エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    カテゴリ: 作家


    乙武 洋匡(おとたけ ひろただ、1976年4月6日 - )は、日本の文筆家、タレント、元NPO法人グリーンバード新宿代表、元東京都教育委員、元教職員、元スポーツライターである。東京都出身。身長107cm、体重38kg。 東京都新宿区出身。先天性四肢切断(生まれつき両腕と両脚がない)という障害があり
    17キロバイト (2,240 語) - 2019年5月29日 (水) 16:28



    (出典 anohito-genzai.com)


    今更こうする意味あんの?

    1 アンドロメダ ★ :2019/09/15(日) 17:31:44.56 ID:/tjIfrKy9.net

    「乙武義足プロジェクト」が進行している。
    膝がない、腕がない、歩いた経験がない――乙武洋匡氏はそんな身体の「三重苦」と闘いながら、歩行練習に励んでいる。

    義手が完成すると、乙武氏はその400グラムの重さに思った以上に苦しんだ。
    「みぞおちで歩く」というアドバイスと気合でそのハードルを越えたが、そこにはまた新しいハードルが待ち受けていた――。
    乙武氏がリポートする。

    ▽350グラムずつ軽くなった!

    6月25日。
    義足の軽量化が本格化した。

    第一弾は太ももを包み込むソケット部分だった。
    沖野氏がスーツケースに入れて運び込んだ新しいソケットにはさまざまな修正が施されていた。

    太ももがひと回り大きくなったのに合わせてソケットの形が調整された。
    さらには足の付け根の骨があたる部分の修正も行った。

    そして素材がプラスチックからカーボンに変わったことで、片足につき、およそ350グラム軽くなったのがいちばんの変化だ。
    また、膝と足先をつなぐスチール製パイプのアライメント(位置関係)が調整され、パイプの位置が5ミリ前方に改められた。
    このほうが体重を乗せやすいだろうという沖野氏の判断だった。

    「変化、感じますか」

    沖野氏にそう言われ、新しい義足で立ってみる。
    ソケットはいままでよりもキツい気がしたが、慣れてくれば足の動きがより伝わるだろうと思えた。

    アライメントの調整についても、体重を乗せる位置がピタッと決まる感じがした。
    ただ、重量の変化は足先のほうが感じやすいようで、ソケットの軽量化はあまり感じられなかった。

    7月2日。

    この日は足首から下の「足部」と呼ばれる部分の軽量化が行われた。
    これまで私は今仙技術研究所の「J-Foot」というタイプを使っていたそうなのだが、沖野氏はその軽量版である「J-Footライト」とオットーボック社(ドイツ)の「トライアス」を用意してくれた。

    ソケットと違い、やはり足先の重量は敏感に感じとれるようで、どちらも従来の「J-Foot」に比べると、かなり軽く感じた。
    だが、ドイツ製はかなりしなやかな作りで、これまで日本製の硬さに慣れていた私にとっては、踏み込んだときの沼に沈んでいくような感覚が苦手で、結局これまでの軽量版である「J-Footライト」を選択した。 

    片足550グラムから500グラムへ。
    わずか50グラム軽くなっただけだが、太もも部分を包むソケットが350グラムより減ったときよりも、足先が50グラム減るほうが、ぐっと歩きやすくなることを実感した。

    だが、このころの私はひそかにストレスを溜め込んでいた。
    義手をつけてバランスを崩し、翌週になんとか感覚を取り戻し、その翌週にソケットが交換され、また感覚の違いに戸惑うことになり、その翌週に今度は足部が交換され――といったように、毎週のように新しいことが試されていた。

    わずか400グラムの義手がついただけでバランスを失ってしまうほど、微妙な感覚のズレは致命的になる。
    毎回新しいことを試しては、身体をそれに対応させていく。
    これは言葉で表すよりも、かなりの負担を強いられる作業だった。

    ▽続きは下記のソースでご覧ください

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190915-00067137-gendaibiz-life

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190915-00067137-gendaibiz-life.view-000
    https://rdsig.yahoo.co.jp/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTkwOTE1LTAwMDY3MTM3LWdlbmRhaWJpei1saWZlLnZpZXctMDAx;_ylt=A2RhPbAb9n1dNx0ACzQoPv17


    • SmaSurf Quick Search
    【【※画像あり※】乙武洋匡さん、大地に立つ 遂に手足が生える】の続きを読む


    引退してたのか‼️

    NO.7771870 2019/09/09 19:56
    百田尚樹氏がスピード違反で出頭 職業を聞かれ「無職」と回答
    百田尚樹氏がスピード違反で出頭 職業を聞かれ「無職」と回答
     作家の百田尚樹氏(63)が9日、自身のツイッターを更新。スピード違反で出頭し、職業を聞かれ「無職」と答えたことを報告した。

     百田氏は「今日、スピード違反で、検察庁の支部に出頭」と明かした。「生年月日や現住所の確認のあと、職業を聞かれ、『小説家です』」と答えたところ、「『先日、引退されましたよね』と言われた」とし、「仕方なく『無職です』と答えた」とつづった。



    【日時】2019年09月09日17:00
    【ソース】スポーツ報知
    【関連掲示板】


    • SmaSurf Quick Search
    【【※愕然※】百田尚樹氏がスピード違反で出頭 職業を聞かれ「無職」と回答wwwwwwww】の続きを読む


    作家の岩井志麻子氏、収録番組で差別的発言 関テレ放送 - 朝日新聞
    関西テレビ(大阪市)のバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」で、作家の岩井志麻子氏が韓国人の気質について「手首切るブスみたいなもの」とリストカットする女性に ...
    (出典:朝日新聞)


    岩井 志麻子(いわい しまこ、1964年12月5日 - )は、日本の作家、タレント、AV監督。身長160cm。血液型はA型。2009年6月よりホリプロ所属。『5時に夢中!』(東京MXテレビ)の木曜レギュラーコメンテーターを務める。自称・岡山の黒アワビ。 岡山県和気郡和気町生まれ。2歳下に誕生日が1日
    22キロバイト (2,930 語) - 2019年7月12日 (金) 22:43



    (出典 image.walkerplus.com)


    なんで公共の場でこんな事言っちゃったんだろねーwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/13(土) 07:49:01.51 ID:+zdlyTQR9.net

    放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は12日、作家岩井志麻子さんの日韓関係を巡る発言が問題となった関西テレビのバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」について審議入りすると決定した。

    5月18日の放送で、韓国人の夫を持つ岩井さんが韓国について「手首切る*みたいなもん」と発言。事前収録だったが同社は差別的意図はないとして放送した。
    同委員会によると4月6日も同様の発言があったという。

    同委員会は「放送倫理に抵触する疑いが大きい」と指摘。事前収録を放送した局の判断や、謝罪までの対応に変遷があって一定期間を要した点も調査すべきだとした。
    関西テレビは「審議の対象になったことを重く受け止めております。今後の審議に対し、真摯(しんし)に対応してまいります」とコメントした。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16766810/
    2019年7月13日 5時44分 スポニチアネックス


    【【※驚愕※】岩井志麻子さん“韓国ブス発言”関テレ番組がBPO審議入り】の続きを読む


    【キャラホラ通信6月号】『忌まわ昔』刊行記念 岩井志麻子インタビュー/ 連載|カドブン - カドブン
    短編「ぼっけえ、きょうてえ」で日本ホラー小説大賞《大賞》を受賞、更に同作を含む短編集『ぼっけえ、きょうてえ』で山本周五郎賞を受賞し、鮮烈なデビューを飾った作家・ ...
    (出典:カドブン)


    岩井 志麻子(いわい しまこ、1964年12月5日 - )は、日本の作家、タレント、AV監督。身長160cm。血液型はA型。2009年6月よりホリプロ所属。『5時に夢中!』(東京MXテレビ)の木曜レギュラーコメンテーターを務める。自称・岡山の黒アワビ。 岡山県和気郡和気町生まれ。2歳下に誕生日が1日
    21キロバイト (2,797 語) - 2019年4月20日 (土) 20:43



    (出典 up.gc-img.net)


    なんで、意味もなく韓国毛嫌いする人多いのか疑問wwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/19(水) 06:31:43.78 ID:Xy2LMgPE9.net

    関西テレビ(大阪市)制作のバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」で、パネリストで出演した作家の岩井志麻子さんが、
    韓国について「手首切る*みたいなもん」などとリストカットする女性に例えたともとれる発言をしたことが、18日までに分かった。
    同社はこの日「さまざまな視聴者への配慮が足りず、心情を傷つける表現でした。
    真摯(しんし)に反省しています」と謝罪するコメントを発表した。
    問題になったのは5月18日昼の放送。番組は生放送ではなく、事前収録だった。
    同社は当初、発言は韓国の外交姿勢について擬人化した表現で、差別的な意図はないとしてそのまま放送。
    その後の批判を受けて検証した結果「適切な判断ではなかった」と結論付けた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/19/kiji/20190619s00041000016000c.html
    2019年6月19日 05:30


    【【※驚愕※】岩井志麻子さん 差別的発言、韓国への表現 関テレ謝罪】の続きを読む


    「芋たこなんきん」で田辺聖子さん役 藤山直美「大変驚き、淋しく思っております」 - スポーツニッポン
    作家の田辺聖子さんが6日午後1時28分、胆管炎のため神戸市内の病院で死去した。91歳。田辺さんが原案を担当したNHK連続テレビ小説「芋たこなんきん」でヒロインを ...
    (出典:スポーツニッポン)


    田辺 聖子 (たなべ せいこ、1928年3月27日 - 2019年6月6日)は、日本の小説家。 大阪府大阪市生まれ。淀之水高等女学校を経て樟蔭女子専門学校(現大阪樟蔭女子大学)国文科卒。恋愛小説などを中心に活動し、第50回芥川龍之介賞など数多くの文学賞を授与されている。文化勲章受章者。
    27キロバイト (4,013 語) - 2019年6月10日 (月) 05:47



    (出典 tokushima.ismcdn.jp)


    91歳!大往生
    ご冥福をお祈りいたします


    1 すらいむ ★ :2019/06/10(月) 14:30:52.98 ID:kTCbsx4/9.net

    【速報】作家の田辺聖子さん死去 91歳(NHKニュース)
    ライブドアニュース
    https://twitter.com/livedoornews/status/1137954942159712256
    (deleted an unsolicited ad)


    【【※訃報※】作家の田辺聖子さん死去 91歳】の続きを読む

    このページのトップヘ