エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    大谷翔平


    大谷翔平がMLB動画広告に登場!メッツ右腕に「ない、ない」日本語でツッコミ - サンケイスポーツ
    米大リーグ、エンゼルスの大谷が27日、昨季のタイトル獲得者らスター選手が出演したMLBの動画広告に登場した。 チームメートのトラウト、ヤンキースのスタントンと…
    (出典:サンケイスポーツ)


    の選手だった父とバドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の末っ子として生まれる。「翔平」という名前は、父が奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め全国大会に出場。
    134キロバイト (19,164 語) - 2019年3月24日 (日) 16:39



    (出典 i.daily.jp)


    匂わせオンナは敵多いからなwwwww

    1 メアリー ★ :2019/03/28(木) 10:30:46.81 ID:7xCYlPR19.net

    https://wezz-y.com/archives/64624
    WEZZY
    2019.03.27

     いよいよ「平成」が終わろうとしている。この時代を代表したスターの名は多々挙がるが、次世代にかけて活躍が期待されている若手といえば、米大リーグ・エンゼルス所属の大谷翔平だろう。

     3月24日放送の『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)3時間スペシャルでは、「大谷翔平」特集が放送された。ゲストたちが今シーズンの成績予想や、代名詞でもある「二刀流」について語り合われたほか、アリゾナでキャンプ中の大谷翔平への直撃取材が行われた。

     3時間の特番だったこの日の放送では、「あの人に感謝」と題し、ゲストのアスリートたちによる現役時代のエピソードトークも繰り広げられた。スタジオには、元マラソン選手の有森裕子や元フィギュアスケーターの村上佳菜子、元なでしこジャパンの丸山桂里奈らが集結したが、とりわけ視聴者の注目が集まっていたのはロンドン五輪で銅メダルを獲得した元女子バレーボール日本代表の狩野舞子だった。

     なぜなら、狩野舞子は昨年から大谷翔平との交際疑惑がまことしやかに囁かれており、大谷と狩野の“共演”に一部のファンが敏感に反応していたのだ。

    狩野舞子はSNSで交際を“匂わせ”たか?

     噂は昨年5月、狩野舞子がインスタにアップした写真に端を発する。狩野が身に着けていたブレスレットが、大谷翔平が練習中に身に着けているブレスレットと同じティファニーのものであることが指摘されたことがはじまりだ。

     さらに昨年7月、狩野は自身の誕生日に米サンタモニカを訪れた写真をインスタに載せた。しかし、狩野がこの同日にドジャー・スタジアムで行われていたエンゼルスの試合を観戦していたことが、同行したと見られる友人のSNSにアップされた写真から発覚。

     これらをきっかけに大谷と狩野には交際説が浮上する。そればかりか、狩野が大谷との交際をSNSで“匂わせ”ているとしてバッシングの対象となり、ネットを中心に騒動が広まっていった。

     大谷が将来を有望されるスター選手ゆえか、噂はあれよあれよと大きくなっていき、ついには「結婚予想」にまで発展。昨年12月の「女性セブン」(小学館)は、狩野が里田まいや押切もえをはじめ野球選手の妻に取得者の多い「アスリートフードマイスター」の資格を取って“嫁支度”に抜かりなく、さらに狩野の父親が2人の仲について周囲に“意味深発言”をしていると伝え、ますますヒートアップしていった。

     他方で、大谷本人は結婚話をキッパリと否定している。

     昨年11月、大谷は今期ア・リーグの新人王を獲得し、日本選手では2001年のイチロー以来、17年ぶり4度目の快挙となったことは記憶に新しい。11月22日には米ロサンゼルスから凱旋帰国し、日本記者クラブで会見に臨んだが、ある記者は「結婚のご予定は?」との見当違いな質問を投げかけた。大谷は「全くもって(結婚の予定は)ない」と苦笑。なおも記者は「何歳くらいまでにご結婚されたいとか、ご自分のなかでありますか?」と食い下がったが、大谷は「特にないですね」と一蹴した。

    そもそも、極めてパーソナルな情報である「結婚の予定」を無神経に問い質すことは、いくら大谷が有名なアスリートとはいえ、失礼かつ配慮に欠けた行いなのだが……。

     もちろん、大谷と狩野の交際疑惑は本人たちの口から語られたわけでもなければ、決定的なツーショットを押さえられたわけでもない。よくよく考えれば、ネットの憶測に端を発する根拠のないものではないか。不確かな噂で交際の“匂わせ”を疑われ、同じスポーツ番組に出演しただけでバッシングを受ける狩野舞子にとっては、災難でしかないだろう。


    【【※騒然※】大谷翔平とSNS匂わせから「結婚報道」まで出た狩野舞子、番組“共演”でザワつき】の続きを読む


    大谷翔平は「3冠王カブレラ+ワイドレシーバー」? 新監督は才能に惚れ惚れ - Full-Count
    エンゼルスの新監督に就任したブラッド・オースマス氏が大谷翔平投手の打撃とスピードを大絶賛している。ラスベガスで行われ、13日(日本時間14日)に閉幕したウインター ...
    (出典:Full-Count)


    大谷 (おおたに しょうへい、1994年7月5日 - )は、岩手県奥州市出身のプロ野球選手(投手、外野手)。右投左打。MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属。マネージメント契約はホリプロ(2016年12月 - )。 投手と打者を本格的に両立する二刀流であり、2014年にはNPB史上初となる「2桁
    133キロバイト (18,006 語) - 2018年12月13日 (木) 02:29



    (出典 marog01.com)


    なんじゃ、こりゃ⁉️
    パン争いって!翔平にはストイックに頑張ってもらいたいもんだ

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/16(日) 08:34:12.26 ID:CAP_USER9.net

    米大リーグ、ア・リーグ新人王に輝いたロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が、人気女子アナの取材を断ったという話がまことしやかに囁かれている。
    それが驚くことに「大谷に最も近い女子アナ」といわれるフジテレビの久慈暁子アナだというのだ。

    大谷と久慈アナの関係は、同郷にして知人。
    共通の友人までいる間柄だ。

    「今オフ、大谷のロングインタビューや特番出演を要請できるのはフジテレビだけといわれていました。もちろん取材や司会は久慈アナ。久慈アナなので大谷も断らないと考えられていた。
    でも、逆に大谷は久慈アナだから断ったというのです」(フジテレビ関係者)

    大谷の女子アナの取材は原則NGだ。渡米前、取材を口実に寄ってくる女子アナが無数にいたので、当時の北海道日本ハムファイターズ栗山英樹監督が「悪い虫(女子アナ)が寄ってきて困る」と取材規制。
    大谷も女子アナ取材を嫌がったといわれる。

    「最大の理由は、“カトパン”こと加藤綾子が私情丸出しで単独インタビューしたことだとされます。
    カトパンは目をハートにして恋愛話に持ち込んだため、そばにいた広報が止めたほどです」(スポーツ紙記者)

    しかし、久慈アナに限っては拒否することはないと考えられていた。

    「大谷は現在、芸能プロに所属していますが、久慈アナの取材を受けてしまうと、何かと2人の関係を誇張されるのを嫌がったようですね」(同・記者)

    ではフジテレビの単独取材はなくなったのか。ここに意外な話が浮上した。

    大谷争奪戦は続く…

    「久慈アナに代わって“ミタパン”こと三田友梨佳アナが浮上。青学大時代に公式野球部のマネジャーだった彼女は、専門知識が野球記者並み。
    ミタパンも大谷のファンらしく、一番手に名前が挙がっています。インタビュアーの本命です」(前出のフジテレビ関係者)

    しかし、意外な対抗馬も浮上。ナント、問題の根源であるカトパンだという。

    「カトパンは、前回の失態の汚名をそそぎたい。恋愛感情を抜きに大谷に正攻法で取材し、キャスターの格を上げたいようです。
    局としても大谷&カトパンなら、話題性もすごい。完全にミタパンと一騎打ちです」(同・関係者)

    “パン系”の争いの中、クジパンは脱落したようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1612545/
    2018.12.16 07:31 まいじつ


    (出典 netacube.com)


    (出典 stat.ameba.jp)


    (出典 ripples-of-caret.com)


    (出典 www.gc-inside.com)


    (出典 netacube.com)


    (出典 i2.wp.com)


    【【※朗報※】大谷翔平「お嫁さん最有力候補」久慈暁子アナの取材を断る】の続きを読む


    堂々の新人王受賞を果たした大谷翔平にたった1人だけ票を投じなかった記者の存在
    堂々の新人王受賞を果たした大谷翔平にたった1人だけ票を投じなかった記者の存在  Yahoo!ニュース 個人
    (出典:Yahoo!ニュース 個人)


    大谷 (おおたに しょうへい、1994年7月5日 - )は、岩手県奥州市出身のプロ野球選手(投手、外野手)。右投左打。MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属。マネージメント契約はホリプロ(2016年12月 - )。 投手と打者を本格的に両立する二刀流であり、2014年にはNPB史上初となる「2桁
    132キロバイト (17,850 語) - 2018年11月13日 (火) 02:30



    (出典 www.nikkansports.com)


    さすが‼️やったね‼️新人王おめ

    1 ばーど ★ :2018/11/13(火) 12:16:29.30 ID:CAP_USER9.net

    エンゼルスの大谷翔平選手(24)が12日(日本時間13日)、米国で最も権威のある全米野球記者協会による新人王に選出された。投打二刀流の選手では史上初の受賞。日本人選手では95年野茂英雄投手(ドジャース)、00年佐々木主浩投手(マリナーズ)、01年イチロー外野手(マリナーズ)に次いで、17年ぶり4人目の快挙となった。

     メジャーでも前代未聞だ。打者として22本塁打、投手として10試合に登板して4勝(2敗)をマークした大谷が、1947年に始まった米国で最も権威がある全米野球記者協会選出の新人王に輝いた。

     大谷はベースボール・アメリカ紙、ベースボール・ダイジェスト誌、USAトゥデー紙でも新人王に選ばれたが、スポーティングニューズ紙だけは27本塁打、92打点をマークしたヤンキースでのM・アンドゥハー内野手(23)を選出していた。

     各フランチャイズ2人ずつ計30人の記者投票中、1位票を25票獲得。5票しかなかったアンドゥハーを圧倒。合計ポイントでも137票を獲得。アンドゥハーの89ポイントを大きく引き離し、日本人4人目の快挙を成し遂げた。


     マイナー契約の招待選手として参加したオープン戦は、2試合に登板も2回2/3で9失点。打っても32打数4安打で長打は0、打点もわずか1と振るわなかった。それでも、エンゼルスは素質を高く評価。3月28日にメジャー契約を結んだ。

     ステップせず、すり足にしたフォームで迎えた開幕のアスレチックス戦。初打席初安打を右前に運んだ。初登板となった4月1日の同じカードでは6回を3安打3失点にまとめ、初勝利をマークした。

     本拠開幕戦の4月3日インディアンス戦からは驚異の3試合連続ホームラン。8日のアスレチックス戦では7回を投げ、1安打12奪三振で2勝目を挙げて一気に全米の注目を集めた。

     4月2日から8日までの週間MVPを受賞すると、4月の月間最優秀新人にも選出された。しかし、6月6日ロイヤルズ戦で右肘を痛め、8日から故障者リスト入り。PRP注射の治療を受けて登板を回避していたが、7月3日以降はDHや代打として復帰した。9月には再び3試合連続本塁打を放つなど、2度目の月間最優秀新人に選出。03年の松井秀喜外野手(ヤンキース)が記録した16本の日本人選手1年目の本塁打数を22本まで大きく塗り替えたのが、新人王受賞の決め手になった。

     3か月ぶりの復帰登板で再び肘を痛め、最終的にトミー・ジョン手術を決断。シーズン終了直後に手術を受けたが、二刀流としての活躍でメジャーの歴史に大きな1ページを飾ったことは間違いない。

     ◆大谷 翔平(おおたに・しょうへい)1994年7月5日、岩手・水沢市(現奥州市)生まれ。花巻東高出身。メジャー希望も2012年ドラフト1位で指名された日本ハムに入団。14年、プロ野球史上初の同一シーズンでの2ケタ本塁打と2ケタ勝利を達成。16年にも10勝、22本塁打をマークしてパ・リーグ優勝と日本一に貢献。リーグMVP、史上初めてベストナインの投手とDHの両部門を同時受賞。同年CSのソフトバンク戦でプロ野球最速の165キロをマーク。昨年12月、ポスティングシステムでエンゼルス入り。193センチ、91キロ。右投左打。

    11/13(火) 9:10
    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000059-sph-base

    関連スレ
    【速報】大谷翔平、新人王 日本人17年ぶり4人目の快挙
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542066553/

    ★1が立った時間 2018/11/13(火) 08:49:13.68
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542069433/


    【大谷翔平、新人王!イチロー以来の日本人17年ぶり4人目】の続きを読む

    このページのトップヘ