典:Entameplex-エンタメプレックス-)


    乙武 洋匡(おとたけ ひろただ、1976年4月6日 - )は、日本の文筆家、タレント、元NPO法人グリーンバード新宿代表、元東京都教育委員、元教職員、元スポーツライターである。東京都出身。身長107cm、体重38kg。 東京都新宿区出身。先天性四肢切断(生まれつき両腕と両脚がない)という障害があり
    16キロバイト (2,108 語) - 2019年2月21日 (木) 10:33



    (出典 eiga.k-img.com)


    下心見え見えって、やつねwwwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/02(火) 18:09:51.42 ID:UZvd9+rw9.net

    3月31日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、同番組にコメンテーターとしてたびたび出演する乙武洋匡の〝イキリ無知〟発言に対し、「松本人志がついに乙武を見捨てたwww」と話題になっている。

    この日の放送では、先日68歳で亡くなった俳優・萩原健一さんの訃報に、1974年に放送されたテレビドラマ『傷だらけの天使』(日本テレビ系)の大ファンだという松本も悲しそうに故人を偲んだ。
    そして話題は、荻原さんが交通事故や暴行など四度に上る逮捕歴が、芸能活動において致命的だったのではないかということに。

    ここで松本は、「何か乙武さんがツイートしてたね」と不満そうに切り出し、乙武が今回の訃報を受け、自身のツイッターに、

    《マスコミのみなさんにお聞きしたいのですけど、四度逮捕された萩原健一さん、三度逮捕された内田裕也さんは〝カリスマ〟と持ち上げ、新井浩文さん、
    ピエール瀧さんは徹底的に糾弾し、『復帰は許さない』とするのは何故なんでしょう。素朴な疑問です》

    と投稿したことを持ち出した。松本はこれに「いやそれは…」と苦笑いを浮かべ、「当時めちゃくちゃたたかれてたから」と、乙武の無知ブリを指摘して一刀両断。
    また、芸能リポーターの長谷川まさ子も「(不祥事を起こした芸能人の)家まで夜中でも行くような時代だったので…」と、当時のマスコミの激しいバッシングを振り返った。

    自身の復帰願望がにじみ出ている
    乙武といえば、『ワイドナショー』に数多く出演し、松本とも関係が良好に思えた。そんな中での、突然の松本の批判に、ネット上では、

    《とうとう松本にも見捨てられたか》
    《松本にすら相手にされない乙武のバカ発言w》
    《単に乙武が当時のことを知らなかっただけなのに、よく偉そうなツイートできたよね?》
    《『素朴な疑問です』とか、イキリオタクがいかにも使いそうなフレーズ笑うw》
    《これで乙武は松本の共演NGリストに載ったかも知れんね》

    など、2人の仲が亀裂したと推測する声が多く上がった。

    「乙武は以前、自民党から出馬の話を持ち掛けられ、まんまと出馬宣言したものの、自身の不倫が発覚し白紙に戻された過去があるといいます。
    そもそもこのツイートは、不祥事を起こした自分が芸能界に本格復帰する正当性をアピールしているだけだと指摘されていますね。
    しかし、その重要な足掛かりとなる松本からハシゴを外されては、絶望的な状態。松本が自ら芸能人のツイートを話題に持ってくるのは珍しいので、相当怒っていると思いますよ」(芸能ライター)

    乙武には、『ワイドナショー』でツイートを支持してもらえるという考えがあったのかもしれないが、少し甘かったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1756698/
    2019.04.02 17:30 まいじつ


    【【※愕然※】松本人志も見捨てた!? 乙武洋匡“イキリ無知”発言で復帰絶望か】の続きを読む

    このページのトップヘ