エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    スポンサードリンク

    そんなとこ見てんのか⁉️wwwwww

    NO.7700047 2019/08/15 17:32
    テレ朝三谷紬アナ 推定Hカップ封印危機も…机乗せ”動画が拡散
    テレ朝三谷紬アナ 推定Hカップ封印危機も…机乗せ”動画が拡散
    もはやこれは、男性の下半身を熱くするための動画か!

    女子アナファンを喜ばせたのは、テレビ朝日の三谷紬アナ。

    8月6日に、レギュラー出演する「やべっちF.C.」の公式TikTokにアップされた動画が、いやらし過ぎたのだ。

    大量の番組のステッカーにスタンプをついていく三谷アナの姿が、音楽に乗せて早回しで映し出され、最後に、「毎週日曜日、『やべっちF.C.』放送中です。ぜひ観てくださ〜い」とカメラに向かって笑顔を向ける、ほんの数秒の映像なのだが…。

    「三谷アナは、何と推定Hカップとも言われる爆裂バストを強調させるような、ボディにピタリと張り付くノースリーブのニット姿。しかも肌の色に近いベージュ色なのが、またなんともいやらしく、よく見るとアンダーウエアのラインが透けているようにも見える。そんな姿でスタンプを突きまくるものだから、その度にバストがプルンプルン。最後のコメント時には、テーブルの上に重そうなバストが“乗せ胸”状態になっており、ボリューム感と重量感に圧倒されてしまいましたよ」(女子アナウオッチャー・たなか是政氏)

    小川彩佳、宇賀なつみの退社に続き、竹内由恵アナの寿退社も決まり、女子アナ台所事情がかなり苦しくなってきたテレ朝。

    しかし、その3人の総量を一人でまかなっても余りあるバストの三谷アナさえいてくれれば大丈夫!そう思わせるに十分な、インパクト映像であった。

    ■「推定Hカップ」封印傾向!?
    週刊ポストが、バスト自慢の女子アナを特集。

    同誌一番の注目株は推定Hカップと噂される、テレビ朝日の三谷紬アナだった。

    記事によれば、これまでの女子アナは女性視聴者に嫌われないためなど、さまざまな理由で、胸が大きくても小さく見せるようにしてきたという。

    ところが最近では、胸が大きいことは悪いことではないと考える女子アナが増加。

    その証拠に、NHKの杉浦友紀アナや桑子真帆アナ、テレビ東京の鷲見玲奈アナなど、胸元を強調した衣装で画面に登場する女子アナが台頭してきた。

    なかでも存在感を見せつけているのが、三谷アナだ。

    2017年に入社し、現在はスポーツ情報番組「やべっちF.C.」(同局系)などを担当。

    同番組でリフティングを披露した際は、Fカップ級の胸が揺れまくり、その大きさはサッカーボールに引けを取らなかったというから驚きだ。

    「類い稀なバストのため、アクシデントに見舞われたこともあります。4月30日放送のインターネットテレビ『AbemaTV』で、三谷アナは大阪のニューハーフパブで昭和から令和へと元号が変わる瞬間を生中継していました。その際、隣にいた女装姿の男性が突然『あんた、デカいわね』と言いながら、三谷アナの胸を揉んでしまったのです。三谷アナはパニック状態になりましたが、中継の間は揉まれっぱなしでした」(女子アナウォッチャー)

    さすがにこんなアクシデントが続けば、封印したくもなろうというもの。

    しかも、胸を隠したくなる、もう1つの理由があると女子アナウォッチャーは続ける。

    「5月14日発売の『フラッシュ』で、三谷アナは一般男性との“ペットショップデート”をスクープされています。もし相手が嫉妬深い彼氏だったら、三谷アナが胸元を強調した服でテレビに出演するのに抵抗感があるはずです。そうなれば、胸を小さく見せるような衣装に次第に変わっていく可能性があります」

    アクシデントに負けず、また、恋人だけでなく、今後も我々視聴者の目を楽しませてほしいものだ

    ■三谷アナ ペットショップデート
    テレビ朝日・三谷紬アナ(25)の「初ロマンス」を発見したのは、4月下旬の平日の午後だった。

    並んで歩くマスク姿の男性とペットショップを訪れると、身を寄せ合ってトイプードルを覗き込んでいたのである。

    三谷アナは、メガネでちょっぴり変装。

    スカートにヒールで、この日はおめかしをしていたのかも。

    推定Fカップの豊満ボディを誇る三谷アナだが、お相手の男性も、細身ながら、鍛えられた胸筋と大腿筋は見事。

    美ボディ同士のお似合いカップルだ!

    【日時】2019年08月15日
    【提供】gossip!
    【関連掲示板】


    【【※閲覧禁止※】テレ朝三谷紬アナ 推定Hカップ封印危機も…机乗せ”動画が拡散】の続きを読む

    スポンサードリンク

    むっちりなのか、ただ単にデブなのか⁉️wwwwwww

    NO.7699478 2019/08/15 14:23
    混浴温泉モデル・しずかちゃん 過激な入浴ショットに男性ファン歓喜!
    混浴温泉モデル・しずかちゃん 過激な入浴ショットに男性ファン歓喜!
    全国の混浴温泉を訪れて泉質や感想をSNSにアップしている温泉モデル・しずかちゃんが、大胆なポーズに挑戦した入浴ショットを公開。

    むっちりとしたグラマラスボディと「ポロリ」が発生したほどの過激な露出に男性ファンが大興奮している。

    しずかちゃんは、自身のTwitterで群馬県・八塩温泉の混浴露天風呂を訪れたことを報告。

    「ちょっと大胆なポーズに挑戦。結果、2回も『ポロリしてるよ』と注意を受けました」と記しながら複数の入浴ショットを投稿した。

    公開された入浴ショットは、全裸に小さめのタオル一枚の姿で岩風呂に佇んでいる姿と豊満バストの谷間をチラリさせながら入浴しているカットだ。

    「101センチ以上」というド迫力のヒップとむっちりした太ももは圧倒的なボリューム感を放っており、ギリギリ隠れている危うげな局部周辺にも思わず目が吸い寄せられそうになる。

    また、二度もポロリが発生したという入浴姿でも圧巻のプロポーションを見せつけており、混浴好きはもちろんのこと、むっちり好きにとってもたまらない超セクシーショットといえそうだ。

    これにネット上では「めちゃくちゃセクシー」「一緒にお風呂入りたい!」「際どすぎる!」「お尻が素晴らしい」「ルノワール系のスタイルやね」などと絶賛コメントが殺到。

    あまりの際どさに「見えてない?」「ヘアーが…」「黒いの見えるような」といったコメントも寄せられ、ネット上でも「ポロリ」騒動が勃発しそうなほど反響を呼んでいる。

    しずかちゃんは全国170か所の混浴温泉を巡り、SNSを中心に絶大なネット支持を獲得。

    昨年、人気バラエティ番組『有吉反省会』(日本テレビ系)で「温泉モデルなのに身体がだらしないこと」を反省したことでも脚光を浴びた。

    同番組では「身体がだらしない」という扱いのはずだったが、司会の有吉弘行をはじめとしたスタジオの男性陣には「めちゃめちゃキレイ」と大好評。

    ネット上でも「だらしないところが良いんだ!」「こういう身体が一番エロい」「篠崎愛に対抗できるレベル」などと称賛の声が沸き起こった。

    混浴温泉には、女性の裸を見るために湯船に浸かりながら待ち続ける「ワニ族」という男性たちが出没するというが、しずかちゃんは「全裸で入浴」がモットー。

    男性の目があっても水着を着たりバスタオルを巻いたりすることはなく、屋外の露天風呂ですらも今回のような小さめのタオルしか使わないというアッパレなこだわりの持ち主だ。

    混浴に特化した温泉モデルという独特のポジションを築いている彼女。

    今後もSNSなどで刺激的な豊満ボディを披露してくれそうだ。
    【日時】2019年08月15日 13:00
    【提供】メンズサイゾー
    【関連掲示板】


    【【※画像あり※】混浴温泉モデル・しずかちゃん 過激な入浴ショットに男性ファン歓喜!】の続きを読む

    スポンサードリンク

    まあ、頑張ってwwwwww

    NO.7696445 2019/08/14 16:55
    百川晴香 赤の下着風水着でオトナセクシーに!
    百川晴香 赤の下着風水着でオトナセクシーに!
    3月に沖縄で撮影が行われた本作の内容について「今まで通りシンプルなDVDになってます。

    10周年旅行みたいな感じを味わって欲しいなと思います。お風呂のシーンはいい感じに仕上がってます。

    変形水着を着たことが無かったので嬉しかったのと、一番セクシーなのは赤の水着で下着風です。

    結構しっとり撮って頂いたので良い感じに仕上がってると思います。」と紹介。

    また、百川晴香さんは「令和が終わるまでは芸能生活を続けたい。

    水着もグラビアもできる限り長く続けたい!」と宣言。

    アイドルグループ 全力少女Rのリーダーとしても活動中です。

    【日時】2019年08月12日 19:40
    【提供】日刊エンタメクリップ
    【関連掲示板】


    【【※閲覧注意※】百川晴香 赤の下着風水着でオトナセクシーに!】の続きを読む

    このページのトップヘ