エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    タレント


    IMALU(イマル、1989年9月19日 - )は、日本のモデル、タレント、歌手である。本名、大竹 いまる(おおたけ いまる)。 東京都出身。エスター所属だったが、2013年4月1日より、個人事務所である株式会社リトルトウキョウプロダクションに第一号タレントとして所属。星座はおとめ座。
    38キロバイト (4,645 語) - 2020年7月19日 (日) 12:06



    (出典 taishu.jp)


    お前が言うなwww

    1 ひかり ★ :2020/08/11(火) 11:26:59.09 ID:CAP_USER9.net

     小島瑠璃子が10日付ツイッターでSNSでの誹謗中傷被害を明かし、やめてほしいと訴えた投稿に対し、IMALUが「トイレのようにジャーと流して~~応援してるよ~!!!」と励ますツイートを送った。

     小島は「いまるさん、、ありがとうございます」と返信している。

     小島は「想像で、ただの想像で、ひとの人格や生き方まで非難するのは本当にもう終わりにして欲しいです。とても悲しいです」と訴えていた。

     11日の投稿では多数の励ましに感謝し「辛い言葉が目に入ってしまっていました。厳しい意見を持っている人は発言したがり、書きたがる。柔らかい意見の人は特別どこにも書かないし、言わない。という事なのかもと思いました」とも。

     「心配かけてしまっていたらごめんなさい元気に仕事行ってきます!」とつづった。

    デイリースポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/69468a6e9ea2e280ae9e6f112b062c96de7db443


    • SmaSurf クイック検索
    【【※驚愕※】#IMALU 誹謗中傷被害の小島瑠璃子励ます「トイレのようにジャーと流して〜」】の続きを読む


    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。 千葉県市原市出身。ホリプロ所属。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプロの大先輩・
    39キロバイト (5,163 語) - 2020年8月8日 (土) 16:18



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    やっぱり、略奪か?wwwwww

    1 カルディオバクテリウム(東京都) [IN] :2020/08/04(火) 02:47:56.63


    小島瑠璃子とキングダム作者、離婚から熱愛までの「気になる1年」

     タレントの“こじるり”こと小島瑠璃子が7月31日、人気漫画「キングダム」の作者・原泰久氏と真剣交際しているとNEWSポストセブンによって報じられた。

     小島は7月下旬に原氏が住む福岡県の博多駅を訪れ、寄り添いながら仲睦まじく買い物を楽しむと、手を繋いでいる写真も撮影されている。また、記事には小島
    が原氏のマンションで“2連泊”したとも記されており、かねて「キングダム」ファンを公言してきた小島と原氏の19歳差カップルの誕生に世間がザワついた。

     しかし、ザワつく理由は他にもあった。というのも、原氏には漫画家として大ブレイクを果たす前からの仲である妻がおり、子供が3人いることもSNS上で明か
    していたからだ。NEWSポストセブンの記事では、「今は原さんは独身で、最近になって小島さんが猛アタックして、交際に発展したようです」との関係者の証言
    があり、具体的な離婚時期については言及されていないものの、すでに離婚していると紹介されている。

     原氏は2019年4月、「原泰久先生に100の質問」と題された出身地である佐賀県のローカルメディアからのインタビューに応じ、家族構成が「奥さんと、子ども
    が3人」であることや、「奥様の手料理で好きなメニューは?」との質問に「ドライカレー。あ、いや、スパゲッティも捨て難い…。」と回答。この時点ではまだ
    離婚していないことが分かる。また、その3カ月後の7月28日にも自身のツイッター上で、北九州市にて期間限定で開催されていた「いきものKINGDOM」に子供たち
    と遊びに行ったことを報告し、家庭円満ぶりを窺わせた。

     よって、2019年7月以降に離婚した可能性が高いが、原氏と小島のメディア上での初対面は2019年1月に放送された「世界ふしぎ発見!」(TBS系)でのこと。憧
    れの原氏と初めて対談した小島は「ずっとお会いしたかったです」と興奮し、感動のあまり涙を流しながら「ごめんなさい、1回ティッシュ」とスタッフに駆け寄
    るシーンもあった。

    「この涙の初対面が収録された2018年暮れから、今回の熱愛報道までに何があったのかは当事者にしかわかりませんが、少なくとも同年4月までは原氏は家庭を
    もっていたと考えられます。記事には“最近になって小島さんが猛アタック”とあることから、交際に発展したのは今年に入ってからだと思われますが、“猛ア
    タック”に入る前に連絡を取り合える関係性だったと考えるのが妥当でしょう。そのため、こじるりの登場が原氏と元妻の夫婦間に亀裂をもたらした可能性を疑
    う向きもいて、ネットには『いつ離婚したんだろう…。こじるりが原因ではないことを祈る』『小島と対談してから気持ちがそっちに行っちゃったんじゃないの
    かね』『手繋いだり浮かれるなって。離婚してるとはいえ元家族がいるんだよ』といった手厳しい声もあがっています。キングダムファンからすれば、よきパパ
    だと思っていた原氏が突然こじるりとの交際を報じられ、離婚の事実と同時に伝えられてしまったため、面食らってしまうのも無理はないのかもしれません」
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12251-748448/
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1596448699/


    • SmaSurf クイック検索
    【【※轟轟※】キングダム漫画家、糟糠の妻と子供3人を捨てて# 小島瑠璃子と交際し批判殺到】の続きを読む


    タクシーじゃなきゃ、何で移動❓

    NO.8738847 2020/08/09 17:20
    年商2億円でもタクシー移動 藤田ニコルが不満を抱くオスカーからの“粗末な扱い”
    年商2億円でもタクシー移動 藤田ニコルが不満を抱くオスカーからの“粗末な扱い”
    かつて「帝国」と呼ばれた芸能事務所「オスカープロモーション」が揺れている。

    昨年末の忽那汐里(27)に始まり、岡田結実(20)、ヨンア(34)も退社。

    今年3月で米倉涼子(45)も独立した。

    “次は誰か?”と予想合戦が繰り広げられている中、発売中の週刊新潮(8月13・20日号)が藤田ニコル(22)を直撃している。

    ニコル側は契約やギャラを巡り、「もっとイイ感じにしていこう」とオスカーに要求しているという。

    さらに同誌は芸能デスクの話として「折り合いがつかなければ独立もあり得る状況」とした。

    【写真】C.C.ガールズ3は結成発表1カ月で2人離脱…「ニコルは独立について『全然、全然! そんなことないです』ときっぱりと否定しています。ただ、このままオスカーと交渉を続けても、大幅な待遇改善は見込めそうにありません。口の堅いあのニコルがギャラや契約といったデリケートなことに関する取材に応じたのも驚きですが、それくらい事務所の対応に危機感を抱いているということでしょう」(芸能ライター・弘世一紀氏)

    ■マネジャーもつかず1人で帰宅
    最近は堀田茜(27)が8月末の契約満了をもって退社すると報じられた。

    ニコルと堀田といえば、オスカーのバラエティー部門のトップ2。

    特にニコルは年間2億円以上を売り上げ、かつての米倉に迫る勢いだという。

    コロナ禍でオスカーも業績を落とす中、ニコルはリモート出演で引っ張りダコ。

    事務所の屋台骨を1人で支えていると言っても過言ではない。

    それにもかかわらず、事務所のニコルに対する扱いは粗末なものだという。

    「ニコルも堀田も基本的にタクシー移動なんです。2人が局やスタジオから出てきて、マネジャーがつかず1人でタクシーで帰宅する姿を何度も目撃しました。マスコミの格好のターゲットにされるし、暴漢に襲われるリスクもある。セキュリティー面から考えても他の事務所では考えられないお粗末な待遇といえます」(週刊誌記者)



    【日時】2020年08月09日 9:26
    【ソース】日刊ゲンダイ
    【関連掲示板】


    • SmaSurf クイック検索
    【【※愕然※】年商2億円でもタクシー移動 # 藤田ニコルが不満を抱くオスカーからの“粗末な扱い”】の続きを読む


    木村有希 (モデル) (ゆきぽよからのリダイレクト)
    2019年11月26日閲覧。 ゆきぽよ(木村 有希) - V.I.P MODEL AGENCY ゆきぽよ(Yuki Kimura) (@poyo_ngy) - Twitter ゆきぽよ(Yuki Kimura) (poyo_ngy) - Instagram ゆきぽよの『ちっぽよTV!』 - YouTubeチャンネル
    7キロバイト (691 語) - 2020年8月4日 (火) 15:13



    (出典 grapee.jp)


    頭悪そうwwww

    1 jinjin ★ :2020/08/08(土) 23:51:04 ID:CAP_USER9.net

    杏をディスって大炎上! ゆきぽよ“失礼発言”に「胸クソ悪い!」


    ?ゆきぽよ?ことモデルの木村有希が8月2日、『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演し、先ごろ離婚を発表した俳優・東出昌大と女優・杏について私見を述べた。
    視聴者からは、「ほんとに軽蔑した」「この発言は良くない」などと批判する声が多く上がっている。


    今年1月、東出と女優・唐田えりかの3年にわたる不倫が週刊誌で報じられ、夫妻は8月1日に連名の*スにて離婚を発表。
    「今後は子供たちの親として成長し、協力し合う関係を築いていきたいと思います」などと報告している。


    番組でMCの『爆笑問題』田中裕二から、2人の離婚について感想を求められたゆきぽよは「杏さんはギャルじゃないんで、許せなかったんだと思います」とコメント。
    続けて、「ギャルはそんな簡単に人を突き放せないので、許しちゃうんだけど」と?ギャル目線?で解説し、スタジオの笑いを誘っていた。


    「ゆきぽよは、複数女性との不倫が発覚した『アンジャッシュ』渡部建と佐々木希夫妻の今後について、『元ギャルで、マインドは一生変わんない。一生ギャルだから、もう一回チャンスあげるんじゃないかな』と、佐々木の懐の深さに共感。離婚はしないだろうと分析していました」(芸能ライター)


    杏への発言でゆきぽよの好感度が急落中!?

    自身のキャラクターイメージを守るために、?ギャルか否か?を判断基準としたのかもしれない。
    しかし、センシティブな話題においてはストレート過ぎたようだ。視聴者からは、

    《ほんとに軽蔑した。 ギャルだったら信じてた人にどんなヒドい裏切りされても許せるの? 離婚したのは杏ちゃんが許せなかったせいみたいに言うのほんとおかしい》
    《もともと、人をジャンル分けして人間性を決めつける人苦手だけど(今時の若者だから…とか、B型なのに…とか)その中でも一番最低な決めつけ方》
    《この発言は良くないでしょ ギャルだから許せるとかの問題じゃないから。佐々木希にも失礼だし杏にも失礼》
    《もういいかげんにしとけよ。そしてこんな胸クソ悪い発言を周りは許容すんなよ》
    《非常に失礼だし寒過ぎるしデリカシーがマイナスだし、いらんこと言うくらいなら黙っててほしい》
    《そんな簡単に人を突き放せないって発言が何か違和感。簡単に突き放してるわけないでしょう》
    《嫌悪しかない。じゃあ杏さんは簡単に人突き放せるってこと? そう捉えられてもおかしくない発言だったと思う》

    などと、大批判する声が殺到している。

    被害者側である杏を悪者にするかのような発言は、やはりマズかったようだ。

    https://myjitsu.jp/archives/127612


    • SmaSurf クイック検索
    【【※轟轟※】杏をディスって大炎上!  # ゆきぽよ“失礼発言”に「胸クソ悪い!」】の続きを読む


    中山 秀征(なかやま ひでゆき、1967年(昭和42年)7月31日 - )は、日本の男性タレント、司会者、お笑いタレント。愛称、ヒデちゃん・ヒデさん。 群馬県藤岡市出身。ワタナベエンターテインメント所属。身長172cm、体重58kg。藤岡市立神流小学校→藤岡市立北中学校(3年の2学期一杯まで)→川
    29キロバイト (4,097 語) - 2020年7月31日 (金) 15:21



    (出典 www.sankei.com)


    もう、そんなになるのか?

    1 ひかり ★ :2020/08/08(土) 20:51:43 ID:CAP_USER9.net

     タレントの中山秀征さんが8月7日にInstagramを更新。「愛ちゃんが天国に行ってもう12年になるね」という言葉とともに、2008年12月に亡くなったタレントの飯島愛さんの墓参りに行ったことを報告しています。飯島さんの死去後、2009年3月に催された「飯島愛 お別れの会」で中山さんは会の発起人の1人に名を連ねていました。

     たびたび、SNSで飯島さんのお墓参りの様子を伝えていた中山さんは、今年も墓前で手を合わせる姿と、飯島さんの生前に撮影された2ショットを投稿。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)でお盆に故郷へ帰れない人がたくさんいることについて触れつつ、「そういえば昔、愛ちゃんが『これからはYouTubeの時代が来るよ』って言ってたよね」「さすが先見の明があるね。こんな時代をみんな模索しながら頑張ってます。天国からみんなを見守って下さい」と、鋭い時代感覚を持ちながら36歳という若さで世を去った飯島さんへの思いをつづっています。

     飯島さんは、中山さんがMCを務める「ウチくる!?」(フジテレビ系)の初代アシスタントでしたが、2007年3月の芸能界引退に伴い降板。同番組が2018年3月に最終回を迎え19年の歴史に幕を下ろしたとき、中山さんが、「愛ちゃんは、屈託もなくいろいろとやってくれた」「愛ちゃんも、お疲れ様っていってくれてるんじゃないかなと思います」と語っていたのも印象的でした。今回の投稿の最後で中山さんは同番組の決まり文句をもじって「マタくる!? いくいく」と、また墓参りに来ることを天国の飯島さんに約束しています。

     親友でもあった飯島さんへの思いが伝わってくる投稿に対しファンからは、「秀さんのコメント見てると泣けてくる」「なんか友情に感動しました」「ぜひ、私達お墓参りに行けないファンの人達のコメントも愛さんに届けてください」といった声が寄せられた他、「ずっとあいちゃん大好きです」「愛ちゃ~ん」「愛ちゃんは素敵な人でしたね」と、飯島さんへの思いをあふれさせる人がたくさん見られました。
    ねとらぼ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/46a153b98abdd5eadd4f2c3fc8ad7b4dfe93f17c

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    • SmaSurf クイック検索
    【【※衝撃※】#中山秀征、親友・飯島愛さんの墓参りを在りし日の2ショットとともに報告】の続きを読む

    このページのトップヘ