エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    IKKO


    IKKO アクシデントで数億円の借金を抱えるも誰にも相談せず - livedoor
    IKKOが17日の番組で、仕事中に倒れて1週間入院したことがあると明かした。これが原因で、ツアーのキャンセル料など数億円の借金を抱えてしまったそう。だが口にするの ...
    (出典:livedoor)


    IKKO(イッコウ、1962年1月20日 - )は、日本のヘアメイクアーティスト、ビューティーディレクション、タレント、書家である。美容家になる前はヘアメイクアーティストとして活動していた。本名:豊田 一幸(とよだ かずゆき)。 「IKKO」は本名の音読み「いっこう」に由来する。 雅冬炎(みやび
    31キロバイト (4,224 語) - 2018年11月23日 (金) 14:42



    (出典 nehohaho.com)


    あとは、どんどんエスカレートして整形依存にならないようにしなきゃwwwww

    1 ひかり ★ :2019/03/11(月) 14:32:38.33 ID:andKqa6r9.net

     美容家でタレントのIKKO(57)が11日放送のフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。女優の有村架純(26)の姉で
    グラビアアイドルの有村藍里(28)が美容整形手術を公表したことに言及した。

     藍里は3日放送の同局「ザ・ノンフィクション」(日曜後2・00)で整形した理由について「ネットでの誹謗中傷」と涙ながらに告白。
    「3年前ぐらいに“有村架純の姉”だということが記事でバレてしまって。そのときに私の写真だけがネットで出回ったんですけど、一番言われたのが
    “口元が残念”と…。凄く言われたので、そこから自分の口元が気になりだして…」と思いを明かした。

     頭蓋骨を6つに分割してそれぞれの骨の位置を変える手術に臨み、手術は無事成功。術後の姿を撮影したVTRで、藍里は「口元が収まって口紅塗るのも
    楽しくなったし、なんかもっといろんなことを、髪型とかメイクとか挑戦できるなって思うと、これからもずっと楽しみです」と満面の笑みを見せて、
    大きな反響を呼んでいる。

     IKKOは「私は整形に対しては、本人がそれで幸せになればいいと思う。これ見ると確かに可愛くはなってますよね」と話した上で、「将来のことを
    考えていくと、年とともに形も変わっていくから、その時に不具合が出なければいいかなと思う」と心配していた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000097-spnannex-ent


    【【※納得※】IKKO 有村藍里の美容整形に「本人が幸せになれば。だけど将来…」】の続きを読む


    15人の弟子を食べさせていくため IKKOはひと月で1000万円近く稼ぐ
    15人の弟子を食べさせていくため IKKOはひと月で1000万円近く稼ぐ  livedoor
    (出典:livedoor)


    IKKO(イッコウ、1962年1月20日 - )は、日本のヘアメイクアーティスト、ビューティーディレクション、タレント、書家である。美容家になる前はヘアメイクアーティストとして活動していた。本名:豊田 一幸(とよだ かずゆき)。 「IKKO」は本名の音読み「いっこう」に由来する。 雅冬炎(みやび
    31キロバイト (4,224 語) - 2018年10月7日 (日) 07:26



    (出典 img.sirabee.com)


    確かに昔はもっと痩せてたような気もするけど・・・まぼろし~かな?!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/04(日) 11:29:46.09 ID:CAP_USER9.net

    IKKOが、4日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。パートナーと17年間交際していた過去を語った。

    同じくこの日ゲストで来た佐藤仁美から「IKKOさんは恋してますか?」と聞かれると、IKKOは「一番恋してた時は30歳から47歳まで。
    17年間同じ人と付き合ってた」と告白。佐藤が驚きながら別れた理由を尋ねると、IKKOは「私が悪かったんだと思うけど、痩せて調子に乗って」と切り出しながら、破局原因を言及。

    それによれば「今綺麗なうちに*おこうと」と、以前、大胆なセミヌードを女性誌に特集してもらったことがあったそう。
    するとパートナーから「なんで人前そういうことするの?」と注意されたのだという。
    だがその当時のIKKOは聞く耳を持たず、「ウザったいなあ。私にストップモーションかけないでくれる?と思っていた」と回顧。

    だが相手がそれ以降、急に優しくなったそう。IKKOは「(私のことを)理解してくれていたのかなと思ったら大間違いで、その半年後に別れになった」といきなりフラれたと語っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15545221/
    2018年11月4日 10時57分 RBB TODAY


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【※激白※】IKKO、“彼氏”と17年交際していた過去!破局の理由も明かす】の続きを読む

    このページのトップヘ