エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    のん


    のん』は、児童文学作家寺村輝夫による日本文芸雑誌。文京学院大学や市民講座などで童話講座に熱中していた寺村が、後世童話作家育成を目指して、1982年から1987年まで5年間に20号を発行、予定通り廃刊となった。以下、参考文献はすべて本誌による。 協力スタッフ 和歌山静子 - 挿絵(表紙、および各掲載作品のタイトル部のみ)
    7キロバイト (1,052 語) - 2019年8月28日 (水) 04:29



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    逆に初々しい新鮮さは無くなったなwwwwww

    1 湛然 ★ :2019/10/30(水) 07:10:49.67 ID:sKMb2h0z9.net

    のん、報道陣ざわつく美ぼう 幼さ消えて大人の女性に
    10/29(火) 19:31クランクイン!
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00070338-crankinn-movi

    のん、報道陣ざわつく美ぼう 幼さ消えて大人の女性に
    第32回東京国際映画祭レッドカーペット 白のシースルードレスで観客を魅了したのん

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     「のん、きれいになっていないか?」

     28日に催された第32回東京国際映画祭のレッドカーペットイベントで、美男美女を撮り慣れた百戦錬磨の芸能カメラマンたちからそんな声が漏れた。会場内で「のーん!」と興奮気味に叫ぶ声もこだました。

     芸能人の中には時に、写真や映像の枠で収まりきらずに「実物のほうがきれい、カッコいい」と評される美男美女が少なくない。この日、のんがそうだったのではないだろうか。

     連続テレビ小説で人気を博したり、週刊漫画雑誌でトリッキーなグラビアを披露したりした頃の元気さ、自由奔放さが影をひそめ、すっかり大人の女性の雰囲気を身にまとっていた。見た目にも、子どもらしい丸みが抜けて正統派美女の顔つき、スタイルに変ぼうを遂げていた。

     のんは今回、劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(12月20日公開)の主演声優として片渕須直監督、真木太郎プロデューサーとレッドカーペットを闊歩(かっぽ)した。きらびやかな映画女優たちに負けず劣らず、オーラをほどばしらせていた。
      
     現在26歳。のんは女優として今、月9ドラマ『やまとなでしこ』(2000年放送、フジテレビ系)で松嶋菜々子演じる神野桜子が「27歳を売り時のピークに計算していた」なんて語っていた旬の時期にさしかかろうとしている。

     輝きを放つ彼女の美ぼうと、演じることに飢えた女優魂を映像作品でもっと見てみたい。図らずも、レッドカーペットのカメラマン席の片隅でそう考えた次第である。(文・写真:桜井恒ニ)

    (おわり)


    関連
    【TIFF】のん、パールホワイトのドレスコーデでレッドカーペットに登場!「『この世界の片隅に』は大切な作品」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572258226/


    • SmaSurf Quick Search
    【【※必見※】のん、報道陣ざわつく美ぼう 幼さ消えて大人の女性に】の続きを読む


    のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、歌手、芸術家。株式会社non代表取締役。本名および旧芸名は能年 玲奈(うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈(うねん
    96キロバイト (12,246 語) - 2019年10月9日 (水) 16:59



    (出典 actresspress.com)


    1食で6合って、相撲取り?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/23(水) 13:28:47 ID:2x/5UFVU9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    女優・のんが10月21日、都内で行われた「ご当地タニタごはんコンテスト」アンバサダー就任発表会に出席し、好きな料理と食生活について語った。

    2回目を迎える同コンテストでは、全国5ブロックから予選を勝ち抜いた各3チームが、グランプリを目指してオリジナルの郷土料理レシピをプレゼンする。
    郷土料理について、兵庫県出身ののんは、「姫路おでんを食べます。生姜醤油につけて食べるのがおいしい」とご当地グルメを紹介した。

    映画『この世界の片隅に』で主人公の声を担当したのんだが、料理に目覚めたきっかけも同作。「実家にいた時はご飯当番で毎日作らないといけなかったので、『美味しく食べるために作る』という感覚がなかった。
    一人暮らしになって自由にやっていたけど、最近は家で食べる自炊がこんなに美味しかったんだと幸せを感じるようになりました」と充実の表情。作るのは「カレーやグラタン」。
    「グラタンの簡単レシピを見つけて、それがめちゃめちゃ美味しかった」と満面の笑みで話した。

    「お米が好き」と言うのんは、一番多い時で「中学生のときは、1食で6合食べていて、ぽっちゃり体型でした。
    お米だけで、おかずなしでも食べられる」と白米好きをアピールした。
    現在は食事に気を使っているそうで、「お菓子を制限しています。ポテトチップスやチョコレートは大好きだけど、ごほうびに取っておいて普段は食べない」とのこと。
    健康を維持するため、「体重は毎朝チェックしています。バレエやダンスをやって整えています」と語った。

    事務所移籍以降、露出機会が減ったのんだが、ここ最近の芸能事務所による民放テレビ局への圧力問題を受けて、CM出演や『あまちゃん』(NHK)の配信再開など復活の兆しが見られる。
    本人も「(自身が主催する)『のんフェス』のVol.2をやりたい」と話し、2020年4月からラジオのレギュラーが決定したことを報告すると、集まったファンからさかんな拍手が送られた。

    http://dailynewsonline.jp/article/2050019/
    2019.10.23 11:50 リアルライブ


    • SmaSurf Quick Search
    【【※驚愕※】のん「中学生の時は1食6合でぽっちゃり体型」ヒット映画きっかけで料理に目覚める】の続きを読む


    のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈(うねん れな)で活動、2016年7月より独立しのん芸名で活動する。
    94キロバイト (12,149 語) - 2019年8月24日 (土) 18:10



    (出典 aoteen.net)


    いまや、有村架純にかなり遅れとったけどなwwwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/18(水) 13:53:01.83 ID:DS+QhYWm9.net

    【実録 芸能人はこうして干される】#6

    7月18日、女優のん(能年玲奈、26)のマネジメントに携わる、株式会社スピーディの福田淳代表がHPで「テレビ局の若い編成マンから本当にたくさんの素晴らしい企画、脚本などオファを頂きました。
    しかし、お話が進むうちに、上司や担当役員によって突然潰されてしまうことが繰り返されてきました」と告白し、話題となった。

    のんはどうして干されたのか。

    「週刊文春」(2015年5月7・14日合併号)によれば、「あまちゃん」を撮影していた頃から、のんと演技指導を担当する滝沢充子との関係を所属事務所が問題視していたという。
    「あまちゃん」がクランクアップした時に「あまちゃん」の公式HPに掲載されたのんの感謝の言葉の中に滝沢の名前が記されていた。これによりのんと事務所の関係が決定的に悪化。

    事務所に呼び出されたのんはチーフマネジャーから「玲奈の態度が悪いから、オファーが来ていない。仕事は入れられないよね。事務所を辞めたとしても、やっていけないと思うけどね」などと告げられた。

    その後、映画「進撃の巨人」でのんをヒロイン役に抜擢する案が持ち上がっていたが、事務所が断った。ショックを受けたのんは「事務所を辞めたい」と申し出たが、契約により認められなかった。
    その後、15年1月にのんを代表取締役とする法人が設立され、取締役として滝沢が就任していることが発覚し、独立が現実味を帯びるようになり、この頃から「能年は滝沢に洗脳されている」という報道が相次ぐようになる。

    「週刊文春」の直撃取材に当時ののんは「私は仕事がしたいです」と悲痛な叫びをあげていた。

    「文春」の記事を巡っては、前所属事務所が名誉毀損で訴えていた裁判で、4月に前所属事務所が勝訴。文春側は即日控訴し、さらに記事のネタ元がのん本人であったことを公開。法廷での闘争は続いている。

    芸能界には引き抜き禁止・独立阻止という芸能事務所の鉄の掟が存在する。タレントは事務所の言いなりになるしかなく、反旗を翻した者は容赦なく干される。
    ブレークして事務所の稼ぎ頭のはずののんであっても、芸能界の秩序を維持するためには干されるのはやむを得ない。そんな不条理がまかり通ってきた。

    ところが、7月にジャニーズ事務所に対する公取委の注意が行われたことで風向きが変わってきた。

    8月にはNHKが2週続けてのんを起用し、「あまちゃん」も配信が再開。ユニクロなどCMの出演は多く、干されているとされながら、収入は日本の女優の中でもトップクラスだという。

    民放への出演こそないが、のんを取り巻く環境は着実に改善しつつある。今後も日本の芸能界の近代化を象徴するヒロインとして活躍が期待される。 =つづく

    https://news.livedoor.com/article/detail/17098661/
    2019年9月18日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL


    • SmaSurf Quick Search
    【【※驚愕※】CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由】の続きを読む


    あんなに可愛かったのにwwwwwwww

    NO.7731723 2019/08/26 15:18
    のん ユニクロCMで復活の裏事情
    のん ユニクロCMで復活の裏事情
    ユニクロ秋の新作「カーブパンツ」のCMにのんが出演。

    元所属事務所レプロとの独立騒動、本名である能年玲奈が使えないというゴタゴタから、干された後の復活と話題になっている。

    しかし、そのウラでは事務所とのスキャンダルを報道した文春とレプロとの裁判が、のん側不利で終わった事情があった模様。

    独立前、事務所内で仕事を干されてたという能年側の主張だったが、NHKからの出演オファーを本人が2つも蹴っていたという証拠のメールが見つかり、また月給5万円で困窮してたという主張も、レプロが家賃30万円のマンション+食費や美容費レッスン代など、年間360万円の経費が能年に使われていたという事も裁判所に事実認定された結果になっている。

    【被告(文春)らの認否・反論】
    真実と論評を書いただけで、レプロを貶めるような事実の適示をしたわけではない。記事を読んだ読者もレプロが悪いなんて思わないはずだから名誉棄損してない。

    【真実性・相当性等の抗弁 文春側】
    この記事を書く前から能年には洗脳騒動があり、すでに国民の関心は非常に高かったので、能年について書くことは公共の利益に資するものである。そして、その公益のために書いた数々の事実は真実であるか、あるいは我々が真実と信じるに十分な取材を行っており過失も存在しない。

    【真実性・相当性等の抗弁 レプロ側】
    公共の利益となる事実とは多数の一般人の利害に関わるものでなければならず、好奇心を集めるだけのゴシップ記事は公共の利益に関わる事実とは言えない。給与面については、小遣い5万の他に家賃、食費、光熱費、交通費、他様々な経費を負担しており真実と大きく乖離している。送迎に関する記事については全く事実確認を欠いており、信じるに十分な取材が行われたとは思えない。進撃の巨人は生ゴミ先生が勝手に東宝と話を進めた闇営業なので東宝にクレーム入れるのは当たり前。パワハラ報道に関しては負け犬発言を含め事実無根。

    【東京地裁判断 認定事実】
    ・下積み時代から小遣い5万、家賃、光熱費、食費、など事務所は年間360万円相当を支給していた。
    ・あまちゃん開始から3か月の時点で月給は20万に増額されボーナスも支給された。
    ・あまちゃん終了後にはボーナスが200万支給され、家賃30万の部屋に引っ越させた。
    ・リハーサルや打ち合わせに送迎車が出ないのは能年だけでなくレプロ全員共通のルールである。
    ・マネージャーが6人も変わったが、それはマネージャー自身の申告か能年の要望によるものだった。
    ・事務所は少なくとも映画2本、戦争ドラマ1本、人形劇(声優)の仕事を提案していた。
    ・進撃の巨人の監督が生ゴミ先生と出演交渉を進め、レプロがこれに抗議してオファーは立ち消えとなった。
    ・マネージャは戦争ドラマと人形劇(声優)出演の説得と、進撃の巨人に関する説明をメールで伝えた。
    ・能年はマネージャーからのメールに対して「事務所は私の意見をいつも無視している。あまちゃんという死を描かずに絆を確認するというテーマの中に生きた私が戦争ものに出るなんてあり得ない。なぜ戦争ものなのか、なぜ人形劇(声優)なのか。」と不満を返信した。
    ・原告会社は能年のかたくなな拒否を受けてドラマと人形劇のオファーを断っている。(ちなみに能年がレプロを逆恨みするほど出たがった進撃の巨人は戦争ものであり、後に引き受けた「この世界の片隅に」は戦争物で声優。)
    ・能年と生ゴミ先生は個人事務所カリントウを立ち上げ、原告はそれをネットニュースで知った。
    ・能年は2018年10月にレプロに謝罪し、マネジメントを依頼したい旨を申し入れている。

    【東京地裁判断 名誉毀損該当性】
    被告はレプロが悪いと書いたわけじゃないし、そう感じる読者もいないと主張しているが『パンツも買えない』『パワハラ』などの大見出しは、明らかに極悪事務所と印象付けるもので、記事を読んだ者がレプロを嫌悪するのは明らかであり、社会的地位を失墜させるものと認められる。

    【東京地裁判断 真実性・相当性】
    被告の主張が真実かつ公益性が認められるか、真実と信じるに相当する理由があれば名誉棄損を免れるため、個別に検証する。
    ・下着を買えないほどの酷い経済状態だったとする部分の真実性は認められない。出版社は実質360万円の内訳をほぼ把握していたので相当性も認められず、読者の認識を誘導するためにあえて5万円以外の出費部分を伏せたとも推認できる。
    ・仕事を与えず干していたという部分はメールのやり取りから仕事の提案をしていたのは明らかであり事実に反する。進撃の巨人に関してはそもそも正式オファーが入っていないので妨害されたというのは想像でしかない。干されてるというのは生ゴミ先生側の主張だけを聞いたもので明らかに偏った取材であり、また多大な投資をして育てたタレントに仕事を与えないなどという事は理屈として筋が通っておらず、その主張を鵜呑みにして他方への取材を行わなかったことは短絡的で相当性も認められない。
    ・パワハラについては一方的な主張なので真実性も相当性も認められない。

    【東京地裁 判決】
    被告に名誉毀損を理由とする不法行為に基づく損害賠償として660万円の支払いを命じる。

    一番旬な20代前半を棒に振ったのは本当にもったいないが、CMをきっかけに表舞台への出演が期待されている。

    【日時】2019年08月26日 15:00
    【提供】激裏情報


    【【※仰天※】のん ユニクロCMで復活の裏事情wwwwwwww】の続きを読む


    ついに「いだてん」出演!?のん、サプライズ起用が現実味を帯びてきた (2019年7月14日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    7月5日発売の「フライデー」が、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」に、女優・のんがサプライズ出演する可能性を報じた。記事によれば、同ドラマの ...
    (出典:エキサイトニュース)


    のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈(うねん れな)で活動、2016年7月より独立しのん芸名で活動する。
    93キロバイト (11,923 語) - 2019年6月13日 (木) 14:37



    (出典 cdn.asagei.com)


    相変わらず目立った活動はなしwwwww

    1 湛然 ★ :2019/07/13(土) 05:15:14.60 ID:XDZWVQZo9.net

    2019/07/13

    26歳の誕生日を迎えました。いえい!

    感慨深いなあ。現場でも、どんどん同じ年の方や年下の方とお仕事することが増えました。その度にびっくりしている私です。今までは自分が一番年下でぺーぺーなんだと思ってきましたが、これからはそうはいかないのだと痛感しています。

    (中略)

    これからも、応援してくれる皆さんに楽しんでもらえる、それをガンガン表現していける楽しい奴になっていこうと思います。色んなことがやりたくて、色んな可能性が見えてきて、うずうずしてます。なんか、26歳の、のんも楽しそうじゃないか?うん、楽しそうだ。皆様、是非お見逃しなく着いてきてほしく思います。

    やまないピーポーの皆、一緒に楽しもうぜ。



    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    https://lineblog.me/non_official/archives/13229885.html


    【【※祝※】のん、26歳を迎えてファンにあいさつ「色んな可能性が見えてきて、うずうずしてます」「一緒に楽しもうぜ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ