エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    田中圭


    見たことないなwwww

    NO.8639740 2020/07/07 04:02
    田中圭と武田玲奈のボートレース新CMに賛否の声が集まり話題に…ビキニ姿になり「抜いちゃった」
    田中圭と武田玲奈のボートレース新CMに賛否の声が集まり話題に…ビキニ姿になり「抜いちゃった」
    2020年6月29日に公開された、2020ボートレース新CM『ハートも骨抜き』篇が、ネットを中心に話題となっています。

    田中圭さん演じる脱サラボートレーサー「タナカ」が、武田玲奈さん演じる天才新人レーサー「レナ」に勝負を挑まれる……といった内容で、ふたりの演技に引き込まれること必至。

    しかしそのいっぽうで、終盤で見られる演出に、賛否の声があがっているようなんです。

    【どんなCMなの?】
    CMシリーズ『ハートに炎を。BOATisHEART』の第6話として公開された『ハートも骨抜き』篇の舞台は、ボートレース場。

    先輩のタナカに対し「次のレース、抜きますよ?」と宣戦布告したレナは、その言葉どおりタナカを追い抜いて、見事勝利をおさめます。

    賛否の声があがっているのは、この後のシーン。

    レースを終えたレナが、カポック(救命胴衣)を脱いでビキニ姿になり、タナカをじっと見つめながら「抜いちゃった」と一言。

    胸を射抜かれた様子のタナカが “骨抜き状態” になってしまい、ずん・飯尾和樹さん演じる同僚に茶化される……といったかたちで、CMは幕を閉じます。

    【表現を不快に感じた人も】
    終始お茶目な田中さんも、 “強くてカッコいい女性” を演じきった武田さんも、とっても魅力的。

    ですがツイッターにあがっている声を見ると、楽しく鑑賞した人がいるいっぽうで、性的な表現を感じて不快になった人もいるよう。

    寄せられていたのは

    「なぜこの時代にそんなものを作ったんだろうって思う」
    「競艇は『男女が同じ条件で戦う』ことができる素晴らしい競技なんだから、こういう表現にも気を使ったらいいのに」

    といった意見です。

    さてみなさんは、この演出をどう捉えたでしょうか。YouTubeのボートレース公式チャンネルに公開されているので、ご覧になってみてください。


    【日時】2020年07月02日 06:45
    【ソース】Pouch[ポーチ]
    【関連掲示板】


    • SmaSurf クイック検索
    【【※騒然※】# 田中圭と# 武田玲奈のボートレース新CMに賛否の声が集まり話題に…ビキニ姿になり「抜いちゃった」】の続きを読む


    田中 (たなか けい、1984年7月10日 - )は、日本の俳優・タレント。トライストーン・エンタテイメント所属。東京都出身。 2003年、ドラマ『WATER BOYS』で山田孝之演じる主人公の親友・安田孝の役を務め、メインキャストではなかったものの注目を集める。 2006年1月にフジテレビのバラエティ番組『トリビアの泉
    64キロバイト (8,383 語) - 2020年3月15日 (日) 02:23



    (出典 www.news-postseven.com)


    人気の理由がわからんwwww

    1 湛然 ★ :2020/03/12(Thu) 05:11:49 ID:F0tIT/8+9.net

    2020年3月12日 5時0分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20200311-OHT1T50320.html
    すでに白衣に袖を通しやる気十分の田中圭

    (出典 hochi.news)

    最近の田中圭出演の連続ドラマ

    (出典 hochi.news)



     俳優の田中圭(35)が4月9日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(木曜・後10時)に出演することが11日、分かった。

     荒井ママレ氏の同名人気コミックが原作。石原さとみ(33)演じる主人公の薬剤師が、患者の当たり前の日常を取り戻すために奮闘する。田中は先輩の薬剤師として、主人公に愛をもって厳しく指導する役どころ。石原とは09年の同局系「ヴォイス」以来、何度か共演しており「十数年来の友人ですが先輩、後輩という関係性もあるので演じやすいかな」と自信。薬剤師役は初挑戦だが「台本を読んで大事な仕事だと改めて痛感しました。絶対に調剤を間違えてはいけない責任を負っています」と気合を入れている。

     18年のテレビ朝日系「おっさんずラブ」でブレイク以降、引っ張りだこの田中。昨年4月の「あなたの番です」(日本テレビ系)から異例の5期連続での連続ドラマ出演となる。今回はテレビ東京系で主演する「らせんの迷宮~DNA科学捜査~」と掛け持ち出演する多忙ぶりだ。

    (おわり)


    • SmaSurf Quick Search
    【【※朗報※】田中圭 連ドラ引っ張りだこ 19年4月「あなたの番です」から5期6作 4月期2作掛け持ち】の続きを読む


    田中 (たなか けい、1984年7月10日 - )は、日本の俳優、タレント。トライストーン・エンタテイメント所属。東京都出身。 渋谷教育学園幕張中学校・高等学校卒業。中学3年生の時、母の勧めで雑誌『Audition』に掲載されていた「21世紀ムービースターオーディション」に応募、最終選考まで進みな
    62キロバイト (8,183 語) - 2019年7月24日 (水) 12:58



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    デキ婚の時の発言でも、既に好感度下げてるwwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/28(日) 11:20:13.31 ID:osH+lZHn9.net

    連続ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)で主役を務めている田中圭の人気が〝急落〟しているという。

    昨年『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で大ブレークした田中は、一時、ドラマだけでなくバラエティー番組にも引っ張りだこ。しかし、鳴り物入りで4月から始まったドラマ『あなたの番です』は視聴率が低く、期待通りの結果を残せていない。

    「視聴率低迷の原因は、2クールにわたる大型ドラマのため、従来の1クールドラマに慣れてしまった視聴者が、なかなかチャンネルを合わせてくれないということがあります。ただ、それ以上に深刻なのは、田中の〝好感度〟が急落していること。田中といえば〝マイホームパパ〟のイメージが強く、視聴者ウケも上々だったのですが、最近は売れっ子になったこともあり、夜な夜な遊び歩くことが多くなっていて、女性ファンが急速に離れていっているのです」(芸能記者)

    7月23日発売の『女性自身』が、田中と共演女優たちとの〝焼肉誕生会〟の様子を報じている。記事によると、田中は以前に共演した女優の内田理央とかなり親密なようで、過去には行きつけの飲食店で内田が田中にしなだれかかって楽しそうに食事をしていた姿も目撃されているとか…。

    「田中と内田は昨年11月にも週刊誌で〝個室密会〟が報じられており、関係者の間ではかなり親密だとウワサされています。さすがに妻子持ちのため、2人だけで食事とはなかなかいかないようで、今回の誕生会も7、8人のグループだったことから、あくまでも〝友達関係〟ということをアピールしている雰囲気。以前は、麻雀が大好きで、一時は連日のように雀荘通いしていたことから、事務所から〝麻雀禁止令〟が出されたこともある田中。良きパパでいるのも疲れてきたかもしれませんね」(同・記者)

    仕事と家の往復が嫌
    ネット上では内田との仲に、

    《全然驚かないな。最近持ち上げられてるけど、もともとこういう人だよ》
    《うーん、奥さんと子どもはどう思ってるんだろう》
    《いい人系のキャラクターを演じることが多いけど、実際は…っていう典型だろ》
    《そもそもできちゃった婚だからね。

    本当はまだまだ家庭に縛られたくないんだろ》

    など、すでに田中の性格を見透かしたかのような発言が広がっている。

    田中は今年1月『ホットペッパービューティーマガジン』の記事の中で、「(気分転換は)仕事が終わった後にすぐ家に帰らないこと。もちろん、早く仕事が終わってチビが起きていたり、家族でご飯を食べられるときは真っすぐ帰りますが、遅くなったときはワンクッション置いて帰る。地元の友達を呼び出して5分だけしゃべったり、ジムに行ったり。仕事と家の往復が嫌なんです」と答えている。

    いろいろなものに〝気が浮ついてしまう〟性格なのかもしれないが、〝浮気〟で家族やファンを悲しませることがないようにしてほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1941740/
    2019.07.28 10:33 まいじつ


    【【※呆然※】田中圭“あっという間”の人気急落に冷やかな声「全然驚かない」】の続きを読む


    田中圭「Iターン」でのアウトローに挑戦!“ぶりっ子役”から脱却か? (2019年5月31日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    現在、4月から半年間(2クール)に渡って放送されるドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)に原田知世と共にW主演している田中圭が、7月期に放送される深夜ドラマ「I ...
    (出典:エキサイトニュース)


    田中 (たなか けい、1984年7月10日 - )は、日本の俳優、タレント。トライストーン・エンタテイメント所属。東京都出身。 渋谷教育学園幕張中学校・高等学校卒業。中学3年生の時、家族の勧めで雑誌『Audition』に掲載されていた「21世紀ムービースターオーディション」に応募、最終選考まで進み
    61キロバイト (8,058 語) - 2019年5月30日 (木) 15:08



    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    ファン以外には、どーでもいいwwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/29(水) 20:34:20.50 ID:EL0g3c1c9.net

    平均視聴率6%台に低迷しているサスペンスドラマの「あなたの番です」(日本テレビ系)。同作の主演を原田知世と共に務めている田中圭が、早くも同作を“黒歴史化”しているという。

    その田中は5月31日から全国公開されるハリウッド映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」にて日本語吹替キャストの一人を務めており、
    5月27日には東京・新宿歌舞伎町で行われたカーペットイベントに出演。報道陣の求めに応じて「ガオー!」と吼えるなど、サービス精神旺盛なところを見せていた。

    そして5月28日発売の「週刊朝日」では表紙を飾っており、中面のグラビアにも出演。スーツ姿でばっちり決めているのだが、そこで紹介されているプロフィールについて芸能記者が首をひねる。

    「同誌に掲載されたプロフィールでは話題作となった『おっさんずラブ』(テレビ朝日)や今回のゴジラ映画について触れている一方で、ドラマ『あなたの番です』についてはまったく言及がないのです。
    しかし芸能人のグラビアを掲載する場合、現在出演中の番組を紹介しないことなど通常はあり得ません。雑誌出演では所属事務所による事前の原稿確認が常識で、プロフィールの手直しもよくあること。
    それにも関わらず『あなたの番です』が記載されていないことには、なんらかの意図を感じてしまいます」

    8月23日にはドラマ版の1年後を描く映画「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」が公開予定で、田中サイドではそちらを強調したいのかもしれない。
    しかし「あなたの番です」に関しては明らかに“黒歴史化”の意図が感じられるというのである。

    「田中の公式ページでは、出演ドラマのリストがなぜか、18年10月期の『獣になれない私たち』(日本テレビ系)で終わっています。
    この1月期にはドラマ出演がなかったので、あえて『あなたの番です』だけを外している形なのです。
    トップページには番組の公式サイトに飛ぶバナーが貼られているものの、この手のバナーはいずれは新しい作品に差し替えられるもの。
    それゆえ田中サイドが『あなたの番です』をできるだけ目立たないようにしていると思えてなりませんね」(前出・芸能記者)

    低迷ぶりばかりが話題になる作品は、プロフィールに残しておきたくないということなのだろうか

    http://dailynewsonline.jp/article/1848435/
    2019.05.29 18:15 アサジョ


    【【※仰天※】田中圭、主演ドラマ「あなたの番です」を早くも“黒歴史化”なの!?】の続きを読む


    田中圭の一挙手一投足にファン熱視線「存在が尊い」「ワイプにときめく」 (1/2) | 芸能ニュースならザテレビジョン - ザテレビジョン
    4月14日に放送された「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に、俳優の田中圭がゲスト出演。ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)出演以降の変化を明かす場面があっ ...
    (出典:ザテレビジョン)


    田中 (たなか けい、1984年7月10日 - )は、日本の俳優、タレント。トライストーン・エンタテイメント所属。東京都出身。 渋谷教育学園幕張中学校・高等学校卒業。中学3年生の時、家族の勧めで雑誌『Audition』に掲載されていた「21世紀ムービースターオーディション」に応募、最終選考まで進み
    58キロバイト (7,733 語) - 2019年4月15日 (月) 05:49



    (出典 kaikumikodaisuki.com)


    結局神童ではなく、ただの人だったわけねwwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/14(日) 17:37:51.76 ID:hco6UJtj9.net

    俳優の田中圭(34)が14日放送の日本テレビ系「波瀾爆笑」(日曜・前9時55分)に出演し、少年時代のエピソードを明かした。

    東京都江東区で生まれ育った田中は、幼稚園の時からバイオリンや野球、バスケットボール、水泳など様々な習い事をしていたという。
    当時のあだ名は“神童”。その理由について田中は「下町だったこともあって、いろんな大人たちの会に呼ばれて行ったりして、
    ほかの小っちゃい子がきゃーきゃー騒いでいるときにずっと端っこで小説読んでて…」と、かなり大人びた子供だったと説明。「やっぱ神童だったんだな」と再認識し、にやりとした。

    小学校時代は成績優秀で、東大を目指して毎日8時間勉強に励んでいたという。「ちょうど中学受験の時だったので、母親が結構熱心だった」と振り返った。
    その後、親の勧めで塾に通うことになったが、今じゃ考えられない超スパルタ塾だったそうで、「例えばちょっとコクッとか(居眠りをしてしまうと、塾の講師が)座っている生徒の上に、かかと落としをズコーンって」と告白。
    また、宿題を忘れた際に親を言い訳にごまかそうとすると、倉庫に連れ込まれて平手打ちを食らわせることもあったという。

    その後、中高一貫で偏差値76の進学校に進学した田中だったが、高校卒業後は進学せず俳優に。その理由について田中は「僕は俳優業を言い訳に大学受験から逃げたかったんです」とぶっちゃけた。
    続けて「みんなが目指す大学がすごいところなので、東大ぐらいのね。やっぱりどう考えても無理」と苦悩を語っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16315778/
    2019年4月14日 16時42分 スポーツ報知


    【【※仰天※】“神童”だった田中圭が俳優になった理由「大学受験から逃げたかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ