エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    マツコ・デラックス


    マツコデラックス(1972年〈昭和47年〉10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者である。千葉県千葉市稲毛区出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。 高校卒業後は東京マックス美容専門学校(東京都品川区)に入学し、卒業後は美容業の仕事をしていたが、「何
    44キロバイト (5,269 語) - 2019年11月1日 (金) 18:21



    (出典 geitopi.com)


    いい女優だったのは事実wwwww

    1 ひかり ★ :2019/11/18(月) 18:31:49.12 ID:xiJQeQ0z9.net

     タレントのマツコ・デラックス(47)が18日、月曜コメンテーターを務めるTOKYO MX「5時に夢中」(月~金曜後5・00)に生出演。合成*MDMAの所持容疑で
    16日に逮捕された女優・沢尻エリカ容疑者(33)について「もう1回、復帰しているところは見たいなって思う人ではあるよね」などと語った。

     共演者の株式トレーダーでタレント・若林史江さん(42)が沢尻容疑者のイメージを「気骨」と表現。マツコは「気骨ってこの人(若林)が言ったけど、そこを意識しすぎて
    辛くなったのかなっていうのもある感じ」と切り出し、「(気を)張っている感じっていうのと、本来の自分っていうのとの、乖離っていうのもあったのかなぁ」と
    語った。

     沢尻容疑者は「不必要に悪ぶってやっている時期とかもあったじゃない」とした上で、「あれで混乱していっちゃったのかな。私は逆にあれをずっと見ていて、
    この人もっと楽にやればいいのにと思って見ていた」と告白。心情を慮ったが、薬物の使用についてはバッサリ斬り捨て、「辛くなったからって薬でごま*って、
    そもそも弱い人じゃん」と断罪した。

     「気骨な人は薬に手を出さないと思うんだよね。本当は弱い人だったのかなって思うけど」と続けたマツコ。沢尻容疑者を「めちゃくちゃ特殊な、今の若手の女優さんの中では
    珍しいタイプ」と表現し、「も*、本当に(薬を)断ち切って出直せるんだから、もう1回復帰しているところは見たいなって思う人ではあるよね」と話していた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00000235-spnannex-ent


    • SmaSurf Quick Search
    【【※納得※】マツコ 沢尻容疑者「もう1回復帰しているところは見たい」】の続きを読む


    マツコデラックス(1972年〈昭和47年〉10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者である。千葉県千葉市稲毛区出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。 高校卒業後は東京マックス美容専門学校(東京都品川区)に入学し、卒業後は美容業の仕事をしていたが、「何
    44キロバイト (5,269 語) - 2019年11月1日 (金) 18:21



    (出典 nensyu.site)


    まだ、やってたんだwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/13(水) 09:00:16 ID:2dAVDm0t9.net

    タレントのマツコ・デラックス(47)とTOKYO MXがいよいよ窮地に追い込まれそうだ。

    マツコといえば、7月にTOKYO MXのレギュラー番組「5時に夢中!」での「NHKから国民を守る党(N国党)」を揶揄するようなの発言を巡り、同党の立花孝志党首(52)が同局に乗り込んで抗議活動を行うなどしていたが、ここ最近は目立った動きはなかった。

    そんな中、立花氏は11日の夜にYouTubeで動画を公開公開。自身が出馬し10日に投開票が行われた神奈川・海老名市長選落選、同党党員に海老名市議選当選を報告し、さらには選挙戦にボランティアで協力してくれた人々に感謝した。

    その後、以前から予告していた、原告1万人を集めたマツコとMXへのへの集団訴訟について言及。これまで双方から謝罪がない場合に訴訟に踏み切ることを宣言し、すにで訴訟準備を整え、自身の代理人弁護士が双方に対して謝罪を求める最後の謝罪要求を求めた内容証明を送付するをことを明かした。

    「いまだに怒りが収まっておりませ」、「お金がほしいからじゃない。マツコさんの政治的な(発言の)ことですよね」と胸中を明かし、「放送内容が間違ったと認めてくれれば裁判はいたしません」と、事実上の“最後通告”を突きつけたのだ。?「どう考えても立花氏は正論なので、MXとマツコは謝罪せざるを得ないのでは。それでもダンマリを決め込むようであれば、集団訴訟を抱えることになりそうだ」(芸能記者)

    問題をここまで放置していたのがアダになってしまったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2074704/
    2019.11.12 21:15 週刊実話


    • SmaSurf Quick Search
    【【※衝撃※】N国党・立花党首の“最後通告”へのリアクションが注目されるマツコ・デラックスとTOKYO MX】の続きを読む


    マツコデラックス(1972年〈昭和47年〉10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者である。千葉県千葉市稲毛区出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。 高校卒業後は東京マックス美容専門学校(東京都品川区)に入学し、卒業後は美容業の仕事をしていたが、「何
    44キロバイト (5,269 語) - 2019年10月13日 (日) 11:22



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    体重制限はないのか?

    1 muffin ★ :2019/10/31(木) 00:38:27.15 ID:1GhYxWVJ9.net

    https://www.oricon.co.jp/news/2147676/full/
    2019-10-31

    タレントのマツコ・デラックスが、夜の街に出没し、あてもなく気の向くままにその地を徘徊するテレビ朝日系バラエティー『夜の巷を徘徊する』(毎週木曜 深0:15~0:45※一部地域を除く)。31日から3週にわたり、マツコが東京ビッグサイト及びお台場周辺エリアで開催中の『第46回 東京モーターショー2019』(10月24日~11月4日)を訪れた様子が放送される。

    今回の東京モーターショーは、「OPEN FUTURE」をテーマに、未来の街や社会を体験出来るプログラムを通して、クルマ・バイクファンのみならず、ファミリーや若者まで楽しめるショーとしてたくさんの来場者を楽しませている。

    まず、SUZUKIのブースを訪れたマツコは、重役たちに丁重に迎えられながら、同社が誇る軽自動車『HUSTLER(ハスラー)コンセプト』に試乗。「軽(自動車)だよ」「大丈夫かな」と不安そうな表情を見せながら実際に運転席に乗り込んでみると、その意外なほどのシートの広さにびっくり。「めっちゃ広い!」と心底驚いた様子を見せていた。

    さらに後部座席にも座ってみたマツコは「こんなに広いなんて思わなかった! SUZUKIさんはもう軽自動車のコツをつかんだわよね」とニヤリ。「これは売れるはずだわ」と感心しきりだった。

    続いて、Hondaのブースでコンパクトカー、三菱のブースで以前に乗っていたという『デリカD:5』、メルセデス・ベンツのブースで『Mercedes-Benz GLC』にも試乗。メルセデス・ベンツでは、入り口でひっかかりそうになった運転席に、マツコがなかば強引に押し込まれそうになる場面も。「だんだん“マツコが乗れるサイズか?”がポイントになってきてるわね(笑)」と笑いながら試乗を楽しんでいた。

    Hondaでは同社の代表的な原動機付自転車『スーパーカブ』にも試乗。マツコは昔カブに乗っていた経験があるらしく、「スクーター感覚で乗れる」「ギアチェンジが簡単」など、累計生産台数1億台突破した名車の魅力を語る。原付にまたがるマツコ、という超レアなショットも目にすることができる。

    自動車好きらしく、各ブースでも担当者顔負けの知識を垣間見せたマツコ。最新の自動車が並ぶ『東京モーターショー』を大いに楽しんでいた。


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    • SmaSurf Quick Search
    【【※必見※】マツコ、東京モーターショーへ 軽自動車・ハスラーに乗り、原付・スーパーカブにまたがる超レアショット披露】の続きを読む



    (出典 buzz-scrap.com)


    そうやって人類は衰退していきましたとさwwwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/11(金) 08:22:56.03 ID:LZazKhIe9.net

    タレントのマツコ・デラックスが10月7日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演し、現代の若者が「性」に対してあまり関心を持たなくなった原因を推察している。

    インターネットの発達と普及によって、気になるワードや事柄をすぐに調べだすことができ、大量の画像とページを一気に手にできるこの時代。
    番組では、こうしたネットでの検索というメソッドがなかった頃、辞書や読み物で若者が“性”にまつわるワードを引き、ささやかな興奮を覚えていたとの体験談が寄せられると、
    マツコは「興奮度合いというか、私たちが思春期に性を感じ始めた時に比べると感動は薄いんだろうね、今の子って。すぐに一番えぐいところに辿り着けちゃう。
    ネットにいくらでも落ちてるんだから」と語り、求める情報をすぐに得られてしまう現代の若者と、マツコ世代の思春期とは異性に対する温度差があると指摘した。

    続けて、「私たちの頃ってそこに辿り着くまで“どうやって手に入れるんだ”っていうのから始まる。今の子たちで性に興味がない人が増えてるのは、ちょっとわかる。
    そこら辺で軽く手に入るものだったら“欲しい!欲しい!”って感情は沸かない」と、情報を手にするまでの過程や難易度が時代と共に変化したことで、性への関心度も変わってしまったと解析している。

    「たしかにインターネットなど存在していなかった時代を生きたかつての若者は“大人向け雑誌”を堂々と読むことすらできず、
    道端や公園などに捨てられているものを必死で探すなどして読んでいたわけですからね(笑)。
    そうした労力を経て閲覧した女性の画像や写真は一層の価値を帯びて、現代のように“クリック”や“検索”だけですぐに入手できるものとは肌で感じる価値が異なります。
    昭和47年に生まれ、ITの成長期を生きたマツコによるこの解析にはネットでも『情報が無いから興味が湧き、行動するのに、今は何でも知れちゃいますもんね』
    『これは本当にそう思います』『性が簡単に手に入るから、それに伴って生身の人間に対する恋愛感情も薄れていってる子も多い』
    『自分の足で情報を得る事の大切さが失われたのは寂しい』との指摘が集まり、『あまりにも大人向けビデオの質が上がり、バリエーションも豊富になり過ぎた。
    そのせいで求める女性像が空想レベルに上がり、性癖が偏った方に行ってる可能性もある』という指摘もありました。
    異性と肌で接することなく、簡単に性を手にいられることを危惧する声が多いですね」(テレビ誌ライター)

    あらゆる情報へ容易にアクセスできてしまうこの御時世だが、男と女を繋ぐロマンスだけは常に一定の奥ゆかしさを纏っていてほしいところだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17215540/
    2019年10月11日 7時15分 アサジョ


    • SmaSurf Quick Search
    【【※納得※】マツコ・デラックスが分析!若者が「異性への関心を失った理由」の説得力】の続きを読む


    マツコ・デラックス、『ポプテピピック』という存在を初めて知る!『マツコの知らない世界』で紹介され「めちゃ気になってきた」と発言 


    ポプテピピック』(POP TEAM EPIC)は、大川ぶくぶによる日本の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたテレビアニメ。漫画は『まんがライフWIN』にて2014年より連載中。通称『ポプテ』。 キャッチコピーは「とびっきりのクソ4コマ!!」。 竹書房のウェブコミック
    117キロバイト (14,057 語) - 2019年9月4日 (水) 10:19



    (出典 ddnavi.com)


    知らんなーwwwwww

     多数のバラエティー番組に出演している人気タレントマツコ・デラックスが、自身がMCを担当する番組『マツコの知らない世界』で、ク……人気マンガで昨年にアニメ化もされた『ポプテピピック』の存在をこれまで知らず、興味を示している様子が3日、放送された。
     
    『マツコの知らない世界』は、MCのマツコが毎回、あらゆるジャンルに精通する人物をゲストに迎え、ゲストと1対1でトークを繰り広げる番組。3日の放送では「ウィキペディアの世界」が取り上げられ、インターネット百科事典ウィキペディア」で300本近くの記事を書いた大学教員・さえぼー(北村紗衣)とクロストーク
     
    ウィキペディア」の閲覧数において、日本は世界2位であることが明かされたあと、昨年に閲覧数の多かったワードリストが北村によって明かされ、そのリストの中にあった「ポプテピピック」をマツコは「ちょっと恥ずかしいんですけど、存じ上げない」と発言。自身もコメンテーターとして出演する『5時に夢中!』の放送局・TOKYO MXなどで全12話で流れていたことなどを知ると、マツコは興味津々。「めちゃ気になってきた」「今日帰ったら速攻どうにかします」という感想を漏らしていた。
     
     その後、マツコがあのク……人気アニメを実際に視聴したかはわからないまま番組は終了したが、この発言に対してマンガアニメファンは当然のことながらSNS上で反応。「マツコさんの守備範囲外だったの超意外」「マツコ、興味津々で草」「マツコさんの口からポプテピピックという単語が出るとは思わなかった」などの感想が飛び交っていた。
     
     これを受けてなのか、『ポプテピピック』の原作者・大川ぶくぶは4日夜、自身のツイッターアカウントにてマツコらしき人物のイラストをつけてツイート。このツイートには5日昼時点で5万以上の「いいね」が付いている。
     
     思わぬ形で「マツコ・デラックス×『ポプテピピック』」という化学反応が起き、マンガアニメファンは「次なる展開」を少し期待してしまっているのかもしれない。実際にマツコがあの作品を視聴して、どのような感情を抱いたか気になるところではある。
     
    ウィキペディアの世界」以外に「カニカマの世界」も取り上げられた『マツコの知らない世界』9月3日放送分は、民放公式テレビポータルTVer(ティーバー)」で9月10日(火)20時56分まで視聴できる。また、アニメポプテピピック』は動画配信サイトニコニコ動画」「dアニメストア」「Hulu(フールー)」などで配信中。
     
    (c)大川ぶくぶ/竹書房キングレコード



    (出典 news.nicovideo.jp)

    • SmaSurf Quick Search
    【【※唖然※】マツコ・デラックス、『ポプテピピック』という存在を初めて知る!『マツコの知らない世界』で紹介され「めちゃ気になってきた」と発言】の続きを読む

    このページのトップヘ